FC2ブログ

マスターズでの錦織圭の活躍

テニスのマドリード・オープンで男子シングルスの決勝の舞台に錦織圭が立ちました。
4大大会の次に格の高いマスターズ1000の大会です。
そして相手は現在の世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)です。
テニスを趣味にしている私にとって、すごく楽しみな試合でした。
そして、日本人の選手が出場することすら難しいこんな大きい大会の決勝に残るのは、夢のまた夢みたいな気分でした。
でも、錦織圭は立ちました。
第1セットはあのナダル相手に6―2です。
第1ゲームのナダルのサービスゲームはともかく、ほかのゲームはすべて錦織圭が優勢でした。
第2ゲームも4―3までは完璧でした。
欲を言えば6―1で勝っていたら腰付近の痛みが悪化する前に錦織圭の優勝で終わっていたのかも知れません。
それくらい、きょうのナダルよりも錦織圭の方が実力は上に見えました。
なにはともあれ快挙です。
今までは、錦織圭以外の日本男子が、テレビでマスターズ1000の大会に出ていることすら見たことがありません。
それくらい格の高いテニス大会です。
そして、テニスは、身体能力が大きく影響するスポーツで、サービスでも背の高い人が絶対的に有利です。
そのため「背が低い日本人は活躍できない」とよく言われてきました。
現在でもトップ10の選手の平均身長は190.2㎝ですが、それに対して錦織選手は178㎝です。
これだけでも圧倒的に不利です。
でも、やってくれました。
錦織圭は12日発表の世界ランキングで、日本男子初のトップ10入りとなる9位に浮上するそうです。

「よく松岡さんはグランドスラムでベスト8に入ったって比較する人いるじゃないですか。カチンときちゃう。松岡修造と錦織圭を同じにするなって感じですよ、こっちとしては。圭はベスト8からどんどん行く選手。僕はまぐれで一回跳ねた人。全然テニスの才能が違う。僕は11歳で彼を見た時から、いってみれば才能の師匠。教えたことなんて一回もない」
これは、松岡修造さんの錦織圭に対する熱いコメントです。
松岡修造さんには悪いけど、私もそう思います。

「彼は数年後には確実にTOP10、いやTOP5に入ってくるだろう。100%間違いない」
これは、ジュニア時代の錦織圭を見たナダルとフェデラーのコメントです。
実際に、ナダルがその年の男子シングルス決勝の直前練習で、練習相手として、ジュニア時代の錦織圭を指名しています。

もうすでに錦織圭は、日本の錦織圭から、世界の錦織圭になったのかも知れません。
優勝したバルセロナ・オープンと、今回のマドリード・オープンを見てそう思いました。
スポーツが違いますが、若い頃、甲子園で活躍する池田高校を見て、この高校は四国ではないと感じたのと何か似ています。
早く怪我を克服して、次のフレンチかウインブルドンで頂点に立つ姿を楽しみにしています。

大相撲は

私は大相撲を見るのは好きなんですけど、今の現状には全く満足していません。
これは、スカウトのありかたが間違っているのかと思います。
日本人が強いのか弱いのかは別として、大相撲は日本人が横綱になることが必要なんです。
今の現状は間違いです。
一刻も早く日本人だけの大相撲にすべきです。

パラリンピックが始まりました

パラリンピックが始まりました。
でも、実際には、始まりましたと言うよりは、始まっているみたいですと言うほうが正しいかも知れません。
それほどテレビで報道しません。
NHKで、申し訳程度の試合結果と、Eテレで午後8時台に放送しているのみで、まるで静かです。
でも、選手の皆さんは活躍しています。
たった2日間で、金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル2個です。
オリンピックよりもいい成績です。
それだけではなく、特に、金メダルをとったアルペンスキー競技の座位(シッティング)クラスは、本当に大変な競技です。
座って滑るのだけでも大変なのに、滑降や大回転など、急斜面だけでなく、コントロールも必要です。
時速100kmを超えるスピードで競うこの種目では、転倒した場合の危険性は言うまでもありません。
パラリンピックに選手として出るまでに、いくら転倒したのかは数え切れないことと思います。

パラリンピックは、スカパーJSATで、日本初の「24時間パラリンピック専門チャンネル」を開設し、生中継60時間を含む、200時間以上の連続放送をしているそうです。
放送は無料で、スカパー!の契約者以外でも、「2週間お試し体験」サービスに登録すれば無料で視聴が可能だそうです。
また、動画配信サービス「スカパー!オンデマンド」に登録すれば、パソコンやスマートフォンなどの携帯端末でも見ることができるそうです。
それでも、こんな4年に1度のイベントはNHKで頻繁に放送すべきだと私は思います。
オリンピック・パラリンピックと、同列に並べているのに、放送にこれだけのえこひいきはどう考えても納得がいきません。

箱根駅伝に出場した大学と襷の色

今年も箱根駅伝は盛り上がっていました。
襷の色も色とりどりで、各大学のカラーが出ています。

箱根駅伝に出場した各大学の襷の色の呼び名を調べてみました。
重複している色もあります。
臙脂は早稲田大学だけだと思っていましたが、立命館大学もそうなのですね。
箱根駅伝は、関東だけなので立命館大学は何故と思っていましたが、戦前に関西大が3回出場(第9、12、13回)し、第40回の記念大会では、オープン参加で立命館大と福岡大が出場しているそうです。

中央大学
日本大学 桜色(ピンク)
早稲田大学 臙脂(えんじ)
法政大学 紺とオレンジのツートーン
東洋大学 鉄紺(紺色)
東京農業大学 松葉緑
専修大学 臙脂(えんじ)と深緑のツートーン
日本体育大学
筑波大学 筑波紫
明治大学 紫紺
順天堂大学 白赤のツートーン
※ユニフォームは茄子紺(深い青色)
駒澤大学 藤色
神奈川大学 プラウドブルー(紫紺色)
大東文化大学 ライトグリーン
国士舘大学 青・赤のツートーン
(第85回までは黄土色)
東海大学 白紺のツートーン
拓殖大学 オレンジ
亜細亜大学 萌黄・空色のツートーン
慶應義塾大学 水色
立教大学 紫紺
山梨学院大学 プルシアンブルー
青山学院大学 ビビッドグリーン
日本歯科大学 不明 (現在は予選会にも参加していない)
中央学院大学 ブリリアント・パープル
帝京大学 ファイアーレッド(深紅)・灰色のツートーン
横浜国立大学
城西大学 黄色
東京学芸大学
國學院大學 桃紅・黒のツートーン
横浜市立大学
関東学院大学
上武大学 黒・銀のツートーン
東京大学 淡青
平成国際大学 フラッシュオレンジ・青のツートーン
防衛大学 不明
成蹊大学 不明
埼玉大学 不明
関西大学 不明
立命館大学 臙脂(えんじ)
福岡大学 赤

亀田家の快挙

昨日、プロボクシングIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチがあり、元WBA世界フライ級王者の亀田大毅が3-0の判定で同級4位ロドリゴ・ゲレーロ(メキシコ)を下し、新王者となりました。

長男の亀田興毅、三男の亀田和毅との3兄弟同時世界王者は史上初だそうです。
亀田家は、一昔前は、いろいろな生意気な発言で、時にはひんしゅくをかう事もありました。
亀田大毅は、特に2007年の内藤大助戦を前に、内藤をゴキブリ呼ばわりし物議をかもした揚句、試合中に反則を繰り返しマスコミからバッシングを浴びたこともありました。

3兄弟同時に世界王者になるのは、並大抵の努力ではないはずです。
私の目から見ると、大毅は、長男の興毅や三男の和毅に比べ、ややボクシングセンスに劣ると思います。
それに、二人は体重52.16~53.52kgのバンタム級の王者ですが、大毅はそれより軽い50.80~52.16kgのスーパーフライ級です。
身長171cmの和毅はともかく、身長169㎝の大毅は、身長167㎝の興毅よりも軽い階級です。
減量とかで、ものすごく努力をした上で勝ち取った勝利だと思います。

大毅は、「和毅や兄ちゃん(興毅)は強いから王者になれる。オレが王者になれたんはオヤジのおかげやな」と支えてくれた父親の史郎さんに感謝しています。
最後も「これで世界一の3兄弟になれた。これからも応援よろしくお願いします」とお礼の言葉で締めました。
未だに亀田家が嫌いな人も多くいますが、もうぼつぼつ認めてあげてもいいのではないでしょうか?
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR