fc2ブログ

結晶片岩 構成鉱物による分類

四国では、基盤岩として広域に分布している結晶片岩について調べてみました。

結晶片岩(けっしょうへんがん、schist、シスト)は変成岩のうち、強い片状構造(片理)の発達したものの総称です。
層構造が明瞭な見た目をしており、薄く割れやすいのが特徴で、原岩や構成鉱物によってさらに細分されています。
この片状構造(片理構造)は変形応力によって鉱物粒子が面的に成長・再結晶することによって生じます。
片状構造の発達するのは、特に雲母や緑泥石などのフィロ珪酸塩鉱物、角閃石などのイノ珪酸塩鉱物、その他石墨、赤鉄鉱などのようなシート状、針状、繊維状の結晶になる鉱物が多く含まれる場合です。
なお、片状構造の片理面は、原岩の地層の層理面などの初生的な構造とは別であることに注意が必要です。
結晶片岩よりも変成度・変形度が弱いと、泥岩・砂岩の場合は千枚岩(phyllite)、玄武岩質岩石の場合は緑色岩(greenstone) チャート(chert)や石英質砂岩の場合は珪岩(quartzite)などと呼ばれる岩石になります。
石英・長石のように平たい形状の結晶になりにくい鉱物を主体とした岩石が原岩である場合は、 変成作用・変形作用を受けても片状構造は発達しにくく、 主に片麻岩のような変成岩になります。
片麻岩と結晶片岩の区別に明確な基準はなく、片状構造の発達具合によっては中間的な岩石も存在します。
そのため、同じ岩石であっても、文献によって片麻岩と記載される場合と結晶片岩と記載される場合が混在することもあります。

(1)構成鉱物による分類
含まれる特徴的な構成鉱物によって名前をつけています。
和名では、鉱物名の「石」「鉱」を取り除いて「片岩」付ける例も多い(緑泥石片岩→緑泥片岩)が、 必ずしも統一的な命名基準ではありません。
構成鉱物による岩石名を紹介します。

①緑泥片岩(緑泥石片岩)
緑泥片岩(りょくでいへんがん, クロライトシスト, chlorite schist)は緑泥石を特徴的に含む結晶片岩です。
まれに緑泥石片岩(りょくでいせきへんがん)とも呼ばれますが、石は省略されることのほうが多いようです。
緑泥片岩という岩石名は慣用的なもので、「緑泥石を大量に含む結晶片岩」という程度の意味です。
厳密な定義の存在する変成相で分類すると、緑色片岩と呼ばれます。
緑泥片岩の色は濃緑色やくすんだやや深い黄緑色などがあります。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
緑泥片岩を構成する鉱物は、緑泥石の他に、緑閃石、緑簾石、斜長石(主に曹長石)、石英、磁鉄鉱、黄鉄鉱などです。
緑泥片岩の原岩は玄武岩および玄武岩質の火砕岩や砕屑岩です。
緑泥片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されます。
日本では特に三波川変成帯や三郡変成帯、神居古潭変成帯などから産しています。
特に三波川変成帯で産する緑泥片岩は「三波石」「三波川石」などと称され、日本庭園には欠かせない飾り石として広く用いられています。

②絹雲母片岩
絹雲母片岩(きぬうんもへんがん, セリサイトシスト, sericite schist)は絹雲母と呼ばれる微細な白雲母を特徴的に含む結晶片岩です。
絹雲母片岩という岩石名は慣用的なもので、「絹雲母を多量に含む結晶片岩」という程度の意味だと言われています。
絹雲母片岩の色は、灰白色、黄白色、淡褐色などがあります。
結晶片岩の1種なので片理構造が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
絹雲母片岩を構成する鉱物は、絹雲母(白雲母)の他に、石英、長石類、緑泥石などです。
絹雲母片岩の原岩は、砂岩や泥岩などの砕屑岩や、凝灰岩などの火山砕屑岩です。
絹雲母(白雲母)を多量に含むため、特にカリウムに富んでいます。
絹雲母片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されています。
日本では特に三波川変成帯や三郡変成帯、神居古潭変成帯などから産しています。

③黒雲母片岩
黒雲母片岩(くろうんもへんがん, バイオタイトシスト, chlorite schist)は黒雲母を特徴的に含む結晶片岩のことです。
黒雲母片岩は黒雲母に富んだ褐色から黒褐色の層と、石英などの白色の鉱物からなる層との互層から構成されています。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
片理の発達が弱いと、片麻岩に分類されます。
黒雲母片岩の原岩は主に泥岩などの堆積岩であることが多いのですが、特に黒雲母の割合の高いものは、蛇紋岩などの超苦鉄質岩と泥岩などのその他の珪長質な岩石の境界部分に生じていることが多いのが特徴です。
黒雲母片岩を構成する鉱物は、黒雲母の他に斜長石(主に曹長石)、石英、緑閃石などの角閃石、白雲母が挙げられます。

④スティルプノメレン片岩
スティルプノメレン片岩(スティルプノメレーン片岩、スチルプノメレン片岩、stilpnomelane schist、スティルプノメレンシスト)はスティルプノメレンという鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
スティルプノメレン以外の主な構成鉱物として、石英、、長石、緑泥石、方解石などの鉱物があります。
スティルプノメレン片岩は、主に遠洋性の堆積岩や凝灰岩などの鉄とカリウムに富んだ岩石が低温高圧型の変成を受けることによってできます。
埼玉県長瀞のスティルプノメレン片岩はその見た目から虎岩と呼ばれ、奇岩地形として有名です。

⑤滑石片岩
滑石片岩(かっせきへんがん、talc schist、タルクシスト)は滑石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩のことです。

⑥緑閃石片岩
緑閃石片岩(りょくせんせきへんがん、actinolite schist、アクチノライトシスト)は緑閃石という角閃石の1種の鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
緑閃石片岩は主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩です。
滑石片岩や黒雲母片岩などと密接に関わり合って産出することが多く、また滑石や黒雲母を含むこともあります。
また片理構造が発達していない緑閃石を主体とする岩石を緑閃石岩(actinolite rock, アクチノライトロック)と呼んでいます。

⑦藍閃石片岩
藍閃石片岩(らんせんせきへんがん、glaucophane schist、グロコフェンシスト)は藍閃石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
プレート沈み込み帯のスラブ上面などに生じる低温高圧型変成帯に典型的な変成岩です。
大抵の場合は、青色片岩に含まれます。

⑧透閃石片岩
透閃石片岩(とうせんせきへんがん、tremolite schist、トレモライトシスト)は透閃石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩です。

⑨紅簾石片岩
紅簾石片岩(こうれんせきへんがん、piemontite schist、ピーモンタイトシスト)とは、紅簾石またはマンガンを含み赤色を呈する緑レン石や斜灰簾石などを特徴的に含む結晶片岩の呼称です。
主にチャートが変成して形成され、主要な構成鉱物は石英で、この他赤鉄鉱、磁鉄鉱などを伴います。

⑩石墨片岩
石墨片岩(せきぼくへんがん, グラファイトシスト, graphite schist)は石墨を特徴的に含むとする結晶片岩です。
主に泥岩のような有機物に富んだ堆積岩が原岩です。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
石墨片岩の見た目は半金属光沢のある黒色の層と、石英などからなる白色ガラス光沢の層の互層となっている事が多く見られます。
石墨を含む層で割れると黒色に見えますが、石墨の含有量はそれほど多くはありません。
石墨片岩の石墨以外の主な構成鉱物は、石英、長石、ローソン石、緑泥石、絹雲母(白雲母)、赤鉄鉱、磁鉄鉱などです。
変成度が低く再結晶があまり進んでいない場合は、千枚岩に分類されます。
ただし、結晶片岩と千枚岩の分類上の境界は曖昧であり、厳密な定義はありません。
石墨片岩は世界各地の様々な地質環境の広域変成帯などで形成されます。
日本では三波川変成帯や三郡変成帯などから特に産しています。

⑪赤鉄片岩
赤鉄片岩(せきてつへんがん、hematite schist、ヘマタイトシスト)は赤鉄鉱/a>という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主にチャートや縞状鉄鉱層などの鉄に富んだ堆積物の変成によって生じる変成岩です。

⑫石英片岩
石英片岩(せきえいへんがん, クォーツシスト, quartz schist)は石英を主要な構成鉱物とする結晶片岩です。
主にチャートを原岩としますが、石英質砂岩が原岩である場合もあります。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
石英の他の鉱物は、チャートを原岩とする場合は赤鉄鉱、磁鉄鉱、紅簾石などを含み、砂岩を原岩とする場合は絹雲母(白雲母)、緑泥石、曹長石などを含むことが多く見られます。
見た目は灰白色、灰色、灰緑色、黄灰色、赤紫色、赤褐色などの色です。
変成度が低く再結晶があまり進んでいない場合は、千枚岩に分類されます。
変成度が高いものの等方的で片理があまり発達していない場合、クォーツァイトquartziteに分類されます。
ただし、これらの分類上の境界は曖昧であり、厳密な定義はありません。
石英片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されます。
日本では三波川変成帯や三郡変成帯などから産しています。

アゼルバイジャンとアルメニアの戦争について

今は、ウクライナとロシアとの戦争が世界中で注目されていますが、なにも戦争はウクライナとロシアだけではありません。
内紛も含めると世界中で起こっていると言っても過言ではありません。
アゼルバイジャンとアルメニアの戦争についてと、それを取り巻くロシアとトルコの立ち位置について調べてみました。

アゼルバイジャン軍は9月19日、アルメニア人勢力が実効支配するナゴルノカラバフで「対テロ作戦」と称する軍事行動を開始したと発表しました。
この地域はアゼルバイジャンとアルメニアの間に横たわる山岳地帯で、国際的にはアゼルバイジャンの領土とされてはいるのですが、約12万人の住民の大半はアルメニア人で、「アルツァフ共和国」として一方的に独立を宣言しているところでした。
2023年9月24日のニュースでは、アゼルバイジャン軍が隣国アルメニアとの係争地、ナゴルノカラバフで19日に開始した軍事行動では、アルメニア側は武装解除などを受け入れ、事実上敗北したそうです。

アルメニアとアゼルバイジャンは長年、この地の帰属をめぐり紛争を繰り返してきた歴史があります。
直近では2020年に大規模な軍事衝突が勃発し、その後にロシアは紛争の再燃を防ぐためナゴルノカラバフに平和維持部隊を派遣しました。
だが兵員2000人強のロシア部隊は停戦監視の任務をまともに遂行できず、ロシア主導の「集団安全保障条約機構」(CSTO)の加盟国であるアルメニアは、集団防衛の義務を果たしていないとしてロシアを激しく批判していました。
アゼルバイジャン軍が攻撃を始めたその日、エレバンのロシア大使館前に集結したデモ隊は、ロシアこそ「アルメニアの最大の敵」だと怒りをぶちまけていました。
「ロシアの政策がこの惨事を招いた」と、デモ参加者の1人は「(ナゴルノカラバフを)守る気がないのなら、さっさと出て行ってほしい」語ったそうです。
ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は「(アルメニアを見捨てたことは)ロシアはいつでも誰でも裏切ることの証拠だ」と言っています。

ロシアは長年にわたりアルメニアを影響下に置き、それを足がかりとして、広く南カフカス地域全体を勢力圏に組み込もうとしてきました。
そのためアルメニアに軍事基地を置き、CSTOの同盟国として軍事支援を行ってきたように、ロシアはアルメニアの最大の武器供与国でした。
だが今やロシアは及び腰で、アルメニア側では不信感が募っています。
「ロシアに頼り過ぎたのは誤りだった」と、アルメニアのパシニャン首相は今月、アゼルバイジャン軍の攻撃開始前の段階で、ロシア軍の庇護に頼りすぎたことは間違いだったと悔やんでいました。
「アルメニアの安全保障体制は武器弾薬の購入も含め、99.999%ロシア頼みだった」と、パシニャンはイタリアの有力紙レプブリカに語っています。
「だが今はロシア自体が(ウクライナ戦争で)武器弾薬を必要としている。この状況では、たとえロシアにその気があっても、アルメニアの防衛ニーズに応えられないことは理解できる。この例からわれわれは学ばなければならない。安全保障でただ1国のパートナーを頼りにするのは戦略的なミスだ」と、アルメニア安全保障会議のアルメン・グリゴリアン書記は9月20日、集団防衛の義務を怠ったロシアに不信感を露わにし、「ロシアは長年、アゼルバイジャンと手を組んできた」と言い切っていました。
「その証拠に、ロシアの平和維持部隊にはナゴルノカラバフを守る義務が明らかにあるにもかかわらず、アゼルバイジャン軍が攻撃してきたときに何ら行動を起こそうとしなかった」とも言っています。

紛争地であるナゴルノカラバフとはいったいどのようなところなのでしょうか。
ナゴルノカラバフはアルメニアとアゼルバイジャンが互いに帰属を主張する係争地で、これまでも激しい武力衝突がたびたび起きていました。
アルメニアとアゼルバイジャンはともに旧ソビエトを構成していた隣国で、1991年以降、ナゴルノカラバフを巡って本格的な戦闘に発展したあと、1994年にいったん停戦に合意しました。
その後も緊張した状態が続くなか、2016年の武力衝突に続いて2020年には双方あわせて5600人を超す死者が出る事態に発展し、去年9月に起きた衝突でも双方で多くの死傷者が出て、互いに相手が攻撃したと非難しあっていました。
ナゴルノカラバフをめぐっては、アルメニアの後ろ盾となっているロシアが仲介役をアピールしてきたほか、トルコが宗教的にも言語的にも近いアゼルバイジャンを支持してきましたが、ロシアはウクライナへの軍事侵攻を続ける中、その影響力が弱まっているという指摘が出ていました。

アゼルバイジャン国防省が隣国アルメニアとの係争地、ナゴルノカラバフに対して対テロ作戦を開始したと発表したことについて、トルコのエルドアン大統領は19日、国連総会での演説で、「ナゴルノカラバフはアゼルバイジャンの領土であり、それ以外の主張は受け入れられない」と述べて、同盟関係にあるアゼルバイジャンの軍事作戦を全面的に支持する考えを表明しました。
トルコ人とアゼルバイジャン人は、人種・民族的に近いテュルク系であり、アゼルバイジャン語はトルコ語とは言語的に近いそうです。
異なる意味の言葉や文法的な違いはもちろんあるのですが、お互いにある程度の理解は可能だそうです。
また、両国はアルメニアに対する敵対感情を共有しており、政治家レベルだけではなく、国民の間でもお互いにシンパシーを持っているそうです。
例えば、トルコのカディルハス大学が毎年トルコ人1,000人を対象に行なっている外交に関する世論調査のなかの「あなたはどの国がトルコにとって友好国だと考えますか」という質問において、毎年最も高い割合となるのがアゼルバイジャンだそうです。
統計では、2015年から2020年にかけての全ての年で、最も高い割合となっているそうです。
加えてトルコとアルメニアの間には全国民レベル(アルメニアはディアスポラも含め)で第一次世界大戦期のいわゆる「アルメニア虐殺」をめぐり、反トルコ感情と反アルメニア感情が強いそうです 。
トルコ側はアルメニアが主張する数は誇張であり、トルコ側も犠牲を伴い、さらには冷戦期にトルコの外交官がアルメニアのテロ組織に殺害される事件が起きたことを持ち出し、反論しています。
いずれにせよ、トルコがナゴルノ・カラバフ紛争に関与する理由のひとつが国民レベルで共有されたアゼルバイジャンとの絆およびアルメニアへの敵対心であることは間違いないようです。

ロシアだけでなく、アルメニアとアゼルバイジャンはともに旧ソビエト連邦を構成していた隣国です。
国の中の陣取り合戦のつもりかも知れませんが、どうしてこうも争うのでしょうか?
ウクライナとロシアだって旧ソビエト連邦で一緒だった隣国です。
ナゴルノ・カラバフのように、あっという間に紛争が終わりかけているのは遠くから見ている私にとってはホッとします。
ウクライナとロシアの戦争もどちらの利益も考えず早く決着をつけてほしいと願っています。

モロッコの地震と日本の地震との比較

日本時間の9月9日(土)7時11分頃、アフリカのモロッコで規模の大きな地震がありました。
震源地は地中海で、震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は7.0と推定されます。
厳密な比較はできないものの、日本の気象庁震度階級に換算すると震度5強~震度6弱程度に相当する揺れと考えられています。
震源は陸地直下の浅いところと推定されていて、地震の規模の割に強い揺れが狭い地域を襲ったと考えられます。
気象庁の発震機構解では、地震のメカニズムは南北方向に圧力軸を持つ型で、横ずれ成分を持った逆断層型の地震とみられています。
モロッコの国営メディアは、内務省の話として9月11日の情報として、これまでに2012人が死亡し、2059人がけがをしたと伝えています。

日本で発生した東日本大震災と比較してみました。
2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18.1秒に宮城県牡鹿半島の東南東沖130km(北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24 km)を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。
地震の規模はモーメントマグニチュード 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震です。
震源域は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500 km、東西約200 kmのおよそ10万km2に及びました。
最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測しました。
東日本各地での大きな揺れや、大津波・火災などにより、東北地方を中心に12都道府県で2万2,318名の死者・行方不明者が発生しました(震災関連死を含む)。
これは明治以降の日本の地震被害としては関東大震災、明治三陸地震に次ぐ3番目の規模の被害となりました。

また、阪神・淡路大震災は、1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒、兵庫県の淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、マグニチュード7.3の兵庫県南部地震が発生しました。
神戸市の一部地域で震度7が記録され、近畿圏の広域が大きな被害を受けました。
犠牲者は6,434人で、第二次世界大戦後に発生した地震災害としては東日本大震災に次ぐ被害規模でした。

モロッコと日本の地震の比較として、モロッコの震源の深さは約30km、マグニチュードは7.0です。
東日本大震災は、震源の深さは24km、マグニチュードは9.0です。
阪神・淡路大震災は、震源の深さは16km、マグニチュードは7.3です。
比較すると、日本の地震のほうが、マグニチュードは大きく震源の深さは浅くなっています。

マグニチュードとは、地震のエネルギーを対数で表した数値で、地震の規模を示す指標です。
マグニチュードが1増えると、地震のエネルギーは約31.6倍になります。
0.2で2倍,0.1で1.4倍になります。
そして、マグニチュードは、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。
一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さのことを表します。
マグニチュードと震度の関係は、例えば、マグニチュードの小さい地震でも震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ、「震度」は大きくなります。
また、マグニチュードの大きい地震でも震源からの距離が遠いと地面はあまり揺れなく、「震度」は小さくなります。

木造の建物で、耐震性が高い建物と、耐震性が低い建物との比較を行ってみました。
①耐震性が高い建物
震度
5弱・・・・何も影響なし
5強・・・・何も影響なし
6弱・・・・壁などに軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある。
6強・・・・壁などにひび割れ・亀裂がみられることがある。
7 ・・・・壁などのひび割れ・亀裂が多くなる。
     まれに傾くことがある。
②耐震性が低い建物
震度
5弱・・・・壁などに軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある。
5強・・・・壁などにひび割れ・亀裂がみられることがある。
6弱・・・・壁などのひび割れ・亀裂が多くなる。
     壁などに大きなひび割れ・亀裂が入ることがある。
     瓦が落下したり、建物が傾いたりすることがある。倒れるものもある。
6強・・・・壁などに大きなひび割れ・亀裂が入るものが多くなる。
     傾くものや、倒れるものが多くなる。
7・・・・・傾くものや、倒れるものがさらに多くなる。

モロッコの地震は、震度5強~震度6弱程度です。
こう考えると、モロッコと同じ規模の地震が日本で起こったとしても、たぶん亡くなる人は多くて数人だと思います。

ホームページのリニューアル

ホームページをリニューアルしました。

https://www.nto-office.com/

横倉山に日本最古の化石

高知県の化石で、横倉山のシルル紀動物化石群があります。

主要産地は、高知県高岡郡越知町横倉山です。
横倉山は、日本で、最も古い古生代シルル紀の化石を産出する場所として知られています。
それまでの日本の地質時代は、3億年前後の古生代デボン紀がもっとも古いと言われてきたのですが、横倉山で4億年前のシルル紀の化石が発見されたことによって、日本の地史をさらに1億年以上さかのぼることができるようになったという意味では重要な場所です。
このシルル紀動物化石群を展示してある場所は、高知県高岡郡越知町立横倉山自然の森博物館と、高知県高岡郡佐川町立佐川地質館にあります。
越知町横倉山に広く分布する4億年前の地層は、かつて赤道付近に存在したゴンドワナ大陸の一部であったシルル紀の“土佐桜”石灰岩を主とする地層であり、クサリサンゴ,ハチノスサンゴなどの造礁サンゴを始め、三葉虫・直角石等々当時のサンゴ礁に生息していた多種多様の生物群の化石を産しています。
これらは、日本最古の大型化石で,クサリサンゴの中にオーストラリアとの共通種が認められることは注目に値しています。
この他、日本唯一の「筆石」化石も見つかっています。

この横倉山は、黒瀬川帯(くろせがわたい、英: Kurosegawa zone)の分布域であり、日本の地体構造区分の一つであり、黒瀬川地帯、黒瀬川構造体とも呼んでいます。
またレンズ状岩体境界に蛇紋岩が分布しているため、蛇紋岩メランジュ帯と考えられたこともあります。
西南日本外帯に属し、秩父帯中帯にほぼ同義ではありますが、その範囲については現在においても研究者によってわかれています。
愛媛県西予市を流れる黒瀬川より命名されており、この横倉山と同様に西予市城川町でも同じ地質帯になっています。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR