ナミブ砂漠のデッドフレイの奇異な景観

ナミビアのナミブ砂漠にあるデッドフレイを紹介します。

まず、ナミブ砂漠はナミビアの大西洋側にある砂漠でおよそ5万k㎡の広さがあり、約8000万年前に形成された世界最古の砂漠と言われています。
オレンジ色の砂で満たされたナミブ砂漠の中に、ぽっかりと地表が渇いた盆地が存在しています。
これが、デッドフレイ(Deadvlei)と言って、ナミビアの大西洋沿いに南北約1,300kmにわたって広がるナミブ砂漠の深部で、ナミブ・ノークラフト国立公園内にあります。
現地の言葉で「死の沼地」を意味しており、干上がった沼地と朽ちた木々が独特の景観を作り出しています。
ここにはかつてツァウチャブ川の洪水により沼地が形成されました。
その後の気候変動で沼の水が全て干上がってしまい現在のような状態になったそうです。
あまりに乾燥した気候のため、木は微生物によって分解されることもなく、ひび割れた白い地面に、900年前に枯れてしまった木々が砂漠の真ん中に存在しています。
死の砂漠ではありますが、地下にはまだ水分が残存しているため、動物や昆虫はこの地によく集まってくるみたいです。
そして、デッドフレイを有名にしたのは、この世のものとは思えないこの奇異な景観です。
奇異な景観と言うか、まるで絵のような光景と言うか、その美しさが最も増すのが日の出前のひとときだそうです。
燃えるような朝の光が周囲を金色に染め、陰ったままの銀色の大地と、それらを背景に枯れ木のシルエット浮かび上がってきます。
神秘的な光景を確かめてみたい人には、おすすめの絶景スポットです。
デッドフレイへの行き方としては、まずナミビアの首都ウィントフックへ向かいます。
日本からは直行便がないので、香港やドバイで乗継ぎ、南アフリカのヨハネスブルグへ入ったあと、ヨハネスブルグからウィントフックまでは南アフリカ航空で移動しないといけないそうです。
ウィントフックからナミブ砂漠まではレンタカーを借りて車で行くか、現地のオプショナルツアーに申し込む必要があるそうで、大変な旅になりそうです。

デッドフレイ
デッドフレイの看板があり、ここから1.1kmと書いてあります。

ナミブ砂漠
このような大砂丘を、デッドフレイに向かってひたすら歩きます。

Deadvlei
雪のように白くなっている部分がデッドフレイです。
遠くからなら、枯れ木もほとんど見えません。

Deadvlei
まだ、朝日が昇りきってはいませんが、デッドフレイからの写真です。
コントラストが、一枚の「絵」になる瞬間は、空の青と、灼熱の太陽でもえる砂漠のオレンジと、干上がった沼地の黒、そして影になった枯れ木です。
本当に、絵画にしか見ない風景です。

デッドフレイ
時間と共にどんどん陽が差し込み、デッドフレイの風景も刻々と変わっていきます。
「沼」とは言っても「死の沼」というだけあり、完全に地盤が乾き石のように硬くなっているそうです。
その石のように硬い地盤に枯れ木だけが残されているのが不思議です。

Deadvlei
完全に日が昇ったときの風景です。
干上がった沼地は、黒から白に変わっていきました。
そして、背後の砂丘から朝日が昇りきると、もう、その風景は消えてしまうそうです。

デッドフレイ
これが、セスリムキャンプサイトから約1時間ほど走った場所にあるデッドフレイの地図です。

松山市の野忽那島について

松山市には離島がたくさんあります。
この中で、今回は旧中島町から編入合併して松山市になった野忽那島を紹介します。

野忽那島(のぐつなじま)は、忽那七島の中で最も東にある1番小さな島であり、彼女が生まれた島「瀬の島」の映画で一躍有名になった島です。
面積は0.92km²で、周囲5.7kmです。
平成22年の国勢調査では、人口141人、世帯89戸でした。
南部のオイラン山(102m)を頂点に丘陵が続き、北部のくびれた低地に集落があります。
猫の島でも有名ですが、周辺の海にはアジ・メバル・サバ・アブラメなどの魚が多く、一年を通して釣り人が訪れます。
忽那七島は、どの島でもそうなのですが、みかんを中心とした農業と漁業の島であり、特に野忽那島は、小さな楽園のようなゆったりとした時間が感じられる島です。
映画のロケ地でもある標高71.4mの皿山展望台からの景色は、美しい瀬戸内を代表する風景となっています。
2002年に整備された遊歩道には、映画の登場人物の名前がつけられ、展望台には戦時中の監視所の一部が残っています。
野忽那小学校では、瀬戸内シーサイド留学という制度がありました。
この制度は、毎年数名の子どもたちを日本各地より受け入れて、島での生活を体験してもらうというものでした。
私も、父親になってからこの制度を知りました。
子供が小学生になる時に、野忽那小学校に入れようか真剣に悩んだほどでした。
2008年に野忽那小学校が休校となったことで、この制度は一旦中止になっているようです。
でも、この名残か、多くの卒業生が、今もなお島を訪れることもあるようです。
野忽那小学校から集落の路地を通り、島を横断した先にある美しい砂浜広がる「ヌカバ海水浴場」があります。
ここからは、高縄山、そして沖には往来する船などが望む、まるでプライベートビーチのようにゆっくりとした時を過ごすことができます。
また忽那諸島の中では、周辺をあまり損なわないで残っている貴重の遺跡「丸山古墳」は、鹿角装の刀や鉄剣・人骨などが出土しており、松山市指定史跡となっています。
他にも島の芸術家・石崎嘉吉さんの色鮮やかな絵馬がある「宇佐八幡神社」や、野忽那島と睦月島の間にある面積0.0033㎡の「芋子島」、島の北東にある無人島の「田ノ島」など、歴史文化が残り自然が溢れている島です。
野忽那島は古くは「野島」と呼ばれていたそうです。
地頭になったのは東浦地頭重俊の子重平でした。
安和年間(968-970)に風早郡北条から多田満仲の遺臣がこの島に移り、漁業を営んだのが定住の始まりと言われています。
島人の結束力の強さと群行動の統一は、七島中で最も漁村的性格の強い島とも言われており、昭和23年頃までは一本釣を修行としていましたが、昭和26年に衣類行商に転じた一例からも伺えるようです。

野忽那島全景の写真
野忽那島の全景です。
ぺっちゃんこの島なので、大地震の津波でも発生すると、島自体が浸かってしまいそうです。

皿山展望台の写真
皿山展望台です。
島北側にあります。
標高71.4mから360度のパノラマで望む瀬戸内海はまさに絶景で、怱那諸島でも有数の展望台として知られています。
平成14年に建設された山頂へ向かう遊歩道の一部には、映画「船を降りたら彼女の島」の登場人物の名前がつけられています。

ヌカバ海水浴場の写真
ヌカバ海水浴場です。
7月上旬からオープンする穴場スポットです。
休憩所、トイレ、シャワー、キャンプ場と設備が充実しています。

野忽那小学校の写真
野忽那小学校は、明治10年開校の歴史ある学校です。
昭和62年から離島では初めての試みとなるシーサイド留学制度を導入しました。
全国各地から小学生を募集し、里親のもとで1年間島生活を経験させると言う活動を21年間続け、延べ120名の留学生を受け入れました。
しかしながら、急激に進む過疎化の影響で、平成21年度をもって、地元の小学生がいなくなると共に留学制度もなくなり、現在は休校となっています。

監視所の一部の写真
皿山頂上には戦時中に使われていた監視所の一部が残っています。
港付近にある皿山は、標高73m、頂上には、丸太小屋と、戦争当時つかわれていた監視塔があり、瀬戸内海の島々を一望できます。

野忽那島の位置
野忽那島の詳細な地図です。
地図でもわかるように、周遊道路はありません。
オイラン山へは道がなく、港から歩くと1時間はかかるそうです。
それも、胸まで伸びている笹や草など掻き分けて登らないといけないと、誰かのブログに書いていました。

石手川公園の桜

松山の石手川公園の桜です。

P4130001.jpg
昨日撮影したのですが、満開でした。
先週はまだまだつぼみが多かったけれど、日曜日くらいから暖かくなって一気に咲いていました。

地下水と地表水の種類について

水にもいろいろあります。

まず「地下水」ですが、広義には地表面より下にある水の総称です。
狭義では、特に地下水面より深い場所では帯水層と呼ばれる地層に水が満たされて飽和しており、このような水だけが「地層水」や「間隙水」「地下水」と呼ばれ、地下水面より浅い場所で土壌間に水が満たされずに不飽和である場合はその水は「土壌水」と呼ばれます。
また、「伏流水」というのもあります。
このような狭義では、両者を含めた地表面より下にある水全体は「地中水」と呼ばれます。
このような広義の地下水に対して、河川や湖沼、ため池といった陸上にある水は「表流水」または「地表水」と呼ばれます。
「地表水」(ちひょうすい surface water)は、地球表面にある水のことで、普通では陸水中の河川や湖沼,溜池,湧泉,運河のことです。
海を含む場合もあるみたいですが、一般には陸水に限って考える場合が多いようです。
「地表水」中の流動する部分が河川や湧泉で、静止しているものが湖沼や溜池です。
河川とは通常一定の方向に流れているもので、常に浸食,運搬,堆積の作用が認められます。
一方、湖沼や溜池の水は本質的には静止しており、波と流入,流出部での運動以外は認められない状態です。
両者ともに地球上の水文学的循環のなかでは主要な位置を占めています。
量的には水圏中の約2%を占めるだけなので、わずかなものですが、人間の居住空間上での位置や、資源としての価値は大きいものです。
「地表水」でない水は、すべて「地下水」ですが、この「地下水」にもいろいろあります。
「地層水」(ちそうすい stratum water)は、地層が堆積したとき、当時の海水または陸水が、堆積物の孔隙内に封じ込まれたものを言い、掘削時に地層内に浸入した掘削泥水などと区別するために用いられることが多いようです。
地層水の成分は、堆積後の地下における物理・化学的反応によって堆積時の水の成分とはかなり変化しているのが普通です。
「間隙水」(かんげきすい pore water)は、堆積物中の土粒子間を満たしている水のことです。
海底堆積物中の「間隙水」は、土粒子の表面に付着した移動性に乏しい「吸着水」と、重力の作用だけで移動する「重力水」に分けられています。
「宙水」(ちゅうすい ちゅうみず perched water)もあります。
これは不圧地下水の一種で、通気帯中のきわめて小面積の不透水層の上に局部的に存在する地下水です。
関東ローム層中に存在するレンズ状の粘土は、浅いところで「宙水」をつくっており、このような「宙水」は一時的な存在である場合が多いと思われます。
「土壌水」(どじょうすい soil water)は、土壌水分とも言い、土壌粒子間の孔隙に存在する水で,結合力の大きいほうから順に下記のように区分されています。
①固形分中に化学的に結合している結合水
②土壌粒子の表面に分子間引力で吸着されている吸着水
③毛細管力で保持されている毛管水
④重力によって粒子間を移動する重力水
「伏流水」は、河川の下や山麓付近の下層を流れる「地下水」の一種です。
松山市の中央を流れる重信川は、「地表水」となっていることが少なく、ほとんど「伏流水」で枯れ川です。
このように、「伏流水」は「地下水」の中では浅い位置を流れるものですが、川底の砂利で自然とろ過されており、水質はおおむね良好で安定していて、飲み水としてよく利用されています。
ただ、河川の底から地下へと流れ込んだ水なので、その河川の水質の影響を強く受けることになります。
先に述べた重信川のように、扇状地や厚い砂礫層が堆積している河床をもつ河川水は地下に浸透し「伏流水」となりやすいのが特徴です。
石灰岩地域では水が石灰岩の割目を通って伏流水となり再び地表に現れることもあり、火山堆積物の中にも伏流水が発達しています。
「伏流水」は直接目に見えず、また、その流れが複雑であることから、通常の「地下水」との区別がつきにくいため、「伏流水」か「地下水」かの判断は難しいものがありますが、一般に河川の地下及び近くの地下から水を取る場合には、「伏流水」として、゛河川法゛の許可を受ける必要があります。
河川の流水を使用するには、河川法第23 条において、「河川の流水を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。」と規定されています。
この河川管理者は、河川の種類によって違ってきます。
河川の種類は河川法において、「一級河川」、「二級河川」、「準用河川」の3種類に分類され、これ以外の゛河川法゛に指定されていない河川を「普通河川」としています。
◇一級河川
国土保全上又は国民経済上特に重要な水系にある河川で、管理は国土交通大臣が行いますが、区間を指定して一部の管理を都道府県知事に委任している区間があります。
◇二級河川
一級河川以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で、管理は当該河川の存する都道府県を統轄する都道府県知事が行います。
◇準用河川
一級河川及び二級河川以外の河川で各種の行為制限、維持工事などによって万全の管理をする必要のある河川で、管理は当該河川の存する市町村を統轄する市町村長が行います。
◇普通河川
一級河川、二級河川及び準用河川に指定されていない河川で、゛河川法゛の適用は受けず、法定外公共物の一つです。
管理は当該河川の存する市町村を統轄する市町村長が行います。

丘陵地について

丘陵地について調べてみました。

一般に丘陵地(きゅうりょうち)というと、なだらかな印象があります。
山ほど高くないけれど平地と呼ぶには隆起している面で、つまりは、小さな山とか、ゆるやかな山といった地形だと思われます。
辞書で丘陵(きゅうりょう)を調べると、「なだらかな起伏や小山(丘)の続く地形のことである」と書いてあります。
そして、「地形学では高度や起伏が山より小さく、台地より大きいものを指す」そうです。
アメリカの地理学者トレワーサさんによる区分では、
・大起伏山地(起伏量1800m以上)
・中起伏山地(900~1800m)
・小起伏山地(600~900m)
・丘陵地(150~600m)
としています。
600mというと、松山市の周辺では、松山市の高縄山(たかなわさん)は標高986mなので山地に当たりますが、伊予市の谷上山(たがみさん)は標高455mで、砥部町の行道山(ぎょうどうさん)は標高403mなので丘陵地という区分になります。
でも、見る限りでは山地です。
なので、日本の山地に対しては上記の区分基準を下げ、
・大起伏(1000m以上)
・中起伏(500~1000m)
・小起伏(150~500m)
・丘陵地(50~150m)
のような区分か、「山地よりも小さな規模のもので、日本では概ね海抜300m内外の高度で緩慢な斜面と谷底をもつ地形」としているようです。
丘陵地は、およそ100万年前から30万年前に生じ、洪積層またはそれより古い地層からなり、火山性地帯では表面が関東ローム層のような火山灰土に覆われることが多いことが知られています。
愛媛県では、高縄山の中腹から麓にかけては、花崗岩の風化した丘陵地が続いており、果物などの園芸作物と、だいこん・ごぼう・にんじんなどの根菜類の栽培に利用され、最近ではほうれんそう・トマトなども栽培されています。

【写真】プロジェクトの様子
丘陵地が広がっています。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR