新潟県の「清津峡」と「清津峡峡谷トンネル」

雄大な岩礁と清流からなる日本有数の景勝地「清津峡」を紹介します。

「清津峡」は、新潟県十日町市小出から湯沢町八木沢にかけての全長約12.5kmの渓谷で、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷です。
昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、その荘厳なる閃緑ひん岩と柱状節理の美しさから、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つに数えられています。
清津川を挟んで切り立つ巨大な岸壁がV字型の大峡谷をつくり、雄大な柱状節理の岩肌とエメラルドグリーンの清流が、訪れる人々に深い感動を与えます。
観賞用として「清津峡峡谷トンネル」があり、中にある4つの見晴所から雄大な渓谷美を堪能できます。
この「清津峡峡谷トンネル」ですが、これを造ったのには経緯があります。
昔は、清津川に沿って、清津峡温泉から八木沢にぬける遊歩道(登山道)があり観光客の立入、通行が可能だったのですが、春先はなだれや残雪で通行不能だったり、また大小の落石や土砂崩れが頻発し、大変危険な道でした。
こんな中、1988年(昭和63年)7月、落石が頭にあたり男性1名が亡くなるという事故が発生しました。
以来、通行の安全が保証できないということで、この歩道は通行はもちろん立ち入りも一切禁止となりました。
これにより、温泉街から奥に入ることができなくなり、もっとも柱状節理の渓谷美が見事な場所(屏風岩)を見ることができないという状態が続きました。
地元や観光客から、せめて渓谷美だけでも見られるようにしてほしいという要望が多く、環境庁(国立公園担当)、文化庁(天然記念物担当)、新潟県などの関係機関と地元中里村との間で検討が始まりました。
そこで、
①閉鎖した遊歩道の再開は不可能
②岩が崩れやすく安全な歩道の整備は困難
③国立公園内であり、外観を損なう大規模な人工物の建設は認められない
④国立公園とはひろく国民に利用されることが目的であり、観光資源としてもこのまま放置しておくことはできない
などのことから、歩道の代替施設として、安全に通行でき外観を損ねない歩道トンネルの建設が決まりました。
新潟県の補助金をうけ、中里村が事業主体で、総工費約20億円です。
平成4年に着工され、平成8年10月1日に「清津峡渓谷トンネル」としてオープンしました。
完成によって、閉鎖されてから8年ぶりに、清津峡の渓谷美がその一部ではあるが見られるようになりました。
ただし、川沿いの遊歩道は、現在も立ち入り禁止となっており、山越えの登山道が整備されています。
川沿いの遊歩道に比べるとつまらないとか、トンネルが長くて見るところが少ない等々、不満の声もあるそうですが、頭上(天候や落石)や、足もと(段差や石など)を気にせず安全に鑑賞できることや、ベビーカーや車椅子の利用ができます。

[ V字谷 ]  左右に切り立つ柱状節理の絶壁。V字谷のパノラマに圧倒されます。

左右に切り立つ柱状節理の絶壁「昇天閣」です。
V字谷に入り込んでいる臨場感に圧倒されます。
清津峡は信濃川の支流である清津川によって作られた渓谷で、1941年に国の名勝と天然記念物に指定されています。

[  ]  第二見晴所。ここは丸淵と呼ばれており、川が蛇行して流れています。

ここは丸淵と呼ばれ、川が蛇行して流れています。
下流方面は順光となり手前の崖と奥の崖の陰影差が強く出ます。

[  ]  第二見晴所(丸淵)の正面。くの字に曲がる川と柱状節理の絶壁。

正面を見ると川が曲がっており、その奥に迫力ある柱状節理の絶壁が見えます。
柱状節理(ちゅうじょうせつり)とは、マグマがゆっくりと冷え固まるときに五角形・六角形の柱状になった岩のことです。

[  ]  1996年に全長750mの「清津峡渓谷トンネル」が完成し、3つの見晴所とパノラマステーションからの眺めを楽しめるようになりました。

「清津峡」では以前は、川沿いの遊歩道を歩いて眺望ポイントに行っていましたが、落石事故により死者が出たため、1996年に全長750メートルの歩行者専用トンネル「清津峡渓谷トンネル」が作られ、安全に眺望を楽しめるようになりました。
駐車場は3ヶ所(約200台)入坑口で料金(大人:600円)を払い、清津峡渓谷トンネルに入ります。
4ヶ所の見晴所、終点にはパノラマステーションが設けられており、柱状節理の渓谷美を味わうことができます。
トンネル入り口から第一見晴所までは、清津峡の成立ち、四季などを紹介する展示スペースが続いています。
このような、コンクリートだらけのトンネルを歩くのは何か味気のない気がしますが、やはり安全が一番ですね。

清津峡渓谷トンネル施設案内
「清津峡渓谷トンネル」の施設案内です。

松山市の「奥道後」について

愛媛県松山市の「奥道後」を紹介します。

「奥道後」は、石手川上流の渓谷に来島どっくグループが開発した滞在型リゾート施設で、ホテル奥道後を中心とした温泉レジャーランドです。
温泉は、湧出量が豊富なので浴槽は全て掛け流しで使用しています。
さらに松山市中心部の銭湯のほか、保養所、旅館も引湯しています。
温泉地の中心は、広大な敷地を誇る「奥道後 壱湯の守」です。
男女各7種からなる浴槽の敷地面積約1508㎡の大露天風呂は西日本最大級の広さで、アルカリ性単純硫黄泉(pH9.4)の泉質で湧出量が毎分約400Lの豊富な源泉を湧き出しています。
そして、「奥道後」では、四季折々で多彩な花々が咲き競います。
春には辺り一面に咲き誇る『桜』をはじめ、遊歩道の『藤棚』、初夏に『さつき展』、秋には『菊花展』、『紅葉』と、一年を通して美しい花景色です。

「湧ヶ淵」の伝説があります。
この界隈は、昔からこの川沿いの周辺に温湯の湧きでているところがあることから「湧ヶ淵」と呼ばれ、数億年の歳月をかけて水の流れが作り上げた花崗岩の渓谷で、奇岩奇跡は大自然の造形の美の深さを物語っており、全国でもまれな景勝の地として知られ、この淵にまつわる伝説として次のような興味深いものが語り伝えられています。
この渕に大蛇が棲み夜な夜な美女に化身して通行人をたぶらかしては、蒼く澄んだ渕に誘いこみ命を奪うなどの害をおよぼしたとの言い伝えがあります。
そこで、湯山菊ヶ森城主三好長門守秀吉の長男蔵人三郎秀勝が一夜ひそかに渕のほとりに潜んで突如水上に現れた美女めがけて鉄砲を打ち込んだところ、天地も崩れんばかりの鳴動と共に渕の水は渦を巻き、その中にのたうち廻る大蛇の姿が見えたそうです。
翌朝、果たして大蛇の死骸が浮かび血の川の流れは三日三晩つづいたそうです。
それ以来怪しい美女は二度と現れなかったそうです。
この大蛇の頭骨と文献はその後、三好家に代々伝えられていましたが、「奥道後」の開発事業が進むにつれて三好家よりこれを譲り受け、奥道後温泉の竜姫宮に神棚を設け供養されているそうです。

夏目漱石の句もあります。
「蛇を斬った 岩と聞けば淵寒し 漱石」


「奥道後」の全貌です。
桜の季節には素晴らしく華やかになります。
中央にはイベント会場があり、写真奥にはホテル本館やロッジが立ち並んでいます。


愛媛県松山市の奥座敷と言われる奥道後温泉からは、かつては松山市街を一望できる杉立山(松山市杉立町)に向けて観光ロープウェイ(奥道後ロープウェイ)が営業していました。
写真の左下にロープウェイが見えますが、中央の鉄塔はこのロープウェイの架線塔です。
奥道後ロープウェイは奥道後の観光開発の一つとして昭和39(1964)年にホテル奥道後が開業しています。
バブル期には多くの観光客で賑わっていましたが、社会情勢の変化と奥道後の観光産業が衰退した事に伴い乗客は激減し、遂に平成21(2009)年12月からは運行休止となり現在に至っています。

奥道後では藤が見頃です♪
奥道後園内の遊歩道には長さ1kmにも及ぶ藤棚があります。
毎年4月中旬~5月上旬になると、色鮮やかな紫色のトンネルができます。


遊歩道をずっと東に歩くと「不動滝トンネル」があります。
「不動滝トンネル」は50mほどの長さがあり、遊歩道と水路が折半しています。
トンネルの出口には破損した門が設けられています。
遊歩道が廃道となっていた平成20年2月現在では、この門が閉鎖ゲートの役割を果たしていました。
対岸から「不動滝トンネル」の出口を見ると、トンネル内水路から流れ出た水は瀑布となって石手川に降り注いでいます。
坑口には「不動滝」と記された看板も設置されており、地図や現地を見る限り、水路トンネルである「不動滝トンネル」を建設した目的は、用水とかではなく、観光目的だと思われます。
竣工したのは昭和30年代半ば頃のようです。

奥道後ロープウェイ08
「不動トンネル」から石手川の断崖を約50mほど進んだ遊歩道の終点には金閣寺を模した「錦晴殿」がありました。
この「錦晴殿」は、奥道後の創設者でもある故坪内壽夫さんが文化庁長官今日出海さんの兄である作家の今東光さんの依頼を受け、昭和36年に着手しました。
文化庁が保存していた図面を元に、文化庁職員の指導を受け、材料、寸法ともにあくまで焼失前の金閣寺を忠実に再現した建造物として高い評価を受けており、奥道後でも有数の観光スポットでした。
しました。金箔9万5千枚を使い、昭和41年に落成したそうですが、平成13年6月の大雨で土砂崩れが起き建物は崩落致しまし、以後は再建されないまま現在に至っています。

奥道後ロープウェイ02
奥道後駅に停車中の「あさなぎ号」です。(平成20年2月18日撮影)
この写真は、廃止される約2年前の奥道後ロープウェイ駅です。
運行時の奥道後ロープウェイは、9:30~16:30まで30分間隔の運転で、運賃は往復1,000円(小人500円)でした。


奥道後ロープウェイは、奥道後温泉から杉立山に向けて敷設されています。
「山麓つつじ園駅」から「山頂望海楼駅」まで、約20分程度の所要時間でした。
山頂では、「白雲楼」というバーベキューの食べれるレストランや喫茶「パーラー」それに動物の放し飼いもしていました。

トルコの世界遺産「ヒエラポリス-パムッカレ」

トルコに「ヒエラポリス-パムッカレ」という世界遺産があります。

「ヒエラポリス-パムッカレ」はトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名です。
この中の「パムッカレ」は、石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、「ヒエラポリス」は、ローマ帝国の都市の名前で、現在では遺跡が残っています。
トルコのデニズリ県に入ると、遠くに見える山肌が、一部分だけ白く輝いているそうです。
その光景はあまりに唐突に、突然現れるので誰もがびっくりするはずだそうです。
山の一部が白いのは、石灰を含む地下水が地熱で温められ、温泉となり、地上に流れ出た時に石灰分が周りのものに付着して残り、沈殿した結果作り上げられた景観だそうです。
「ヒエラポリス」は、紀元前2世紀に建設された古代都市です。
良質な温泉「パムッカレ」の丘の上に、温泉保養地として多くの人々が集まり、都市が形成されました。
「ヒエラポリス」は、聖なる都市という意味があるそうです。
2度の大きな地震で、今は廃墟となっていますが、古代ローマ時代の後1世紀から2世紀にかけて建造された円形劇場、共同墓地、公衆浴場などの立派な遺跡が残っています。
「ヒエラポリス」の遺跡を右手に見ながらしばらく坂道を歩いていくと、「パムッカレ」に着きます。
真っ白な棚田から、キラキラと輝くブルーの温泉が下の石灰棚に静かに流れ落ちる、幻想的で不思議な光景です。
「パムッカレ」とは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味です。
綿とあるのは昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地だったそうです。
ここは、二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウム(石灰)を溶かした地下水となります。
その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウムが沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出しています。
棚田の畦の部分は、流れてきた植物片などがひっかかり、これに石灰分が沈着して次第に堤のように成長します。
これは温水が畦を越流する時に石灰分の沈積が化学的に加速するためでもあるそうです。
このような景観が約200mの高さにわたって形成されています。
規模はずっと小さいのですが、同種の微地形が鍾乳洞内にもみられることがあり、これを「畦石池」と呼んでいます。

トルコの世界遺産パムッカレ02
ここが「パムッカレ」ですが、2世紀頃にはローマ帝国の温泉保養地として「ヒエラポリス」という都市が石灰棚の一番上に建設されています。
地震によって現在は廃墟となっていますが、ローマ時代の遺跡がごろごろしているそうです。


世界遺産に登録されている、トルコの「パムッカレ」ですが、まるで人の手によって造られたような、美しい純白の棚です。
大小合わせて100以上の棚のプールがあります。
丘陵地帯の石灰棚が弱酸性の雨によって溶け、地熱によって温泉となり沈殿した石灰が固まった結果、この芸術的な景観が生まれたそうです。
まるで雪景色のようですが、白いのは石灰によるものです。


「パムッカレ」の入り口にはパムッカレ・テルマルがあります。
温泉プールのような、天然の炭酸泉の温泉施設。大理石の柱など、ヒエラポリスの遺跡が足元にそのまま沈んでいます。
もともとは水の神を祭る神殿跡だそうですが、そんな場所を温泉プールとして開放しているのには驚きです。
一番深いところの水深は7mです。
でも、透明な温泉なので、底に眠っている遺跡の柱などがしっかりと確認できます。
水温は人肌ぐらいで、施設内は暖かい空気に包まれています。
果物が豊富なトルコらしく、店内ではたくさんのカットフルーツが売られています。

トルコの世界遺産パムッカレ08
「パムッカレ」とはトルコ語で「綿の宮殿」という意味です。
かつてはこの地域は綿花の一大生産地だったことに由来しているそうです。

トルコの世界遺産パムッカレ07
大勢が、この「パムッカレ」に観光に来ています。
この角度の写真だと高所恐怖症の人には少し怖いかもしれません。

トルコ旅行 パムッカレ 写真 画像
「パムッカレ」は現在景観保護のためほとんどが立ち入り禁止で 一部だけしか入ることができないそうです。
本来は、この石灰棚にはたっぷりのお湯が入っている超絶景だったそうですが、周辺の温泉ホテルの開発ラッシュでそちらにも温泉を供給したことで棚が枯れてしまったところもあるそうです。

7色に変色する神秘の池「オンネトー」

北海道の阿寒国立公園内にある「オンネトー」を紹介します。

「オンネトー」は、一日のうち7色に変色すると言われている神秘の池です。
池面の色が天候や時間、見る場所により青、緑、オレンヂなどに変化するそうです。
「コロボックル」の仕業かとも言われています。
「コロポックル」(アイヌ語: コㇿポックㇽ korpokkur)は、アイヌの伝承に登場する小人です。
アイヌ語で、一般的には「蕗(フキ)の葉の下の人」という意味であると解されています。
「オンネトー」は、阿寒国立公園の一番の景観だそうです。
四季の景観はそれぞれ美しく、特に紅葉の時期の「オンネトー」は最も美しいそうです。
天候に恵まれた時には、「オンネトー」の緑の池面、その背景に緑・赤・黄の山の木々、さらにその後ろに、噴煙をあげる雌阿寒岳と阿寒富士が快晴の青空の中にそびえたつ絶景だそうです。

「オンネトー」の名前の由来は、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味からきているそうです。
雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れが止められてできた堰止された池で、池水は酸性で魚類は棲めないそうですが、エゾサンショウウオとザリガニが棲息しています。
先に述べたように、池面が刻々と色を変えることから五色沼の別名もあるそうです。
波のない時は雌阿寒岳と阿寒富士を映し出すそうです。
阿寒湖から近い池ですが、流出河川の螺湾川は西方の十勝方面へと流れています。
近くには、オンネトー湯の滝もあります。
オンネトー湯の滝(オンネトーゆのたき)は、「オンネトー」の南東方向にある2つの滝です。
天然記念物で、日本の地質百選の1つでもあります。
地質は、新生代第4紀更新世における雌阿寒岳火山の安山岩溶岩で、標高800mのところで、落差30mあります。
かつては滝上の池が天然の露天風呂として利用されていたのですが、微生物によって酸化マンガンを生成する現象が発見され保護のため入浴禁止となったそうです。
1953年頃、辺りにはマンガン鉱山があり、3500トンのマンガン鉱石が採掘されています。
北海道大学の教授である針谷さんが、形成中の鉱床であることに気づき、1989年に学術調査が行われ、温泉水から微生物(糸状藻類とマンガン酸化細菌)がマンガン鉱物を生成する「生きている鉱床」であること、それは陸上においては「世界唯一の場所」であることが分かったそうです。
マンガン鉱物の析出は数千年前から継続していると考えられ、近年では年間1トン程度の生成とされています。
1992年には、万国地質学会議の出席者らによる視察し、1995年には、日独共同研究講演会が行われています。
2000年9月6日には「オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地」として国から天然記念物の指定(文部省告示 第144号)を受けました。
マンガン酸化物が沈殿するための3条件があるそうです。
①原水中のMn2+濃度が高いこと
②原水が無菌的であること
③有機物の提供があること
「オンネトー」は、湧き出る温泉水が上2つの条件を満たし、残りの条件は、崖にある糸状藻類が、マンガン酸化バクテリアに有機物を供給することで満たしていると考えられています。
泉源と滝斜面のシアノバクテリア(藍藻類)が光合成によって酸素を放出し、マンガン酸化菌がその酸素と温泉水中のマンガンイオンより二酸化マンガンを生成します。
そして、生成された二酸化マンガンは泥状となり池や滝の周囲に溜まっています。


「オンネトー」です。
緑や水色の池面、その背景に緑・赤・黄の山の木々、さらにその後ろに、雌阿寒岳と阿寒富士とわたあめ雲までが池面に映しだされています。


これも「オンネトー」ですが、上の写真とは池面が全く違います。


佐賀県の海食洞「七ツ釜」について

佐賀県唐津市の海岸には、「七ツ釜」という海食洞があります。

「七ツ釜」(ななつがま)は、7つの海食洞があるということから、「七ツ釜」と名付けられたと思われますが、実際には7つ以上の洞があります。
「七ツ釜」の洞窟を作っている岩石は、玄武岩ですが、その昔に、火山によって流れ出したマグマが玄武岩となり、さらに海水で急速に冷却されたことで、五角形や六角形の柱状に固まる柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達しています。
そして、玄海灘の荒波がその玄武岩を浸食し、現代の海から続く海食洞窟を作りあげたと言われています。
「七ツ釜」の上部は天然の芝で覆われ、休日を過ごすのには丁度よい散策地だそうです。
近くには波戸岬、立神岩があり、天気のいい日には遠く壱岐・対馬も遠望することができるそうです。
そして、「屋形石の七ツ釜」(やかたいしのななつがま)として、1925年に国の天然記念物に指定され、日本初の海中公園にも指定されています。
この「七ツ釜」の観光方法は2通りあるそうです。
まずは、遊覧船で海上から「七ツ釜」を観光する方法ですが、玄海国定公園の駐車場から徒歩5分ほど、海に下る道を進むと4月下旬~10月の土日祝日に限って、屋根付きボートの上にイスが並んだタイプの「七ツ釜遊覧船」が運航されています。
乗船料1000円で、「七ツ釜」のすぐ近くから発着するので無料駐車場も使えて、車でアクセスする方には便利ですが、期間限定の上、平日は残念ながら利用できません。
平日も土日・祝日も毎日運航しているのが、呼子港から運行される「マリンパル呼子・イカ丸」で、イカの形をした客室とデッキのあるユニークな遊覧船です。
乗船料1600円で、ボートタイプではないので波が大きな日でも、洞窟の近くまで運航してくれる上、呼子大橋などの近隣の海上観光スポットも観賞できるそうです。
荒波で有名な玄界灘ですから、洞窟の中までは入れないこともあるそうですが、波が高くなければ、2~3つほどの異なる洞窟の中に入れます。
横幅が広いものから、狭く長い洞窟まで形状は様々です。
もう1つの観光する方法として、「七ツ釜」の上には、歩いて観賞できる玄海国定公園があり、遊歩道が整備された散策コースや、座ってゆっくり眺められる展望台が用意されています。
展望台から見下ろした「七ツ釜」は、波が洞窟にぶつかり、美しく砕け散る迫力ある様子を楽しめるそうです。
「七ツ釜」を周遊するように設けられた遊歩道は、断崖の先端にある展望台へと続いています。
柱状節理もじっくり観賞でき、詳しい説明も書かれています。

七ツ釜/佐賀県
観光スポットから見た「七ツ釜」です。
左側の柱状節理は、垂直に立ち上がっていて、自然にできたものとは思えないくらいの均一性があります。

 
この写真で、一番右にある洞窟が一番最大で、間口と高さが約5m、奥行110mだそうです。
遊覧船などで神秘的な洞窟の中に入り、間近で観賞することができます。

 
遊覧船は、「七ツ釜」の洞窟の中へと進んでいきます。
全く一定ではない柱状節理の岩石を間近で見ることができます。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR