fc2ブログ

フロート台船での地質調査

フロート台船で地質調査を行っています。

IMGP7948_202106161603343d2.jpg
レッカー車でこれから吊りおろしをします。

IMGP7975.jpg
作業船でフロート台船をポイントまで曳航しました。

IMGP8021.jpg
吹き流しも取り付けて、準備が完了したので、これから地質調査を行います。

津波の対策について

日本は、外国に比べて台風、大雨、大雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの自然災害が発生しやすい国土です。
自然災害でどのような被害を受けているのか調べてみました。

日本の国土の面積は全世界のたった0.28%しかありません。
しかし、全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こり、全世界の活火山の7.0%が日本にあります。
また、全世界で災害で死亡する人の0.3%が日本、全世界の災害で受けた被害金額の11.9%が日本の被害ひがい金額となっています。
このように、日本は世界でも災害の割合が高い国となっています。

昭和20年以降の主な自然災害 

上表は、日本の自然災害名と被災地および死者・行方不明者の数です。
昭和30年代までは一度の台風や地震じしんで1000人以上の人が亡なくなっていました。
現在では、堤防の整備や地震に対する技術の進歩などによって死者・行方不明者の数は1000人をこえることはなくなりましたが、1995年(平成7年)1月の阪神・淡路大震災では、死者・行方不明者がそれまで最大の6437人となりました。
しかし、2011年(平成23年)3月の東日本大震災では、阪神・淡路大震災の3倍以上の2万人をこえる死者・行方不明者がでました。
これは、特に阪神・淡路大震災と比べると津波の影響が大きいと思います。
いくら堤防の整備や地震に対する技術の進歩があっても、もの凄い威力の津波の前ではなんて無力なんだろうとあの時に実感しました。
東日本大震災は、三陸沿岸地域を中心に、過去幾多の津波被害が繰り返されました。
特に、防波堤、防潮堤、海岸堤防や護岸等を打ち砕き、浸水予想区域を越えて押し寄せ、指定されていた避難所自体をのみ込んでしまいました。
この大津波の教訓として、ハード・ソフト対策における従来の津波想定のあり方を見直すことはもとより、いくら防波堤、防潮堤、海岸堤防や護岸等のハード対策を講じ、津波ハザードマップを整備していても、既存の対策を絶対視することはできず、一定の想定の範囲を超える事態においても命を守るための津波避難対策を重点的に強化していく必要があります。

ハード面における津波対策として、これまで海岸堤防・護岸の整備が進められてきました。
海岸における津波に対する高さの現状は、全国の海岸保全施設延長約1万5千kmのうち、約59%は想定津波高よりも高く、約17%は想定津波高より低くなっており、また、約24%は想定津波高が未設定か調査未実施となっています。
東日本大震災のような最大クラスの大津波を完全に押さえ込むことは困難であるとしても、津波の威力を低減させる効果を有する施設の整備については、東日本大震災の大津波による施設の被害状況の検証も踏まえつつ、地域の実情に応じ着実に進めていく必要があります。

また、ソフト面の対策として、津波ハザードマップにより、想定津波高や防波堤、防潮堤、海岸堤防や護岸等の効果を考慮し、浸水予想区域や施設の危険度を事前に点検し、どの程度の津波が発生すれば、地域のどのエリアが危険かを示すことは、津波避難の重要な拠り所となります。
東日本大震災の大津波の教訓を踏まえ、どの程度の津波を想定するかは大きな課題となりますが、津波ハザードマップの整備水準は現状においても十分とはいえない状況にあるようです。
津波ハザードマップを整備している市町村は、全国653の沿岸市町村のうち53%にとどまっているほか、津波浸水予想地域を特定した上で津波避難に関する具体的な対策を定めた計画を策定している市町村も41%となっています。
こうした取組みを実施していない市町村では、作成したいが作成方法や手順が不明等の理由を挙げており、対策を進めるための技術的な支援が求められているのが現状です。
今後更に、津波ハザードマップの整備促進を図るとともに、従来の津波ハザードマップについてもその改善・充実を図っていく必要があると思います。
こうした一定の想定を置いたハード・ソフト対策の充実・強化を進める一方で、想定を超える事態も考慮し、なんとしても命を守るためには、何より迅速な避難対策を重点的に強化していく必要があります。
津波災害から命を守る最大の対策は、できる限り高い場所に迅速に避難することであす。
このため、避難場所と避難ルートの再点検が不可欠です。
特に、避難時間が限られる近地津波災害の場合、遠くへの避難より近くの高い場所への避難が優先されることになります。
また、地域で増加する高齢者や障害者、妊産婦や乳幼児など、災害時要援護者の避難支援に最大限配慮することも大きな課題となります。
地域の実情に応じ、浸水エリア外の高台への避難が可能かどうか、それが困難な場合や想定を超える津波が襲来する場合にも備え、浸水エリア内にも高台がない場合には、強固な高層ビル等の避難場所を確保する必要があります。
これまで、津波避難ビル等の指定を行っている市町村は21%にとどまり、74%の市町村は指定を行っていないものの、指定数は年々増加しており、約半数は民間の施設となっています。
東日本大震災の大津波において、鉄筋コンクリート構造物など建築物被害についての詳細な実態調査を踏まえつつ、民間のビルやマンションも含め津波避難ビルとしての利用促進や新たな避難施設・避難路の整備を図る必要があります。
 

瓶ヶ森の絶景

瓶ヶ森の絶景を紹介します。

瓶ヶ森(かめがもり)は、四国山地西部の石鎚山脈に属する山で、西条市の南部、高知県との県境近くにある標高1897mの山です。
瓶ヶ森は、日本三百名山および四国百名山の一つに数えられ、愛媛県では、石鎚山、笹ヶ峰とともに「伊予の三名山」と呼ばれています。
愛媛県第三の高峰で、四国でも二ノ森 に次いで5位、西日本でも八経ヶ岳に次いで7位となります。
瓶ヶ森の名称は山頂西側の湧水のたまる瓶壺に由来しています。
登山家の人たちはずっと下から何時間もかけて登ってくるのですが、瓶ヶ森が人気を集める一番の理由は、頂上近くまで瓶ヶ森林道が通っていて、1時間で簡単に登頂できる”超”初心者向けの山だからです。
天候さえ良ければ特別な装備なしに行ける山として、不動の人気を集めています。
瓶ヶ森の登山口へのアクセスは瓶ヶ森林道(元々の呼び名は『雄峰ライン』と呼んでたそうですが、この付近でUFOの目撃情報が多いことから、UFOライン呼び名になったそうです)を利用することになりますが、R194号線側、寒風山トンネルから瓶ヶ森登山口までの区間は、四国の中でも特に美しい景観を楽しめることで有名です。

なだらかな笹の平原と白骨林の群生は多くの登山客を魅了し、「四国のパノラマ台」とも呼ばれています。
山頂は、女山(めやま)と男山(おやま)の二つを有し、その山頂には蔵王権現や石土古権現が鎮座しています。
山岳信仰の面影を感じられるのも魅力のひとつです。
初心者ルートを利用すれば子連れでも安心でき、笹原がサラサラとたなびく道をゆったりと堪能することができます。
最近では、登山口へと向かう瓶ヶ森林道が『TOYOTA・CAROLA SPORT』のCMで起用されたことでも話題となりました。

ただし、瓶ヶ森登山口までのアクセスに利用する瓶ヶ森林道は、毎年12月〜4月のあいだ冬季閉鎖されます。
その間は登山口まで、かなりの距離を徒歩で移動することになるだけでなく、本格的な冬山装備が必要になります。
冬季閉鎖の期間は気象条件により前後することがあるため、事前にいの町観光協会に問い合わせて確認する必要があります。

15023.jpg
頂上より夕方の瀬戸内海を望んでいます。

15038.jpg
友人が撮った写真ですが、これは絶景です。
こんな夕日、山頂でないとなかなか見れないと思います。

15040.jpg
石鎚山の方向を撮った写真です。
青空に、薄い夕焼け色がマッチして、オーロラをイメージさせるような景色になっています。

絶景ですが、危険な「トロルの舌」

トロルトゥンガ(Trolltunga、トロールの舌)は、ノルウェーホルダラン県オッダの町の北東にあるダム湖(the lake Ringedalsvatnet)の北側の高さ約700メートルの山の崖から水平に突き出た岩塊で、山の標高約1,000m付近にある絶景スポットです。
崖は、ハルダンゲル・フィヨルドから分岐するフィヨルド(Sørfjorden)の沿岸にあるチッセダル村の10キロメートル東方の地区(Skjeggedal)の東に位置しています。
断崖絶壁から突き出た岩盤が、ノルウェーで語り継がれる岩の妖精トロルの舌のように見えることから、トロールの舌(The Troll's tongue)と呼ばれています。
SNSに投稿された写真からトロルの舌の名が広がり、世界中から登山客が訪れる人気の絶景スポットとなりました。
曇りの日は雲海を、晴天の日はノルウェー「5大フィヨルド」のひとつとも称される眺めを楽しむことができます。
この場所は、柵など一切建てられていない崖っぷちなので、極めて危険な場所です。

トロルの舌の崖は先カンブリア時代の基盤岩の一部で、氷河の先端が崖に到達した約1万年前の氷期に形成されました。
氷河の水は山の割れ目を凍結させ、その結果大きな角ばった岩の塊をへし折り、塊は氷河の流れと共にその場から持ち去られました。
基盤岩である片麻岩の崖に沿って、深い亀裂が引き続き存在しています。
トロルトゥンガへの登山道もまた、片麻岩を含む削られた滑りやすい基盤岩の上を通っています。

片麻岩は、広域変成岩の一種で、縞状(しまじょう)構造は著しいのですが、片理や劈開(へきかい)の弱い、中粒ないし粗粒の岩石です。
元来は花崗岩と同じように、石英、長石、雲母を主成分とするものをさした用語であったのですが、いまでは組成を限定せずに用いられています。
岩石の化学組成いかんによって、ざくろ石、菫青(きんせい)石、珪線(けいせん)石などを含むことが多いのが特徴です。
普通角閃石で特徴づけられる片麻岩や、石灰ざくろ石、珪灰石、透輝石などを含む石灰質のものもあります。
片麻岩はいずれにせよ、比較的高い温度条件(400~600℃)で生成します。
ある種の片麻岩では、縞状構造の白色部が花崗岩のような組成と組織をもち、あたかも花崗岩マグマが縞状に注入されたようにみえるため、注入片麻岩と呼ばれています。
また、変形作用が強いため、長石を取り巻く他鉱物が細粒化し、長石が眼球状を呈するものもあり、これを眼球片麻岩と呼んでいます。
日本では北海道の日高帯、本州の飛騨(ひだ)帯、領家(りょうけ)帯、阿武隈(あぶくま)帯などの変成帯には、片麻岩の広く分布する区域があります。

トロルの舌(トロルトゥンガ)
ノルウェーのオッダという町にあるトロルの舌は、Ringedalsvatnet湖から700m上にある断崖絶壁から突き出た薄い岩が特徴の絶景スポットです。
「この場所から見る雄大な自然に感動すること間違いなし」がうたい文句ですが、そんな余裕があるかどうか疑問です。

1
トロルの舌に人がいます。
手摺りも何もなく、こんなところを立って歩けるのも勇気がいると思います。
現地報道では、2015年、9月5日(土)、1人の女性が記念撮影をしようとして、バランスを崩し、崖から200〜300メートル下に転落し、命を落としたそうです。
これが地元の関係団体が把握する限り、現場での初の死亡事故だそうです。
死亡したのは、ベルゲン大学に通うオーストラリア出身の留学生 、Kristi Kafcaloudisさん(24)だそうです。
学生は、ベルゲン大学の人間科で、音楽と文化の科目を8月から勉強し始めたばかりだったそうで、当日は2人の友人と一緒だったとのことです。
30人ほどの地元の学生たちと自主的に集まり、一緒に行動していたとみられ、ベルゲン大学が主催する登山ツアーではなかったそうです。
事故が起きた時刻は18〜19時頃と、トロルの舌の頂上への到着時刻としては、遅めの時間帯だったそうです。
標高約1100 メートルあるトロルの舌は、登山の往復で8〜10時間はかかるそうです。
崖の先端での記念撮影写真は、そのあまりにも危険な背景が話題となり、SNSなどのインターネットで拡散されやすく、国内外の旅行や写真雑誌、テレビなどをはじめとして、「一生のうちで訪れておきたい世界の絶景スポット」として頻繁に紹介されています。訪問者は年々増加しており、2014年の登山者は4万人ともいわれています。
トロルの舌は自然の一部であるため、国民の共通財産だそうです。
国や民間施設がエリアを取り締まる事はなく、誰もが自由にアクセスできますが、「なにがおきても自己責任」という認識が、社会的に広がっている国ということもあり、トロルの舌をはじめとする「絶景=危険エリア」はどこも一般開放しています。
事故が起きても、誰かに責任を問うことが難しいようです。
でも、トロルの舌は、オーロラやフィヨルドに次ぐ、ノルウェーの観光名所として世界的に認識されつつあります。
これからも事故が発生するであろう状況に、地元がどう対応していくかは、今後の課題となりますが、あの岩塊に乗るのであれば手摺りくらいは必要だと私は思います。

松山市にある「三津の渡し」

松山市三津浜にある渡し船「三津の渡し」を紹介します。

愛媛県松山市の中心部から北西に位置する三津浜は、夏目漱石の小説『坊っちゃん』で坊っちゃんが松山に赴任した際、最初に降り立った場所と言われています。
松山市の中でも、古い町家の残る港町には、約500年ほど前から運行されている歴史のある渡し船「三津の渡し」があります。
海上の公道である「三津の渡し」は、無料で対岸の港山に行ける渡し船です。
船に乗るときは近くにあるインターホンを押すと来てくれます。
わずか数分間の船旅ですが、古い建物の残る港町ならではの特別な体験ができます。
この渡し船のルートの正式名称は「松山市道高浜二号線」であり、 「道」として扱われています。
規模は違いますが、愛媛県の三崎港から大分県の佐賀関港の海上ルートが「国道九四フェリー」として国道197号海上区間であるのと一緒です。
この港は湾が入り組んでいるので、対岸まで渡ろうとすると2kmほど歩かないといけませんが、渡し船に乗ると約2分の乗船で、対岸に着きます。
毎日移動することを思うと、ありがたい存在だと思います。
一人でも乗り込むと出港します。
年中無休で、しかも無料です。
船は基本的に三津側で待機していますが、対岸の港山側に人影が見えれば迎えに来てくれるそうです。
見つけられないときには、呼び出しボタンもあります。
周辺は 石造りの建物や土壁の屋敷など、古い建物が並びます。
空き家活用のための町家バンクもあり、近年では古民家を利用したカフェやショップがオープンするなど、注目のエリアです。
渡し船と合わせて、レトロでのんびりした町歩きが楽しめます。

ルート
渡し船だと80mですが、陸路だと約2kmの距離があります。

三津の渡し
「三津の渡し」は約80mの距離を結ぶ、定員12名の小さな渡し船で、地元の人の足として利用されています。

木製の素朴な船にちょこんと乗った操舵室は小さな小屋のよう。 エアコン完備で意外と快適そうです。
木製の素朴な船にちょこんと乗った操舵室は小さな小屋のようです。
夏にもエアコン完備で、乗っていて快適だそうです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR