FC2ブログ

富士五湖のフジマリモ

阿寒湖に生息しているマリモの変種でフジマリモがあります。

フジマリモ(富士毬藻、Aegagropila linnaei var. yamanakaensis)は、富士マリモとも言うように、富士山からの名前の由来なのは明らかです。
フジマリモは富士五湖に生育し、他のマリモに比べて、枝が細いなどの違いがあります。
北海道の阿寒湖ではマリモが有名で、ビロード状に大きくなります。
阿寒湖では直径30センチの超大型も見つかっています。
ですが、富士五湖に生息するフジマリモはほとんどが数cm程度です。
つまり、マリモに比べてフジマリモは、あまり大きくはならないみたいです。

フジマリモの発見は、1956年(昭和31年)に山中湖の北岸で発見されたのが最初です。
主な自生地も北岸のようですが、南岸でも生息が確認されています。
そして、1958年(昭和33年)6月19日に自生地を含め「フジマリモおよび生息地」が山梨県の天然記念物に指定されています。
1979年(昭和54年)には河口湖、1993(平成5)年5月24日には西湖でもフジマリモの分布が確認されました。
その後は、2012年(平成24年)6月に、精進湖での生息確認され、2013年(平成25年)11月に本栖湖で潜水調査を実施し、水深約20mの湖底で、石についているシート状の藻を発見し、「不定根」と呼ばれる根が生えていることなどから、フジマリモと確認しました。
これにより、フジマリモは富士五湖すべてに生育していることが確認されました。
尚、最初に発見された山中湖には大量のマリモが生息していたようです。
この要因として、富士五湖中、最も南に位置し、また最も水面標高が高く(水面海抜が981.5m)なっています。
湖岸には火山礫などの火山噴出物が堆積し、湖面は冬には結氷してしまうことによるものだそうです。
フジマリモの特徴としては、火山礫に着生している物が多いそうで、糸状体が柔らかく短く、最大でも5㎝程にしか成長しないそうです。
また、過去の調査では、湧水のあるところに一面にマリモが生息していたそうで、この湧水のあたりにまとまって生息するという特徴は阿寒湖のマリモと似ているそうです。

去年、本栖湖でフジマリモが生息しているというニュースは、いい話題ですが、あれだけ大量のマリモが生息していた山中湖は、レジャー施設の開発が進み、水質は急速に悪化し、マリモもほとんど生息していない湖となってしまったようです。
湖底には厚くヘドロが堆積し、一部のマリモが生息していたところでも20cmほどのヘドロが堆積しヘドロをかぶりながらも生きているマリモがいたところもあるそうです。
このような水質汚濁と、盗採が大きな理由となり、現在では山中湖のマリモを一般の人が見る方法はないそうです。
発見当初は、マリモも観光資源として注目を集めたそうですが、減少に伴いまた他の観光資源も豊富な土地柄なので注目を集めなくなり、現在では保全意識はかなり低いように思います。
山名湖に関するパンフレットでも、マリモの生息を紹介する文はほとんどなく、地図中にわずかに「フジマリモ生息地」の文字が印刷されているだけだそうです。
去年の、本栖湖でのフジマリモが生息していると大々的に報じたニュースがカンフル剤になって、自然保護を大切にする気持ちを一人でも持ってもらうことを願います。

山中湖:富士マリモ
山中湖北岸100沖の湖底に生息するフジマリモです。

煙霧について

関東地方では、3月10日午後1時半ごろ、空に煙が立ちこめたようになる「煙霧」が観測されました。
この「煙霧」で、視界は、2キロ程度先までしか見えず、晴天時の10分の1以下になりました。
ほとんどの人は、中国からの大気汚染物質である、微小粒子状物質「PM2・5」か黄砂だと思ったみたいですが、それは観測されていません。
この日の気温は都心で25・3度まで上がり、観測史上最も早い夏日となり、3月で最も高い気温だったそうです。
気象庁によると、寒冷前線の通過に前後して強い南寄りの風と北寄りの風が吹き、地表付近のほこりが巻き上げられたとのことです。

(1)煙霧とは
「煙霧」(えんむ、haze、ヘイズ)とは、いったいどのような現象なのか調べてみました。
「煙霧」とは、目に見えないほど小さい乾いた固体の微粒子(エアロゾル粒子)が空気中に浮いていて、視程が妨げられている現象のことだそうです。
気象現象としての「煙霧」は、以下の現象を包含する総称だそうです。
①風じん
風によってちりや砂ぼこりが地面から巻き上げられる現象で、特に激しいものを砂塵嵐(さじんあらし、duststorm)と呼び、気象観測では風じんと区別しています。
尚、砂塵嵐は、日本では視程1km以下の場合と定義されています。
②塵煙霧
塵煙霧(ちりえんむ)とは、煙霧のうち、塵や砂ぼこり、火山灰などの小さな粒子が風で飛ばされ、風が止んでからも空気中に浮遊した状態を指します。
気象学では、視界(視程)が2キロメートル未満となり、ほかの気象現象を確認できないときに用いられるそうです。
日本では、中国・モンゴル等の乾燥地帯由来のちりや砂ぼこりが飛来するものを黄砂と呼び、気象観測でも塵煙霧と区別しています。
③煙、ばい煙
山火事、火災、工場排気、自動車排気などから出た燃焼物由来の微粒子が浮遊する現象のことです。
物の破砕や産業活動等によって主に人工的に生じる微粒子(粉じん、粉粒体)が浮遊している状態や、工場排気、自動車排気等に含まれる気体成分が大気中で変質した固体の微粒子が浮遊している状態があります。
④降灰
火山から噴出した火山灰が降下する現象のことです。
海塩粒子等の自然由来の微粒子が浮遊している状態もあります。

(2)砂嵐と砂塵嵐の違い
先に砂塵嵐を紹介しましたが、同じような現象に、砂嵐(すなあらし、sandstorm)があります。
この現象は、塵や砂が強風により激しく吹き上げられ、上空高くに舞い上がる気象現象で、空中の砂塵により、見通し(視程)が著しく低下します。
主に砂漠などの乾燥地域においてよく発生します。
厳密には、砂嵐と砂塵嵐は定義が異なるそうです。
砂塵嵐は、吹き上げられている土壌粒子の多くが粒径1/16mm 以下で、砕屑物の分類上「シルト」や「粘土」等であるものを言います。
一方砂嵐は、吹き上げられている土壌粒子の多くが粒径 2 - 1/16mm の「砂」とであるものを言います。
つまり、土質区分で砂嵐と砂塵嵐に分けられていることになります。
また、砂塵嵐は乾燥した土地であれば発生するのに対して、砂嵐はいわゆる「砂砂漠」の砂丘のように、粒径の小さい微粒子よりも砂の方が多いところでしか発生しません。
また、砂塵嵐は上空数千mの高さまで舞い上がり、時には砂の壁(dust wall)を形成するほどに発達するのに対し、砂嵐は砂粒が、地面を跳ねながら進む運動(saltation)の動きをするためせいぜい数mまでしか舞い上がらず、15mを超えるようなものは稀と言われています。

img3
都心で発生した「煙霧」です。
気象庁の発表では「煙霧」なのですが、厳密に言えば「塵煙霧」が正しいそうです。

ロシアの隕石の放出エネルギー

ロシアのウラル地方で起きた隕石の落下については、当ブログでも2日前に速報しましたが、その時の発表よりは大きい隕石だったようです。
米航空宇宙局(NASA)が発表したところによると、隕石は重さ約1万トン、直径約17mで、時速約6万5千キロで大気圏に突入して高度20~25キロの上空で爆発し、複数の破片に分かれて落下したそうで、広島型原爆の約30倍に相当する約500キロトンのエネルギーが放出されたそうです。
飛行機もニアミスしていました。
カザニ発チェリャビンスク行きのアクバルス航空のボンバルディアCRJ200型機です。
機長のアルヒポフさんは「着陸に向けて高度を下げた際、まばゆい火の玉を見た」と証言しています。
無事通り過ぎることを期待するしかなかったそうで、このアルヒポフさんによれば、隕石は副操縦士が座る右側から飛来し、飛行機の近くを横切った後、すぐに爆発音が聞こえたそうです。
副操縦士のコトフさんは顔に隕石の熱を感じたといい「(隕石が)三つに割れて飛び散るのを見た。それぞれが巨大に見えた」と説明しています。
この隕石落下に伴って集合住宅3724軒、学校や幼稚園など671施設が被害を受け、割れた窓ガラスの総面積は20万平方メートルにのぼっているそうです。
ロシアでは1908年、ツングースカ大爆発では、隕石とみられる落下物がシベリアの森林約2千平方キロをなぎ倒したことがあり、今回の隕石はその時以来の大きさだと言われていますが、地上で、それも市街地で爆発していたらと思うとぞっとします。

今回の隕石ですが、時速約 6万4000キロで音速の約50倍です。
先に述べたように、NASAの発表ではこの隕石の放出エネルギーは「500キロトン」です。
キロは1000ですので50万トンですが、この場合の「1トン」は「TNT火薬1トン分」のエネルギーの事で、TNT火薬500キロトン=「50万トン」分のエネルギーという事になります。
ここで言っているTNT火薬とは、トリニトロトルエン (trinitrotoluene)の火薬ことで、その略称TNTは、トルエンのフェニル基の水素のうち3つをニトロ基で置換した化学物質のことです。
TNT火薬1000トンの爆発の威力でさえ原子爆弾に相当するそうです。
実験している映像では、衝撃波が周囲を駆けめぐり、一瞬で海水が沸騰、ものすごい勢いで船が浸水し、飛んでいる飛行機が一瞬で姿を消す様子などが収めています。
今回の隕石のエナルギーは「500キロトン」ですからの実験しているTNT火薬の500倍になります。
「500キロトン」のTNT火薬(比重1.6)の体積は東京ドーム2.5個分です。
そして、25mプールで換算すると「1000杯分」です。
下表には、いろいろなケースで換算しています。
先ほど行っていた北朝鮮の核実験でのマグニチュードは5.2だったそうですが、エネルギーを計算すると、隕石の衝撃はそれの約70倍になります。

但し、人類が持つ核爆弾にはもっと凄いのがあって、アメリカで持っている1000キロトンや2000キロトンはまだ小型の核で、大型の水爆なら10000~20000キロトンのもあります。
先に述べた、ツングースカの大爆発では、水爆並みの20000キロトンです。
ちなみに恐竜を絶滅させたと言われている6500万年前のメキシコ・ユカタン半島に落ちたとされる巨大な隕石は60000000000キロトン(6000万メガトン)の威力だったそうです。
こうして数字を並べてみると、核兵器は実に恐いものだと思います。
まずは、世界中から核を無くすのが先決かも知れません。

イメージ 3

ロシアの隕石爆発

ロシア・ウラル地方のチェリャビンスク州付近で2月15日午前9時20分ごろ(日本時間午後0時20分ごろ)に、隕石が飛来して上空で爆発したそうです。

そして、隕石は爆発した後、大部分が燃え尽きたのですが、残った破片が地上3~5ヶ所に落下したそうです。
破片の一つは州内から西におよそ70キロ離れた湖のそばで、直径6mほどのクレーターのようなものが確認されています。
この衝撃波で多数の家屋のガラスや屋根が壊れ、昨日の発表では約1000人がけがをし、約3000の建物が被害を受けたそうです。
動画サイトで、落下の瞬間をとらえた映像を見ましたが、光の点が画面に見え始めてから10秒足らずで、尾を引きながら画面中央に達し、爆発しました。
この爆発で辺り一帯をまぶしく照らし、その後、飛行機雲のような白い軌跡を残していました。

この隕石ですが、「流れ星」の非常に大型のものだそうです。
普通の「流れ星」は大きさが数cmから数mm程度なので、すぐに燃え尽きてしまいますが、これが数十cmから1mを超えると、こういう大きな流れ星になって、燃え尽きずに最後まで残ってしまうそうです。
映像では、非常に明るく光ったあとに、消えゆく破片が最後に残っていて、だんだん消えていっているので、これが隕石となって燃え残って落ちた可能性が高いと専門家は言っています。

ロシアの非常事態省によると、隕石は中央アジア・カザフスタン上空からウラル地方に向かって北西の方向に飛んできたそうです。
ロシア科学アカデミーは隕石の重さを10トンと推定し、時速5万4000km以上で大気圏に突入したと分析しています。
ロシア地理協会チェリャビンスク支部の解析では、隕石は高度70〜30kmで3回爆発し、白い閃光を広範囲に放ち、やや遅れて爆発音が響いた。南東から北西に向けて空を横切り、45度の角度で地表に突っ込んだそうで、隕石は直径10mもあった可能性もあるとのことです。

隕石の落下は他国だけではありません。
日本でもこれまでに約50個の隕石が確認されています。
今までに地球に落下した主な隕石を紹介します。
①約20億年前
南アフリカに直径約15kgの隕石が落ち、直径300kmのクレーターができたそうです。
②6500万年前
メキシコ・ユカタン半島に巨大な隕石が落下し、恐竜絶滅の原因との説もあったそうです。
③861年
日本で記録に残る最も古い隕石で、福岡県直方市の須賀神社境内に落下しました。
現在も神社に現存するそうです。
④1885年
日本での最重量の隕石は、大津市で見つかった田上隕石です。
主成分は鉄とニッケルで174kgあります。
⑤1908年
シベリアの上空で大爆発があり、半径30kmの森林が炎上しました。
ツングースカ大爆発と呼ばれ、隕石が原因との説がありました。
⑥1991年
愛知県豊橋市の田原港に接岸中の貨物船を430gの隕石が直撃しました。
⑦1992年
島根県松江市の民家を6kg以上ある隕石が直撃しました。
この隕石は「美保関隕石」と命名しました。
⑧1998年
トルクメニスタンに90×60cmの隕石が落ち、直径6mの穴ができたそうです。
⑨2003年
広島県広島市安佐南区に414gの隕石が落ち、物流センターの屋根に穴があきました。
⑩2007年
ペルーに隕石とみられる物体が落下しました。
直径約30m、深さ約6mの穴ができ、異臭で数百人が頭痛を訴えました。
⑪2011年
モロッコに隕石が落下しました。
後に、火星から飛来したものと判明しました。

過去の隕石と比べても、今回のチェリャビンスク州の隕石はレベルが違うと思います。
これだけのけが人が出て、今のところ死亡者がいないのは奇跡に近いと思います。
コンピュータでのシミュレーションでは、直径200mの隕石が大西洋の真ん中に落ちた場合、沿岸部で高さ200mの津波が発生し、オランダ、デンマーク、マンハッタンをのみこみ、たった数分で何億もの人が死ぬといわれています。
そして、隕石衝突の直撃を回避したとしても、長い冬がやってくるそうです。
衝突後の、衝突の灰が地球を覆い、光合成を破壊するそうです。
世界中の植物は死滅し、食物連鎖も破綻するそうです。
はっきりしているのは、衝突する隕石が大きいと、人類が絶滅するかもしれないということです。
先に紹介した6500万年前に、ユカタン半島を直撃した隕石は、直径10kmあったそうです。
この衝突で放出されたエネルギーはTNT火薬6000万メガトンで、生物種の60%、海洋生物の75%が絶滅したと伝えられています。
恐竜の絶滅説も頷けるところです。
今回の隕石は直径10mだそうですが、これでもものすごい爆発です。
そして、ロシアの隕石の大きさから、近いうちに、100m級の隕石が落ちてくる可能性も現実味を帯びてきました。
これも、オゾン層の破壊とか、地球温暖化とか、人間が自然を破壊することに関連しているのかも知れません。

ダイヤモンドダスト

クリスマスの朝は日本各地で「ダイヤモンドダスト」の幻想的な風景が広がったそうです。
 
「ダイヤモンドダスト」は、細氷(さいひょう)とも言い、大気中の水蒸気が昇華してできた、ごく小さな氷晶(氷の結晶)が降ることです。
よく晴れた朝など、気温が氷点下10℃以下の状態のときに発生するそうで、視程は1km以上です。
日光で輝いて見えることから、「ダイヤモンドダスト」と呼ばれます。
人工的に作ることもできるそうです。
日本では厳冬期の北海道の内陸部(旭川市など)での発生が多く見られます。
この「ダイヤモンドダスト」は一般的に極めて低温でないと発生しないとされていますが、2005年2月9日のつくば市の朝のような-2℃という温度でも短時間ではあるが局所的に発生が観察されています。
この際の湿数はほぼ0℃でした。
逆に-30℃の12月のロッキー山中の朝でも林の中のみで観察され、風が弱いという条件が必要になります。
1月のモスクワ近郊の囲まれた中庭(-10℃程度)では温度、風が安定しているため1時間以上に渡って観察されたそうです。
この「ダイヤモンドダスト」によく似た現象に氷霧(こおりぎり)があります。
氷霧は小さな氷晶が大気中を浮遊する現象で、氷晶が降る「ダイヤモンドダスト」とは厳密には異なります。
氷晶の大きさも、氷霧より「ダイヤモンドダスト」のほうが大きいのが特徴です。
天気の種類としては氷霧は霧に含まれますが、「ダイヤモンドダスト」は降水現象なので雪に含まれます。
したがって、空が晴れている場合でも、「ダイヤモンドダスト」が観測されれば、そのときの天気は晴れではなく、雪として記録されるそうです。
今年の北海道・士別市では、クリスマスの朝に、氷点下28.7度となり、この冬、全国で最も低い気温を観測しました。
そして、氷点下19.9度となった旭川市内では、「ダイヤモンドダスト」が、キラキラと輝きながら宙を舞い、川は霧で覆われるなど、幻想的な風景が広がったそうです。
元日の朝も、風がなければ北海道や東北地方では見えるかも知れません。 


これがダイヤモンドダストです。
細かい氷の結晶が空気中に浮かび、それが太陽光線できらきら輝いて見える細氷現象です。

2011.01.10-樹氷-02
ダイヤモンドダストが輝くブナ林です。 
空気中の小さな氷の粒が太陽の光を受けて光っています。
微小な宝石がキラキラ光って舞い落ちる、そんな感じだそうです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR