FC2ブログ

蔵王連峰の「御釜」

「御釜」は、蔵王連峰の象徴ともいうべき火口湖です。

「御釜」は、火山噴火によってできた火口湖のことで、外輪山に囲まれた姿が「お釜」に似ていることからお釜と呼ばれているそうです。
湖水は美しいエメラルドグリーン色で、太陽光線の当たり方によって色が変わって見えることから五色沼とも呼ばれています。
蔵王は、あの「日本百名山」の1座でもあり、蔵王刈田岳山頂駐車場からぱ徒歩5分で、お釜を一望できる展望台に行けます。
また、展望台まではバリアフリー対応になっています。

「御釜」のあるエリアはカルデラですが、その外輪山の東側は崩壊しています。
外輪山の尾根をたどると北側が「ロバの耳岩」辺りから西側の「馬の背」を経て南側の「刈田岳」(標高1758m)に至るラテン文字のC形、あるいは、馬蹄形になっています。
この外輪山の内側に標高1674mの「五色岳」という中央火口丘(後カルデラ火砕丘)があり、この西側中腹に直径約400mの爆裂火口があります。
この火口の底に水が溜まってできた火口湖が「御釜」です。

蔵王の火山活動は、約100万年前から始まったとする説もありますが、近説では、70万年前には始まっていたと考えられています。
約3万年前には山体崩壊が発生してカルデラが形成されました。
その後、約3000年前から2000年前頃の活動で外輪山の東側が崩壊し、現在のような東側に開いたC形あるいは馬蹄形の形となっています。
約2000年前からは外輪山の内側での活動により中央火口丘である五色岳が形成されました。
当初の火口は、現在の五色岳の最高部の南側で、現在の「御釜」の中心から見て南東方向にある窪地だそうです。

馬の背から見る御釜
馬の背から見る「御釜」です。
深いエメラルドグリーン、翡翠のような緑色の湖水がよく見えています。
ここから見る「御釜」が一番いいそうです。

蔵王ハイライン方面の紅葉
蔵王連峰では、冬は「樹氷」が見られるのですが、この秋の紅葉は素晴らしいの一言です。
スポンサーサイト

サンプラーとその適用について

我が国で広く用いられるサンプラーとその適用について、調べてみました。

(1)標準貫入試験用サンプラー
(レイモンドサンプラー)
①ピストンの状態
な し
②必要なボーリング孔径
66 ㎜以上
③概略の適応土質
礫、玉石を除くすべての土
④採取試料の状態
乱した試料
⑤特 徴 と 留 意 点
打ち込みによって試料を採取する。
採取試料は観察するとともに物理試験用とすることができます。
砂礫や砂層では、含水比が変化した状態で採取されることがあり、注意が必要です。

(2)シンウォールサンプラー
固定ピストン式シンウォールサンプラー
①ピストンの状態
固 定
②必要なボーリング孔径
86 ㎜以上
③概略の適応土質
軟らかい粘性土
N値0~4
(水圧式はN値0~8)
④採取試料の状態
乱れの少ない試料
⑤特 徴 と 留 意 点
我が国では、軟らかい粘性土の乱さない試料採取に最も信頼度の高いサンプラーとして広く用いられています。
従来からのエキステンションロッド式と水圧式に分けることができます。
ライナーの剛性は高いが採取後の試料の取り扱いに注意が必要です。

(3)デニソン型サンプラー

(ロータリー式二重管サンプラー)
①ピストンの状態
な し
②必要なボーリング孔径
116 ㎜以上
③概略の適応土質
中位~やや硬い粘性土
N値4~14
④採取試料の状態
乱れの少ない試料
⑤特 徴 と 留 意 点
内管と外管よりなり、外管は回転して地盤を削ると同時に、内管は試料を採取します。
内管には普通シンウォールチューブを使用します。
ライナーの剛性は高いが採取後の試料の取り扱いに注意が必要です。

(4)トリプルサンプラー
(ロータリー式三重管サンプラー)
①ピストンの状態
な し
②必要なボーリング孔径
116 ㎜以上
(使用する器具の形式による)
③概略の適応土質
中位以上の粘性土
N値4以上
砂質土
適:N値10 以下
最適:N値10 以上
④採取試料の状態
乱れの少ない試料
⑤特 徴 と 留 意 点
デニソン型サンプラーの改良型で、サンドサンプラーとも呼ばれます。
粘性土も採取可能です。
ライナーは硬質塩化ビニール管またはアクリル樹脂製です。
ライナーの剛性が低いため、採取後の試料の取り扱いや使用するライナーの内外面の変形・損傷に対する注意が必要です。

愛媛県の松山城

日本一高くて美しい松山城を紹介します。

 
松山城の本丸から天守閣を見上げた写真です。


大天守から本丸を見ています。
右側には馬具櫓や太鼓櫓が見えます。
すごく広い本丸です。

  
天守閣の周辺の様子です。


松山城とその周辺の様子です。

高知県の「ひろめ市場」

高知県の「ひろめ市場」を紹介します。

高知市の中心部・帯屋町(おびやまち)アーケードの西端に「ひろめ市場」はあります。
ここは、昼間から地元客と観光客が入り乱れて酒を酌み交わすという、いかにも酒好きな県民が多いといわれる高知県らしい名所だそうです。
1998年のオープン以来、いまだ客足が衰えない人気スポットです。


「ひろめ市場」の「ひろめ」は、土佐藩の名家老「深尾 弘人蕃顕(ふかお ひろめしげあき)」の屋敷があった場所から来ているそうです。
明治になって屋敷がなくなった後も、屋敷跡地周辺は「弘人(ひろめ)屋敷」と呼ばれていたそうです。
この「弘人屋敷」に商店街活性化のために平成10年に「ひろめ市場」が作られています。


和洋中の飲食店約40店、お土産物屋などの物販店約20店が入った、大きな屋台村をイメージした施設です。
いろんなお店から料理や飲み物を買って、好きな席で土佐の味が楽しめます。
初めての人の場合、そんな巨大宴会場の熱気に圧倒されます。
空席もなかなか見つかりません。
メインの「お城下広場」はいつも混み合っていますが、「いごっそう横丁」など路地のテーブルも混み合っています。

軽乗用車も白いナンバープレートにできる

白いナンバープレートを付けた軽乗用車が増えています。

きっかけは、ラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪・パラリンピックを記念する白色プレートの交付です。
期間限定で軽自動車のナンバープレートの色(黄色)を「白」に変えることができる「特別仕様ナンバープレート」です。
まず、ラグビーのワールドカップが、2019年に日本で開催されることが決まり、この大会を記念してラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート(図柄入り)が発行されました。
そして、2020年東京オリンピック・パラリンピックの「特別仕様ナンバー」も発行されることが決まりました。
オリンピック・パラリンピックを支援する寄付を1,000円以上すると「図柄」&「エンブレム」の入ったナンバープレートを選ぶことができます。
また、寄付金は、東京都では100円刻みで100万円まで可能だそうです。
愛媛県もたぶん一緒だと思います。
寄付をしない場合は、「エンブレムのみ」が入ったナンバープレートのみになります。
寄付をした場合では、エンブレム付きナンバープレートで2種類を選択することができます。
どちらのナンバープレートもオリンピックとパラリンピックのエンブレムが入ったものが2枚1組で交付され、前後どちらに付けても良いことになっています。
そして、ナンバープレート代金は別にかかります。
愛媛だと、普通自動車 中板:8,930円、大板:15,210円 軽自動車 8,900円です。
この「特別仕様ナンバー」は、自家用車と事業用車が対象です。
「わ」ナンバーや「A B(駐留軍)」ナンバー、バイクなどの二輪自動車は対象外です。
事業用車の「緑色ナンバー」や軽自動車の「黄色ナンバー」も白のナンバープレートになります。
具体的には下記の図のように、今ついているナンバーを「図柄入りナンバー」に交換することができます。

<自家用車(白色ナンバー)のデザイン>
東京オリンピック記念ナンバー 自家用車

<事業用車(緑色ナンバー)のデザイン>
東京オリンピック記念ナンバー 事業用

<自家用軽自動車(黄色ナンバー)のデザイン>
東京オリンピック記念ナンバー 軽自動車

軽カラー
愛媛県は、現在では、愛媛のPRのため、「愛媛ナンバー」へ「みきゃん」の図柄を導入しています。
「愛媛ナンバー」のデザインは、昨年、県民の皆様へ意見募集の上、瀬戸内海と太陽に見立てたみかんの断面をモチーフに「みきゃん」をあしらった図柄に決定しました。
新車でも、現在使用している車でも取り付け可能で、使用している車のナンバーは一部を除き、番号を変えずに取り付け可能だそうですが、上の写真のように、事業用の普通自動車には「緑色」、軽自動車には「黄色」の縁取りがあります。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR