FC2ブログ

中国の「白水台」について

中国の「白水台」を紹介します。

当ブログで、トルコの「ヒエラポリス-パムッカレ」という世界遺産を去年の7月頃に紹介したことがありますが、その絶景と本当によく似た絶景が中国の「白水台」です。
「白水台」は、雲南省シャングリラ県南東の三壩郷白地村に位置し、シャングリラからの距離はおよそ100kmの所にあります。
標高2380mのその場所は、石灰分を豊富に含む地下水が湧き出し、長い年月をかけ棚田状の大地を形成した美しい景勝地として知られている場所です。
総面積は約3平方kmで、中国で最大の石灰華段丘と言われています。
「白水台」は中国雲南省の世界遺産「雲南保護地域の三江併流群」の一部として、世界遺産に登録されています。
およそ5,000万年前にユーラシア大陸とインド亜大陸が衝突したときにできた複雑な地形の間を縫うように、アジアを代表する3つの大河が交わらずに流れる様子が、豊かで美しい自然環境を作り上げています。
「白水台」はナシ族語で「スプズ」と言い、段々大きくなる花の意味だそうです。
伝説によれば、天神はナシ族に耕し方を伝えるため、この段々畑を作ったと伝えられています。
「白水台」は「仙人が遺した畑」とも呼ばれる所みたいです。

「白水台」の中央には、繋がった十数個の池に透き通った池水がたまり、とても綺麗で「天池」と呼ばれています。
水中の石灰分が沈積してできた純白で綿雪のような段丘は、千枚田のように一段一段、下へ広がり、中の炭酸カルシウムの結晶はキラキラと輝き、素晴らしき銀色の世界を彷彿とさせます。
池群のやや左に、新月のような水溜りがあり、油を流したように水は滑らかで静かに溢れ出し、仙女の鏡台と譬えられています。更に下には、妊婦に見える真っ白い石があり、現地では生殖の神として崇められているようです。
「白水台」の周囲では樹木が茂り野花が咲き誇り、変幻自在に空を行く雲と山と白水台棚田の青く澄んだ水のコラボレーションは、まさに絶景!遠くから眺めると、透き通った清流は、宛ら巨大な漢白玉(重厚な白色が美しい大理石)の彫刻のような「白水台」の表面を、こぼした牛乳のように流れ落ち、見事で壮観な景色です。
「白水台」向かいの上柏峰の麓に鍾乳洞があり、大昔は竜神を祭る場所でしたが、トンパ教の教祖丁巴什羅の弟子「阿明什羅」はここで修業したことから、「阿明霊洞」と称されています。
象形文字「トンパ文字」は、阿明什羅により、ここで誕生したと言われています。
白地村から東へ少し歩くと、高さ60mの白地滝が目に入ります。
谷川が勢いよく流れ落ち、息をのむ美しさです。

綺麗な景色だけでなく、「白水台」はトンパ文化発祥の地としても知られています。
「トンパ教の聖地」なる場所だけに、宗教活動や民俗の行事が数多く行われています。
言い伝えでは、トンパ教の教祖?丁巴什羅がチベットから仏教を習い帰る途中、ここの美しい景色に惹かれて、壇を設けて布教したそうです。
毎年旧暦2月8日に、ナシ族の伝統祭り-「朝白水」が行われ、各地からナシ族の人々がここに集まりまるそうです。
そして、歌や民族舞踊、ピクニックなどで賑わい、来年の豊作を祈るそうです。
「白水台」は温暖多湿な気候に属し、年平均気温は11.4℃、迪慶(デチェン)高原の人気ある景勝地です。
チベット族、ナシ族、ペー族、リス族などがここで暮らし、特色ある民族文化、民家、民族衣装、飾り、民芸品なども見逃せないそうです。

白水台
「天池」と呼ばれる中央部は特に美しく、白いあぜ道には粉雪のような結晶が降り注ぎ、黄色や青、緑とカラフルな色へと変化したプールには、清く透明な水が絶えず流れ込んできます。
上から下へと水しぶきをあげ流れ落ちる川。その水しぶきが作り出す波紋と水のゆらめきが「白水台」が、今なお生きて成長しているかのように見えます。


まさに絶景です。
石灰分を豊富に含む地下水が湧き出し、長い年月をかけて白く光る棚田を作り上げた「白水台」は、上に行けば行くほど白くなり、目にまぶしいほどの光を放ちます。
「白水台」の頂上部はちょっとした平地になっています。
森の奥の湧き水が平地を縦横無尽に流れ、やがて石灰の川となり不思議な景色を作り出しています。
石灰の川の間の、ちょっとした土台を見つけて根を下ろす植物もまた、「白水台」の真っ白な世界に色を添えてくれています。

災害地でのボーリング調査

災害地でのボーリング調査です。

PB030005.jpg
崩壊地の下で、ボーリング調査を行っています。

03-PB030004.jpg
崩壊地頭部の道路の様子です。
道路を斜めに横切るようなクラックが発生しています。

新居浜市にある「銚子の滝」

愛媛県新居浜市に「銚子の滝」があります。

「銚子の滝」(ちょうしのたき)は、市内南西部、大生院地区を流れる渦井川沿いの道を上流に向かって進み、途中林道を折れると「銚子の滝」に通じる遊歩道の入口に着きます。
ここから渦井川沿いの遊歩道を10分程登ると滝が見えて来ます。
さらに10分程登ると大きな滝壷を持った滝正面に着きます。
私が行った時は、仮設の遊歩道みたいなところを歩きました。
ここが、山吹谷と呼ばれるこの渓谷道の遊歩道だそうで、吊橋の「銚子橋」を渡ると「銚子の滝」に到着します。
この滝は、滝口の岩が銚子の口に似ているので、名付けられたそうです。
落差約30mのこの滝は、年間を通じて豊かな水量を誇り、滝つぼにもなみなみと水を貯えています。
付近一帯はヤマブキが多く、初夏には色鮮やかな渓谷となり、家族連れのハイキングなどに最適なところです。
なお、昭和53年(1978年)4月6日に、市の名勝に指定されているようです。
ただし、「銚子の滝」へ向かう市道渦井川大野山線は、平成25年9月の土砂崩れのため、通行止めとなりました。
現在でも通行止めのため、まだ行けないようです。

 
迫力のある滝でした。

葉理について

葉理について調べてみました。

葉理(ようり)は、ラミナ(lamina)とも呼び、堆積物中で、他の地層と色、構成粒子、粒径などの違いで識別される地層の最小単位で、厚さ1センチメートル以下のものを葉層(ラミナlamina)と呼び、葉層をつくる層状の配列のことです。
なお、1センチメートル以上の厚さのものは単層と呼ばれ、単層をつくる層状の配列を層理と呼んで区別しています。
葉層は、1ミリメートル程度の厚さのものがもっとも多く、葉理に沿って割れやすいことが多いのが特徴です。
一般的な層理面と斜交する地層をクロスラミナ(cross lamina)と呼んでいます。
葉理の種類としては、
①平行葉理(平行ラミナ)
②斜交葉理(クロスラミナ)
などがあります。
このうち、斜交葉理は、葉理が斜めに交わっている構造です。
古いラミナの上に新しいラミナがつくられ、平板型やトラフ型など様々な形があり、ラミナの形から堆積当時の流れの方向や速さを推定できます。
つまりは、流れの速さや方向によって異なる形の葉理がつくられることになります。
代表的なものとして、泥岩中の細粒砂岩のラミナや、両者がリズミカルに薄互層するラミナイトlaminiteが挙げられます。
葉理に似た言葉として葉状構造(ようじょうこうぞう foliation)があります。
この葉状構造はフォリエーションとも言い、結晶片岩などによくみられる薄く剥げやすい構造のことです。
結晶片岩には雲母や緑泥石などのように、片状や鱗状の鉱物がある一定の方向に並び、片理をつくっているのですが、これに沿って岩石が剥げやすいことになります。
また、片理面と一致しない葉状構造ができることもあります。

岐阜県にある「モネの池」について

「モネの池」を紹介します。

「モネの池」は、岐阜県関市板取の根道神社参道脇にある貯水池です。
高賀山の伏流水を利用して1980年頃に灌漑用に整備されました。
「モネの池」は通称であり正式な池の名称ではありません。
地元では根道神社の池もしくは単に池と呼んでいる程度です。
では、何故「モネの池」と呼ばれるようになったかというと、2012年写真雑誌「風景写真 2012年7-8月号[33]」(創刊1989年)に栄馬智太郎さんが投稿し、最優秀作品賞(審査員:前田博史[35])及び2012年度フォトコンテストグランプリ受賞を受賞したのをきっかけにテレビ放映やインターネットの会員制交流サイト(SNS) を通じて有名になり、「モネの池」と呼ばれるようになったと言われています。
これ以後、インターネット上には「モネの池」に関する写真が大量に投稿されています。
1999年、池は雑草が生い茂っていたのですが、近くで花苗の生産販売をする「フラワーパーク板取」の経営者、小林佐富朗さんが除草を行い、スイレンやコウホネを植えたそうです。
また、池で泳ぐコイは地元住民が自宅で飼えなくなって持ち込んだものだそうで、観光目的で作られた池では無く、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池となりました。
池の大きさはテニスコートよりも少し大きい程度です。
また、常に湧き水が流れ込み、湧水池となっています。
このため年間水温がおよそ14°Cで一定となっており、冬に咲いた花は枯れにくく、コウホネが冬に咲くと、黄色→オレンジ色→赤色と色が変化します。
また、日差しの傾き、池の水量によって池の水の色も変化しています。
池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されているためで、そこからの湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことが原因です。
2015年6月頃、ブログやTwitterやInstagramなどのSNSでこの池が話題に上り始め、同年秋頃に新聞・情報番組で取り上げられたことで情報が一気に拡散、観光客が激増する要因になりました。
このため、岐阜県および関市では公式ホームページにて「名もなき池」「モネの池(通称)」として観光案内を掲載しています。
2015年11月の報道によれば、休日には3000人ほどが訪れる観光地にまでなりました。
そして、2016年には東海地方の観光地を紹介する情報誌にも掲載されるとともに、新聞、テレビニュースでも大きく取り上げられました。
また2016年5月には板取地区の愛好家で作る板取錦鯉振興会が稚魚から育てたニシキゴイを提供しています。
この年の5月のゴールデンウィーク中には1日平均約3000人の観光客が訪れ、国道256号線が15kmにわたり渋滞し、警察が出動して交通整理を行っています。
「モネの池」は5月から11月にかけてが見頃だそうですが、おおまかな季節の状況は次のようです。
【年中】
総勢で30匹を超える鯉がお出迎えします。
【4月上旬~中旬】
寺尾ヶ原千本桜(モネの池への道中)でお花見を楽しめます。
【5月頃~秋頃】
「モネの池」に入ってくる湧き水の量が増えて透明度が高くなります。
【5月末頃~10月頃】
池に浮かぶスイレンの花を楽しめ、ピークは6~7月です。
【6月下旬~7月】
池の周りに植えられているアジサイが咲き乱れます。
板取あじさい祭りが、今年は平成30年6月30日・7月1日にありました。
【11月頃】
紅葉が色づき、"鏡池"のような「モネの池」を楽しめます。
【12月~2月頃】
白銀の雪の中に映える「モネの池」が絶景だそうです。

image
水中花の中を錦鯉が泳いでいます。

モネの池
まさに絶景で、フランスの画家・モネの名画「睡蓮」にそっくりに見えます。

image
「モネの池」は長さ40mほどあります。
池沿を歩くと、スイレンの花が見られます。
スイレンの花は、朝の8時頃から開き始め、11時には咲いてしまいます。
ものすごいスピードです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR