FC2ブログ

ボーリング孔を利用する各種孔内検層とボアホールテレビ

調査ボーリングにおけるボーリング孔を利用して地質、地下水情報を調べることを孔内検層と言います。

つまり、孔内検層(Borehole Logging)とは、ボーリング孔内にある種の物理量を連続的に測定し、深度に対応した孔壁付近の物性変化を知ろうとするものです。
私たちが一般に行われている孔内検層と測定される物理量には下表のようなものがあります。

表.1 孔内検層一覧表
方法
物理的現象
測定物理量
利用面
P波検層、PS検層、
孔間速度測定
物性波動弾性波速度地盤構造、力学的性質、
地上弾性波探査の解析
反射検層音波の反射音響インピーダンス孔壁地盤の硬軟、亀裂、
構造物の健全度、地下水、
電気探査の解析
電気検層地電流自然電位、比抵抗地盤構造、地下水、電気探査の解析
地下水検層地電流比抵抗地下水
放射能検層放射能強度密度土質
水分検層放射能強度含水量含水分布
温度検層温度地層温度地熱地下水の存在状態
キャリパー検層孔径孔壁の状態、地圧
ボアホール
カメラ、テレビ
孔壁画像孔壁の地質状態、孔内水の動き
*武田、今村(1996)「応用地学ノート」p.314より


上表の中で、ボーリングコアと同じように、実際に自分の目で地層状態を確認できるものとして、ボアホールカメラ (Borehole Camera) 、ボアホールテレビ(Borehole Television)があります。
つまり、孔壁の画像を撮影する装置をボアホールカメラあるいはボアホールテレビと呼んでいます。
原則としては、静止画像を撮影するものがカメラで、動的画像を撮影するものがテレビです。
かつては孔壁を撮影した画像をモザイク状に張り合わせるという極めて手間のかかる方式を採用していた時期もあったのですが、現在ではほとんどがテレビ方式に置き換わっています。
ボアホールテレビの撮影方法として、
①カメラの向きが前方あるいは側方に固定されていて動的画像を観察するもの
②前方あるいは側方の画像をスキャンニングしてコンピューター処理により展開画像を作成するもの
上記2種類があります。
①は井戸の片状や孔壁の一部を詳細に観察する装置がよく使われ、②は孔壁の不連続面(層理面、流理面、片理面、亀裂、断層、グラウトミルクなど)の走向傾斜を特定することができます。
土木地質調査においては後者(ボアホール・スキャナータイプ)が広く用いられており、最近の斜面崩壊防止調査などに広く用いられています。
ボアホールテレビの利用法を下表に示します。

表.2 ボアホールテレビの利用法
調査対象
主な計測対象
解析の主眼
備 考
岩盤斜面開口亀裂、密着亀裂、
断層破砕帯など
緩み範囲、
すべりの方向判定
水平ボーリング
が多い
地すべり斜面すべり面、層理面、
亀裂など
すべり面の決定、
不動岩盤の構造解析
孔壁の自立が困難
トンネル・地下発内空開口亀裂、密着亀裂、
断層破砕帯
崩落範囲の設定短く、上向きが多い
ダム基礎同上透水性亀裂の
分布範囲、延長方向
グラウトミルク
充填の確認
地下貯蔵施設同上
(特に微細な亀裂も
測定することあり)
同上大深度ボーリング
が多い
産業廃棄物処理場同上同上 
構造物基礎(杭など)亀裂、鉄筋の状況損傷の程度と範囲判定震災関連
地質構造層理面、流理面、
断層など
地質構造、
亀裂系の判定
 
その他路盤や法面背後の
空洞など
空洞量の推定

間隙率と間隙比について

学校の運動場は、最近はアスファルトのところもあるようですが、ほとんどは表面は土になっています。

この土ですが、よく締め固めされているので固くてなにも隙間がないように思えます。
でも、こんなにもしっかりとした地面でも、雨がふったり地震が来たりするとぬかるんで長靴のあとがついたり、ひび割れを生じたりします。
これが斜面の土なら、土砂くずれや山くずれを起こしてしまいます。
これは、土がつぶつぶの集まりであることが大きく関係しています。
固く詰まって、隙間などないように見える土であっても、実は内部にかなりの量の隙間があります。
これを「土の間隙(かんげき)」と言い、間隙の大きさが変化することによって土が変形したり流動したりします。
土の粒自体は石英を主体とした堅い鉱物で出来ていることが多く、十分な強さを持っているのですが、粒と粒との間隙がいたずらをして粒の集合体である地盤の変形が起こるわけです。
このように、土の中にある間隙は大変重要な意味を持っています。

私たちが、この間隙を数値として使う場合に、間隙率と間隙比があります。
何か、似ているようで解りづらいのですが、間隙率は、土の全体積に占める間隙の体積と定義され、間隙比は、土粒子の体積に対する間隙の体積と定義しているようです。
この使い分けですが、私たちは、地盤の沈下の計算によく使っているので間隙比の方が身近ですが、これは工学分野です。
地盤の沈下の計算に間隙率を使ったとして、間隙の体積が小さくなったときに分子も分母も変化してしまうので使いづらいことになります。
農学分野では間隙率を使うそうです。
農学分野では、土壌が保持している水分の量が問題となります。
つまり土壌水の量ですが、土壌水は間隙にしか存在できません。
そのため、どのくらい間隙があるのかが必要となるわけで、その際には、その圃場の全体積について、どのくらいの間隙があるかわかる方が便利となります。
これは、圃場の全体積は簡単に計算できるからだそうです。
これを間隙比で考えると、圃場に存在する土粒子の量がわからないといけないので、その場合には、土粒子密度を測らないとわからないということになります。
また、間隙率は、容積のわかっている容器を使うと簡単に測定できます。
したがって、農学分野では間隙率を使うことが多いそうです。

土を構成する各相の体積を、それぞれVs(固相)、Vg(気相)およびVw(液相)とすると、間隙部分の体積はVv=Vg+Vw であり、土の前体積はV=Vv+Vsで表わされます。
そして、先に述べたように、土の間隙の状態を量的に表わすのに、土の全体積に対する間隙体積の比を間隙率n(%)、固相の体積に対する間隙体積の比が間隙比eになります。
計算式として、
①間隙率n=Vv÷V
②間隙比e=Vv÷Vs
となります。
参考までに、砂の間隙比e=0.6~1.1程度粘土の間隙比e=1.5~3.0程度になります。

無題1.bmp

キャリパー検層について

キャリパ―検層について調べてみました。

キャリパー検層は、孔径検層とも言い、ボーリングの径を測定する検層です。
①原理
キャリパ―検層は、孔径変化を深度方向に連続的かつ直接的に測定する方法です。
機械式のアームを孔壁に接触させて孔径を調べます。
このアームには3種類あります。
・アーム型
孔径変化の応答に優れており、土木地質調査で用いられているのはほとんどがこの型です。
・スプリングアーム型
孔壁との接触が大きいので、孔径の細かな変化は捉えにくいのですが、孔壁の大局的な変化を把握するのには適しているようです。
・アームパッド型
上記の中間型です。
②測定方法
アームを閉じた状態でゾンデを降下させ、孔底や孔底付近でアームを開放します。
孔径検層に用いられる測定器は、内部に小型モーターを内蔵し、地上からの遠隔操作により、ゾンデから出た複数のアームが孔壁に触れながら測定します。
また、ゾンデの引き上げ速度が等速度になるように調整しながら測定を行います。
③特徴・適用限界
掘削孔の内径を知るために用います。
孔径の変化を深度に対して連続的に測定記録します。
孔内における空洞、崩壊の位置やその形状・程度を把握できるほか、孔径による補正を必要とする他の検層(密度検層など)の結果の解釈などに用いられます。
一般に破砕帯や断層、軟弱地質においては、孔壁が崩壊し易く孔径拡大が顕著に認められます。
また、孔径検層から得られた測定値より孔内容量等を算出し、セメンチング作業の情報としても利用されています。
キャリパーゾンデの測定深度は約1300m程度で、測定範囲45~100mm程度です。
また測定誤差は、±2mm程度となっています。

キャリパー検層概念図
< キャリパー検層概念図 >

トリプルサンプラーについて

地質調査において、地中の土の採取はつきものです。

(1)地質調査での試料採取
採取方法として、「乱れた試料の採取」と「乱さない試料の採取」とがあります。
「乱れた試料の採取」は、撹乱試料と呼び、「乱さない試料の採取」は、不撹乱試料と呼んでいます。
「乱れた試料の採取」としては、通常では標準貫入試験で得られた試料をそのまま使います。
標準貫入試験(JISA1219)は、標準貫入試験用サンプラーが30cm貫入するのに何回の打撃回数がかかるかを測定するものですが、標準貫入試験用サンプラーは筒状になっていて、その穴の中に土が入り込むようになっています。
打撃回数を測定したらサンプラーを引き上げてその中の土を取り出して保管・記録するところまでが標準貫入試験に含まれています。

(2)乱さない試料の採取
これに対して、「乱さない試料の採取」としては、敷地調査共通仕様書では3種類が紹介されています。
① 固定式ピストン式シンウォールサンプラーによる方法(JGS1221)
② ロータリー式二重管サンプラーによる方法 (JGS1222)
③ ロータリー式三重管サンプラーによる方法 (JGS1223)
があります。
実際は、「乱さない試料の採取」というよりは、「乱れの少ない試料の採取」ということになります。
これは、土木基準の「第3編 地質調査業務」では、
① シンウォールサンプリングφ86mm
② デニソンサンプリングφ116mm(ロータリー式二重管サンプリング)
③ トリプルサンプリングφ116mm(ロータリー式三重管サンプリング)
という用語で紹介されています。
これらのサンプリングは、どんな地盤でも試料を採取できるわけではありません。
①シンウォールサンプリングは、軟弱な粘性土の試料を採取。
②デニソンサンプリングは、中程度の硬質な粘性土の試料を採取。
③トリプルサンプリングは、硬質の粘性土、砂質土の試料を採取。
となっています。

(3)トリプルチューブサンプラーの構造
緩い砂を乱さずに採取することは,凍結サンプラー以外の方法ではほとんど不可能です。
ただし、,密な砂の場合には,ロータリー式三重管サンプラーを用いて試料採取することがあります。
この方法は,粘土に用いるロータリー式二重管サンプラーのサンプリングチューブ内側にインナーチューブを有した構造になっていて、トリプルサンプラーとも呼ばれています。
トリプルサンプラーは、河川堤防や防波堤での耐震調査における砂の採取だけでなく、ため池耐震調査における硬質粘土の採取でよく用いられています。
この構造として、
①スプリングの強さが、対象土層に応じ調節可能。
②先端シューの剛度を高め、刃先角度を鋭利にして油圧マシーンによる強力な押込みせん断が可能。
③シューをライニングチューブから独立させ剛性の高いインナーチューブにつけることにより、押込み、追切りの圧力で採取試料が変形、攪乱することを防止。
④追切り部メタルビットは掘削泥水圧が試料に悪影響を与えないような構造。
となり、今まで困難だった土の採取に役立っています。

トリプルチューブサンプラーの採取範囲
 シンウォール
サンプラー
デニソン
サンプラー
通常のサンド
サンプラー
トリプル
サンプラー
粘土・シルト
N<5
-
粘土・シルト
N>5
-
軟岩
(土丹等)
--
砂質土
N<5
-×
砂質土
N=5~10
-
砂質土
n>10
-
礫交り粘土--
破砕帯-×-
ボーリング
孔径
86m/m116m/m86~116m/m116~125
m/m

調査により得られる地盤情報

調査により得られるさまざまな地盤情報について下表にとりまとめました。

調査より得られるさまざまな地盤情報


代表的な
調査法
得られるデータ




























調査結果の主な用途



地表地質踏査ルートマップ
観察記録
-------地質構造の把握
岩盤分類
割れ目系の表示等



弾性波探査弾性波速度(Vp)-----弾性波速度構造
切土のり面安定評価
岩盤分類等
電気探査比抵抗(ρ,ρa)------破砕帯、断層、基盤岩分布等の地質構造解明
常時微動測定卓越周期
増幅特性
-------地盤および建物の振動特性
地盤種別等



速度検層Vp,Vs
動ポアソン比
動剛性率
-------動的地盤モデルの作成
地盤応答解析の物性
電気検層比抵抗(ρa)-------帯水層、難透水性層、亀裂や薄層などの地層検出
密度検層密度-------連続的な深度分布
土被り圧の算定等




ボーリング柱状図-------詳細な地質構成の把握
岩盤分類のための地質情報
ボアホールカメラ孔壁展開画像
亀裂等の走向傾斜
-------詳細な地質構成の把握
不連続面・面構造の分布・卓越方向の把握





固定ピストン式シンウォールサンプラー乱れの少ない
土質試料
--------主に軟弱粘性土に適用
エキステンションロッド式と水圧式あり
ロータリー式二重管サンプラー乱れの少ない
土質試料
--------主に粘性土に適用
通称デニソン型サンプラー
ロータリー式三重管サンプラー乱れの少ない
土質試料
--------各種土質地盤に適用
砂の採取に用いられること多い






標準貫入試験N値
土質試料
---地盤の硬さ
地盤定数の推定
支持力
液状化判定等
スウェーデン式Wsw,Nsw-----概略の地層構成
N値の推定
小規模建築物の地耐力
NSWSWsw,Nsw
2.5cmピッチ
---土構造物の健全性
軟弱層を含め詳細な地質構成
空洞・ゆるみ領域の検出
N値の推定
建築物の地耐力
ポータブルコーン表層地盤のqc-----軟弱な粘性土地盤の層厚確認
quや粘着力の推定
オランダ式二重管コーンqc-----地層構成と硬さ
基礎の支持力と沈下検討
電気式静的コーンqt,fs,u-----詳細な土層判別
強度推定
基礎のの支持力と沈下検討
簡易動的コーン表層地盤のNd-----風化層や崩積土の層厚確認
小規模建築物の地耐力
動的コーンNd-----支持層の深さ
軟弱な土層の層厚確認
N値の推定
ベーンせん断試験せん断強度τv------鋭敏比の把握
安定解析等での利用
孔内水平載荷試験変形係数Eb等-----地盤反力係数算定
杭の水平抵抗の検討



調
間隙水圧測定地下水位
間隙水圧測定pw
-------排水計画
沈下検討
土圧や有効土被り圧の算定等
現場透水試験地下水位
透水係数k
-------排水計画、浸透流解析等の地下水解析
湧水圧試験(JFT)平衡水位
透水係数k
-------深い根切りの排水計画
トンネルの湧水量の推定
ルジオンテストルジオン値Lu-------ダム基礎岩盤の透水性評価
グラウチング計画
揚水試験透水量係数
貯留係数等
-------大規模な排水工法検討
地下水影響予測
地下水流速流向測定地下水の流動方向・流動速度-------地下水影響予測
汚染物質の拡散予測



地盤の平板載荷試験地盤係数K
極限支持力
------基礎の沈下と支持力の検討
変形係数や粘着力の推定
道路の平板載荷試験地盤係数K------路盤の設計と品質管理
基礎の支持力管理



変位測定変位量
傾斜変動量等
--------沈下管理
盛土の安定管理
斜面崩壊予測等
応力・荷重測定土圧
水圧
応力
軸力等
--------土留の安定管理
フィルダムの施工管理等



物理試験含水比
粒度分布
塑性指数等
------物理的性質の把握
有効土被り圧算定
液状化判定
締固め試験最大乾燥密度
最適含水比等
-------盛土材料選定
盛土の品質管理
施工管理
圧密試験e-logp曲線
圧密降伏応力等
------圧密沈下量
圧密時間の算定
圧密促進工法の検討
透水試験透水係数k-------掘削時の排水計画
浸透流解析等の地下水解析
力学試験qu,c,φ,E等-----基礎の支持力解析
変形解析
安定解析等各種検討
繰返し非排水三軸試験σc/2σd-NcNu95等-------液状化判定(繰返しせん断強度比)
動的変形試験G-γ関係
h-γ関係
-------地震応答解析用の物性値
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR