FC2ブログ

北海道にある昭和新山

北海道にある「奇跡の山」と言われている昭和新山を紹介します。

昭和新山(しょうわしんざん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある火山です。
支笏洞爺国立公園内にあり、国の「特別天然記念物」に指定されています。
また、有珠山とともに「日本の地質百選」に選定され、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されています。
昭和18年に、それまでは、平坦な麦畑だった壮瞥町のフカバ地域が、地震とともに突然隆起し、そのまま隆起が続き、2年ほどで今の昭和新山が誕生したそうです。
20世紀で最も新しい火山の1つで、現在も噴気活動が見られ、温度低下と浸食などによって年々縮んでいるそうです。

「昭和新山」の画像検索結果
有珠山の側火山で、デイサイト質の粘性の高い溶岩により溶岩円頂丘が形成されています。
標高398mですが、先に述べたように、温度低下や浸食などによって少しずつ縮んでいます。
山肌が赤色に見えるのは、かつての土壌が溶岩の熱で焼かれて煉瓦のように固まったからだそうです。
そして、川に運ばれ平地の地下に埋まるなどしていた石が溶岩によって持ち上げられたため、昭和新山の中腹には河原にあるような丸い石が場違いに転がっているのも見ることができます。

【昭和新山誕生までの噴火活動】
1943年(昭和18年)
 12月28日、午後7時頃に壮瞥町周辺で最初の有感地震。以降地震が頻発する。
1944年(昭和19年)
 1月4日、フカバ集落の湧水の温度が上昇し、20℃だったものが43℃に達する。
 1月5日、洞爺湖に巨大な渦巻きが発生。同日、レールの隆起により胆振線が不通となる。
 2月 - 5月、フカバ集落・柳原集落・東九万坪・西九万坪一帯で隆起活動が続く。
        中でも柳原集落は前年比で31mも隆起した。
 6月21日、壮瞥川が川底の隆起によって氾濫。
 6月23日、午前8時15分、東九万坪台地より第1次大噴火。第1火口形成。
 6月27日、午前6時、第2次大噴火。第2火口形成。   
 7月2日、午前0時頃に第3次大噴火。第3火口形成。苫小牧、千歳方面に降灰。
 7月3日、午前8時30分に第4次大噴火。室蘭、登別方面に降灰。
 7月11日、午前10時40分に第5次大噴火。噴煙が強風に倒され、洞爺湖畔を襲う。
 7月13日、午後6時10分に第6次大噴火。第4火口形成。
 7月15日、午後9時に第7次大噴火。
 7月24日、午前5時に第8次大噴火。
 7月25日、午前5時10分に第9次大噴火。
 7月29日、午後2時20分に第10次大噴火。
       登別、白老方面に降灰。亜硫酸ガス噴出で山林が荒廃。
 8月1日、午後11時55分に第11次大噴火。室蘭方面に降灰。
 8月4日、午後10時に第12次大噴火。    
 8月20日、午前6時に中噴火。第5火口形成。
 8月26日、午後2時20分に第13次大噴火。
       壮瞥町滝之上地区で、睡眠中の幼児1名が火山灰により窒息死。
 9月8日、午後4時15分に第14次大噴火。フカバ集落で火山弾による火災。5戸が全半焼。
 9月16日、中爆発。第6火口形成。
 10月1日、午前0時30分に第15次大噴火。第7火口形成。
 10月16日、午後7時50分に第16次大噴火。
 10月30日、午後9時30分に第17次大噴火。これを最後に降灰を伴う噴火は収束。
 12月、溶岩ドームの推上が始まる。
1945年(昭和20年)
 1月10日、溶岩ドームの高さ、地表より10 - 20m。
 2月11日、溶岩ドームは高さ40 - 50mに成長。
 2月26日、溶岩ドーム主塔の脇に副塔が確認される。
 5月、主塔の高さ85mに達する。
 9月20日、全活動停止。溶岩ドーム主塔の高さ175m。

首都圏外郭放水路について

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路は、当ブログでも紹介しましたが、今回の台風では役立ったようです。

10月12日から13日にかけ日本列島を襲った台風19号は、全国各地の河川で氾濫、堤防の決壊が起こり、住宅街に甚大な被害をもたらしました。
国土交通省によると、台風19号により決壊した堤防の数は全国55の河川、79カ所にのぼったそうです。
そんな中、首都圏外郭放路が洪水を防ぐ大きな役割を果たしていました。
首都圏外郭放水路は地底50メートル、長さは春日部市上金崎から小渕までの約6.3キロを流れる、世界最大級の地下放水路だそうです。
中川、倉松川、大落古利根川、18号水路、幸松川といった中小河川が洪水となった時、洪水の一部をゆとりのある江戸川へと流すことができます。
中川・綾瀬川の流域は、利根川や江戸川、荒川といった大きな川に囲まれていますが、この地域は土地が低く水がたまりやすい地形となっているため、これまで何度も洪水被害を受けてきた過去があります。
また、川の勾配が緩やかで、水が海まで流れにくいという特徴があり、大雨が降ると水位がなかなか下がりません。
さらに近年では、都市化が急速に進み、降った雨が地中にしみこみにくく、雨水が一気に川に流れ込んで洪水が発生しやすくなっています。
それが首都圏外郭放水路の完成によって、周辺地域で浸水する家屋の戸数や面積は大幅に減り、長年洪水に悩まされてきた流域の被害を大きく軽減しました。


首都圏外郭放水路の断面図です。
提供:国土交通省江戸川河川事務所


台風19号が去った13日の首都圏外郭放水路の調圧水槽の様子がこちらの写真です。
これを見る限り、まだまだ余裕がありそうです。

宇和島のアコヤガイの大量死について

国内最大のアコヤガイ真珠生産地である愛媛県の宇和海沿岸の宇和島市と愛南町で、養殖中のアコヤガイが大量死していることが問題になっています。

愛媛の真珠養殖は、明治40年に平城湾で小西左金吾によって興された、アコヤ貝の購入事業に始まっています。
大正4年には、真円真珠の生産に成功しまし、昭和10年には、大月菊男によって宇和島市坂下津、三浦湾においても真珠の生産が開始され、良質の真珠が採れるところから、宇和海の真珠の名声が次第に高まっていきました。
その後、真珠生産に従事している漁業者の技術革新と品質向上へのたゆまざる努力によって、近年の宇和海の真珠生産は日本一の座が揺るがないものとなり、世界的に飛躍しつつあったところです。

養殖中のアコヤガイが大量死は、愛媛県や漁協によると、8月初旬ごろから被害が出始めたそうです。
ほとんどの養殖業者で、養殖中の貝の半数が死に、多いところでは8~9割が被害にあっているそうです。

原因不明のアコヤガイの大量死は、1993 年に鹿児島県甑島の養殖場で発生したのを端緒とし、翌1994 年に大分県蒲江町と愛媛県南部の漁場で発生していました。
1996 年以降は全国的に拡大し、真珠養殖業はかつてない大きな打撃を受けていました。
養殖アコヤガイの大量死については、
①ウィルスあるいはろ過性病原体の感染
②原虫類の寄生
③異常高水温
④魚類養殖に使用されるホルマリンの汚染
など、様々な要因について検討されてきましたが、その原因は依然として未解明だそうです。
ただ、大量死発生の背景として近年の海面魚類養殖における技術面の変化を解析すると、
①養殖アコヤガイの大量死は隣接する魚類養殖による漁場汚染に起因すること
②1990 年代から魚類養殖において多用されるようになった配合飼料に含まれるフィードオイルに由来する過酸化脂質
これなどが大量死を引き起こす原因物質である可能性が最も高いとの説があります。
真珠養殖業者は、例えば1個3円でアコヤ貝を購入し、養殖し50円で加工業者に売るそうです。
アコヤ貝は、10万個くらい買って大事に育てれば、なんとか生活できる職業です。
でも、8割が被害を受けるともう商売にはなりません。
早く解明して、世界に自慢できる真珠を造ってほしいと思います。

400勝投手の金田さん

プロ野球唯一の通算400勝投手で元ロッテ監督の金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、都内の病院で亡くなりました。
現役通算20年間で400勝298敗、奪三振4490、投球回数5526回2/3、完投365などの記録を残しています。
通算防御率2・34で、ベストナイン、沢村賞各3度、球宴出場17度、巨人の背番号34は永久欠番となっています。

それにしてもすごい記録です。
細菌の最多勝は15勝程度ですが、それだと27年かかる計算になります。
18歳でプロ野球に入って、コンスタントに15勝しても45歳でやっと届く記録です。
下の記録を見て、もっとびっくりしたのが試合数です。
68試合も投げている年があります。
完投も34試合している年もあります。
当時は、全部で130試合だったはずで、いかに国鉄が弱かったとはいえ、こんなにも毎年毎年全試合の半分程度投げていたとはびっくりです。
今の野球のシステムでは、もうこんな投手は現れないと思います。

金田正一
Kaneda Masaichi
1933\年8月1日生 
★1988年殿堂入り★ 愛知県出身
年度
チーム
TEAM
防御率
ERA
勝利
W
敗戦
L
セーブ
SV
試合
G
完投
CG
完封
SHO
ホールド
HRD
勝率
WPCT
投球回
IP
被安打
H
被本塁打
HR
与四球
BB
与死球
HB
奪三振
K
暴投
WP
ボーク
BK
失点
R
自責点
ER
その他
195017国鉄(7)3.93812--3091-.400164 2/3132121271143139372
195118国鉄(5)2.832221--56254-.51235025722190823333159110ノーノー
195219国鉄(5)3.172425--64237-.490358280171971026982149126
195320国鉄(6)2.372313--47246-.639303 2/3222101358229109080
195421国鉄(5)2.632323--53282-.500345 2/329019114626921128101
195522国鉄(5)1.782920--62349-.592400279191018350219179
195623国鉄(4)1.742520--68245-.556367 1/322220812316508671
195724国鉄(4)1.632816--61255-.63635325617932306108864完全沢村
195825国鉄(4)1.303114--562211-.689332 1/321616603311406348沢村賞
195926国鉄(4)2.542119--58144-.525304 1/322226793313009686沢村賞
196027国鉄(6)2.582022--57224-.476320 1/323827941284319792
196128国鉄(3)2.122016--57236-.556330 1/325727812262308878
196229国鉄(6)1.732217--48241-.564343 1/326525808262507866
196330国鉄(4)1.983017--53259-.63833723420831287208374
196431国鉄(5)2.792712--44224-.692310250366932313010096
196532巨人(1)1.84116--2893-.647141 2/39512360100103829
196633巨人(1)3.4346--1910-.40084 1/3721225358203632
196734巨人(1)2.28165--3361-.76217014613573132304743
196835巨人(1)3.461110--3240-.524138 1/31222171087305753
196936巨人(1)4.2554--1810-.55672 1/365835048303934
通算成績2.34400298-94436582-.5735526 2/341203791808724490551117061434
  

香川県の水事情について

香川県の水事情について調べてみました。

香川県は、四国の北東部に位置し、南は讃岐山地を埠として徳島県に接し、北は瀬戸内海に面しています。
山地の面積は、全面積の2/3を占め、平野は讃岐山地に源を発する香東川・土器川・財田川の流域に拡がっているにすぎません。
そして讃岐山地の兆縁に沿うては、明瞭な段丘があり、平野はこれらの河川によって形成された典型的な扇状地です。
讃岐山地南半の地質は、和泉砂岩層で代表される中生層で、北半は花崗岩類です。
また平野内に点在する山岳は花崗岩類と、それを覆う安山岩類とで構成されています。
段丘は洪積世の河岸段丘と考えられ、礫・砂・粘土で構成されています。
香川県の平野部における年降雨量は、1,200mm程度で、そして蒸発量もそれに近い値を示しています。
一方河川の流域面積は、いずれも 200km2未満であって、流路延長30km程度で瀬戸内海に注いでいます。
さらに山地の集水面積が少なく、平野部の河川勾配が香東川の1/130をはじめ、綾川の1/350といずれも急な流れです。
このよ』うな自然環境のために、河川の流量が不安定であり、渇水量がきわめて少なくなっています。
したがって平野部における河床は、雨季あるいは台風時を除いては水無し河原となっています。
このように表流流量が乏しいために、沖積地に拓けた水田のかんがい用水は、常時困った状態で、土器川・の上流を堰止めた満濃池をはじめ大小さまざまの溜池が、古くからかんがい用水の主水源となっています。
これらの溜池は、水稲かんがいのために放流し、冬季に入ると貯水をはじめるので、降雨量が冬季最少となるのと相まって、地下水量は夏季に最多、冬季に最少となります。
またこのような自然的環境から、かんがい用水の水利権がきわめて優勢で、伏流南るいは地下水を水源とする上水道用水、工業用水などは、その取水に著しく制約をうけています。
そしてその取水は、冬に最悪の条件下におかれるようになっています。
なお当地域におけるおもな用水型工業は、繊維工業・化学工業・パルプ製紙加工品工業などであって、高松地区ではパルプ製紙加土晶工業、坂出・丸亀および観音寺・詑間地区では,繊維・化学工業が代表的な工業となっています。
通商産業省昭和33年度の工業用水統計表によると、香川県の工業用水使用量は364,042m3/dayで、全国の第29位にあり、うち淡水の使用量は96,003m3/dayで全国の第42位にあったそうです。
このように工業用水の水源は、淡水よりも海水に依存しており,また淡水の水源はモの大半が地下水となっているようです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR