FC2ブログ

希少糖の大量生産と効用

希少糖って知っていますか?
希少糖(きしょうとう、rare sugar)は、「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義されています。
自然界にはほとんどないので希少糖と名づけたのでしょう。
でも、この希少糖が大量生産できるようになったそうです。

まず、希少糖とは、簡単に説明すると、ノンカロリーの砂糖だそうです。
甘味は砂糖の7~8割程度ですが、普通の砂糖は1グラムで4キロカロリーのエネルギーを出すのに、希少糖は0・39キロカロリーしかないそうです。
この希少糖は、ダイエットにも役立つ物質だそうです。
また、血糖値が下がったり、内臓脂肪が減少したりという効果が認められているそうです。

大量生産の技術は、香川大学農学部の教授(微生物利用学)である何森(いずもり)健さんらのグループが成功したそうです。
何森さんの研究室は、約30年にわたって希少糖の研究を続けてきたそうです。
そして、1991年に、キャンパスの土から分離した微生物を使って希少糖を作る実験をしていたところ、これまで見たこともない変わった物質が出現したそうです。
分析の結果で明らかになったのは、その生成物は全く新しい酵素によって作り出されたものでした。
酵素とはタンパク質の一種で、生体内で起きる化学変化に触媒として作用する物質です。
何森さんたちの研究は、微生物(バクテリア)や、それがつくる酵素を使って希少糖を作り出そうというものでした。
そして、その酵素は、特定の希少糖にだけ反応してできるそうです。
自然界にほとんどない物質に反応する酵素なので「古い時代の遺伝子が残っているのでは」(何森さん)とも推測され、希少糖の存在の不思議さをも示しています。
何森さんは、「全くの幸運」と新酵素の発見を表現していますが、新物質を見分けて分析する能力や経験がなければ、その幸運もなかったと思います。
そして、新酵素の働きの中で、最も注目されたのは、安価な果糖(D―フラクトース)を希少糖(D―プシコース)に変える能力です。
何森さんたちは、この酵素でバイオリアクター(生物反応器)をつくり、改良を重ねて「D―プシコース」を安定生産することに成功したそうです。
「D―プシコース」は、それまでアメリカの会社が、有機化学的手法で少量を生産していましたが、一グラム五万円もする高価なものでした。
それが新しい酵素を使えば、簡単に作れるそうです。
年間百キロの生産も可能だそうです。

香川県丸亀市の城南小学校では、給食などで希少糖を砂糖の代わりに使っているそうです。
子供たちの評判として、「めっちゃ美味い」「甘い」とのことです。
「D―プシコース」と一緒に食事をすると、小腸でのブドウ糖の吸収を抑えてくれるそうです。
小腸の壁に「D―プシコース」が入り込んで、ブドウ糖の吸収を阻むそうです。
だから、結果的に太りにくくなるそうです。
体のメカニズムとしては、糖はどんな糖であっても体に入ると血糖値が上がり、身体がインシュリンを放出して食欲を呼び起こして太るというのが当たり前です。
私は糖尿病ですから、砂糖などを食べると当然ものすごく血糖値が上がります。
酒は好きなのでやめられませんが、糖分はほとんどとらないように気をつけています。
でも、「D―プシコース」は、食後血糖ならびにインスリンの上昇を抑制する効果」と「抗肥満効果、動脈硬化抑制作用」が高く、糖尿病にもなりにくいとされています。
もう少し早く知っていたら、私も糖尿病にならずに済んだかも知れません。

希少糖の効用として、
①活性酸素産生抑制作用 活性酵素抑制剤(機能性食品、化粧品)
②臓器虚血保護作用 虚血保護剤、臓器保存剤(医薬品)
③癌細胞増殖抑制作用 制癌剤(医薬品)
④糖尿病予防作用 血糖硬化剤(医薬品、機能性食品)
⑤動脈硬化防止作用 抗高脂血症剤(医薬品、機能性食品)
⑥脂肪合成抑制作用 抗肥満剤(機能性食品)
など、幅広いものです。
希少糖は、応用性があり、医薬品・機能性食品・化粧品など人体への応用のみならず、他の動物、昆虫、微生物などへの応用、さらには植物への応用のほか、工業材料としての応用も可能だそうです。

a4f3c8a57a2aee157dea29522910c0a3 300x171 痩せて若返る魔法の砂糖!!希少糖とは??効果や値段は??
この図は、この世に存在する糖の種類のイメージ図です。
緑色は自然界に大量に存在する糖で、赤い小さい丸が自然界には
微量しか存在しない糖で、これが『希少糖』だそうです。
そして、丸の大きさが自然界に存在する量の大きさを表しています。
つまり真ん中ある一番大きい丸、D-グルコース (ぶどう糖)がとに
かくたくさんあるということです。

「和食」が無形文化遺産に

ユネスコの無形文化遺産に、文化庁は「和食」を推薦していたらしいのですが、事前審査をするユネスコの補助機関が登録を勧告したと文化庁が10月22日に発表しました。
12月にアゼルバイジャンで開かれる政府間委員会で正式に登録が決まる見通しだそうです。

「『自然の尊重』という精神を表現している『社会的慣習』」として「和食」を推薦したそうです。
①多様な食材を新鮮なまま使用
②コメを中心に栄養バランスに優れた構成
③自然の美しさや季節感を表現
④正月や田植えなどの年中行事と密接に関連

といった特徴を挙げて、食材や料理法だけではなく、家族や地域の結びつきを強める「日本食文化」として登録を目指したそうです。
福島第一原発の事故による放射能汚染で打撃を受けた国産食材のイメージ回復も狙っているそうです。

「無形文化遺産」は、芸能や祭り、伝統工芸技術などを対象としています。
遺跡や自然が対象の「世界遺産」、文書や絵画などが対象の「世界記憶遺産」とともにユネスコの「三大遺産事業」と言われています。
日本では、下表に紹介しているように、2012年までに歌舞伎など21件が登録されています。
食関係では、フランスの料理や食文化、地中海周辺の料理、メキシコの伝統料理、トルコの麦かゆ食など4件が登録されています。
いずれも単に料理だけではなく、各地の伝統や儀式などとの関わりが評価されているそうです。
韓国の「キムチ」も「和食」と一緒に登録されるそうです。

日本の無形文化遺産
区分名称記載年
重要無形文化財芸能能楽(傑作宣言)平成20年記載
人形浄瑠璃文楽(傑作宣言)平成20年記載
歌舞伎(傑作宣言)平成20年記載
雅楽平成21年記載
組踊平成22年記載
工芸技術小千谷縮・越後上布平成21年記載
石州半紙平成21年記載
結城紬平成22年記載
重要無形民俗文化財風俗慣習日立風流物平成21年記載
京都祇園祭の山鉾行事平成21年記載
甑島のトシドン平成21年記載
奥能登のあえのこと平成21年記載
壬生の花田植平成23年記載
民俗芸能早池峰神楽平成21年記載
秋保の田植踊平成21年記載
チャッキラコ平成21年記載
大日堂舞楽平成21年記載
題目立平成21年記載
アイヌの古式舞踊平成21年記載
佐陀神能平成23年記載
那智の田楽平成24年記載


 

全国各地でノロウイルス

全国各地でノロウイルスによる食中毒が発生し、亡くなっている方もいます。

(1)全国各地でのノロウイルスの食中毒
①宮崎県
宮崎県では、12月12日から22日にかけて、日南市南郷町の医療法人春光会東病院で、入院患者30人と職員14人の合わせて44人がおう吐や発熱などの感染性胃腸炎の症状を訴えました。
このうち70代から80代の男性の入院患者6人が、22日までの9日間に相次いで死亡し、5人が重症だということです。
死亡した6人はいずれも吐いた物が気管に入るなどして、肺炎を起こしたということです。
病院が簡易検査を行ったところ症状を訴えた44人のうち、5人からノロウイルスの感染を示す陽性反応が出たそうです。
宮崎県は、宮崎市でも12月17日、同市瓜生野のスーパー「しょっぴんぐたうん ウィリー」の弁当を食べた26〜84歳の85人(男18人、女67人)が下痢や吐き気などの症状を訴えたと発表しています。
ここでも10人からノロウイルスが検出されています。
メニューは、野菜のかき揚げや巻きずしなどだったそうです。
②山梨県
山梨県では、甲斐市の「るんるんランチ」が製造した仕出し弁当の集団食中毒で、12月23日の時点で、患者は372事業所、計1184人になったそうです。
ここでも、一部からノロウイルスを検出していますが、全員軽症だそうです。
この「るんるんランチ」は山梨県内約870事業所に1日約3800食を販売しているため、患者はさらに増える可能性が高いと言われています。
 ③広島県
広島県では、弁当製造会社「ダイヤス食品」(本社・山口県宇部市)の広島支社(広島市安佐北区)が製造した給食弁当が原因とみられる集団食中毒があり、広島市保健所によると12月16日の夕方までに1381人が下痢や嘔吐(おうと)などを発症しています。
重症者はいないみたいですが、患者11人と従業員1人の便からノロウイルスを検出しました。
同支社は10、11日に各約4700食を配達しているそうです。
メニューのうち、おかずは空揚げ南蛮やキャベツ、ハンバーグ、エビフライなどだそうです。
④大阪府
大阪府でも、12月17日に、和泉市伯太町2の飲食店「食彩の館未来」が13日に提供した天ぷらなどの弁当を食べた同市の33〜87歳の男女36人が吐き気や下痢などの食中毒症状を訴え、うち4人の便などからノロウイルスを検出したと発表しました。
同店の従業員2人の便からもノロウイルスが検出されました。

(2)ノロウイルスとO-157の違い 
以前には「大腸菌感染について」でO-157について調べたことがありました。
http://ntooffice.blog21.fc2.com/blog-entry-626.html

今回発症したノロウイルスとO-157とは何が違うのか調べてみました。
①O-157は、大腸菌・細菌
・細菌は、死んだ細胞でも栄養素があれば繁殖できます。
・菌による食中毒は、菌の量が一定量を超えたら、2度、3度繰り返し食中毒を起こしてしまいます。
・強い腹痛と、鮮血を伴なう激しい下痢が主な症状です。
②ノロウイルスは、ウイルス
・ウイルスは死んだ細胞の中では繁殖出来ません。
・ノロウイルスは、ウイルスで、抗体が出来れば2度かかることはありませんが、4種類の異なるタイプがあるため、4回はかかる可能性はあります。
・嘔吐や、水のような下痢、頭痛などの急性胃腸炎が症状です。

(3)ノロウイルスの症状と原因
つまり、ノロウイルス(Norovirus)は、乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。
この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、年間を通して患者はみられます。
ノロウイルスの感染はほとんどが経口感染(口から体内に入り感染する)であり、次のような感染経路があると考えられています。
①感染者のウイルスが大量に含まれる便や吐物などから直接もしくは二次的に感染する場合
②調理などを行う食品取扱者が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合
③ウイルスに汚染された貝類(特に二枚貝)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
④ウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

などがあります。
特に、食品取扱者を介して二次感染する食中毒のケースが近年増加傾向にあります。
今回も、弁当からのケースがほとんどで、同じものを大量に作っていますから被害も大きくなっています。
この時期になると、外で飲んだり食べたりする機会が多くなってきます。
不衛生は禁物で、元気で正月を迎えたいものです。

糖尿病と食べる順番

私たちは、普通に食事をしている時には、メインの肉を食べて、ご飯を食べて、味噌汁を飲んで、またご飯を食べて、というように、ご飯やおかずをほぼ均等に食べています。
これが当たり前だと思っていたのですが、でも最近になって糖尿病の予防や治療には「食べる順番」が大事だと言われています。
これは、食物繊維の多い野菜を先に食べた方が炭水化物である米ご飯を先に食べた場合に比べ、食後20~45分の血糖上昇値は確実に低下し、最高血糖値に到達する時間は約40分遅くなるそうです。
そして、この食べ方はダイエットにも効果的だそうです。

(1)糖尿病と食物繊維
なぜ野菜を先に食べるといいのかと言うと、先に述べたように、野菜には多くの食物繊維が含まれていることによるものだそうです。
①食物繊維を多く摂取すると、食物繊維が消化管内で吸水してふくらみ、体積を増すため、胃から小腸への食物の移動速度が遅くなります。
これにより、摂取した栄養素が希釈されることになります。
②水溶性の食物繊維のような粘着性を持つものは、消化管内で栄養素の広がりを抑制し、コレステロールや胆汁酸のような物質を吸収します。

こうしたことが重なり栄養素の吸収が遅くなると考えられています。
そして、野菜を最初に摂取することにより、食物繊維が上記のような状態で待ち構えている訳ですので、結果的に血糖値やインスリン分泌の上昇が抑制されると考えられています。
また、食物繊維の多い食物を取ると長くかむことになり、唾液が増えたり、脳の満腹中枢が刺激されるので、お腹がいっぱいになりやすい状態になることも大事な要素だそうです。

(2)食べ方の順番
食べ方の順番は、
①始めには、食物繊維の多い野菜(きのこ類・海草類を含む)を食べ、5~10分待ちます。
②次に魚・肉などのタンパク質のおかずを食べます。
③最後にご飯を食べます。(パン・めん類・いも類を含む)
なお、野菜は1日350g以上食べることが勧められています。

(3)食物繊維の多い野菜
野菜の100グラム当たり食物繊維含有量は下記のようになっています。
①ラッキョウ 21.0g
②切干大根 20.3g
③エシャロット 11.4g
④トウガラシ 10.3g
⑤しそ 7.3g~8.9g
⑥アーティチョーク 8.7g
⑦ホースラディッシュ 8.2g
⑧グリーンピース 7.7g
⑨パセリ 6.8g
⑩ごぼう 5.7g~8.5g
⑪モロヘイヤ 5.9g
⑫ニンニク 5.7g
⑬芽キャベツ 5.2g
⑭えだまめ 5.0g
⑮オクラ 4.9g
⑯ブロッコリー 4.4g~4.8g
⑰ソラマメ 4.4g
⑱ししとうがらし 3.6g
⑲かぼちゃ(西洋) 3.5g
⑲生しいたけ 3.5g
⑲ホウレン草 3.5g  
他には、春菊が3.2g、キャベツが1.8g、レタスが1.1gです。
野菜ではないのですが、ひじきが43.3g、焼きのりが36.0g、納豆が6.7gです。

小麦アレルギーの発症

小麦アレルギーの発症がありました。

福岡県の化粧品会社「悠香」が販売していた「茶のしずく石鹸」を使って小麦アレルギーの症状が出た患者は2月末までに全国で1567人もいるそうです。
全国で4650万個が販売された「茶のしずく石鹸」の中の、「グルパール19S」という小麦の成分を含んだ「茶のしずく石鹸」を使って小麦アレルギーになり、じんましんや呼吸困難の症状が出たり小麦を含んだ食品を食べられなくなったりして日常生活や仕事に支障が生じています。

石鹸使用開始後数カ月から数年して、小麦の食物アレルギーを発症するそうです。
典型的な症状は、食物アレルギー症状が出てくる前に、まず、石鹸を使用した時に、眼のかゆみや皮膚のかゆみ・鼻炎症状が始まりまるそうです。
しかし、石鹸を使用した時の症状は必ずしも強いものではなく全く自覚の無い方も少なくないのですが、石鹸の使用を続けると、この石鹸使用時の症状は少しずつ悪くなっていくそうです。
小麦を食べた時のアレルギー症状は、様々だそうですが、眼のかゆみや眼の腫れ、顔のかゆみや顔の腫れ、鼻炎症状などの、石鹸を使用した時に出るものと同じような症状がでることが多いようです。
アレルギー症状が軽い場合は、眼や鼻、顔の症状だけのこともありますが、症状が重篤な場合は、腹痛・下痢、血圧低下、ふらつき、呼吸困難などの様々な症状があります。

かつては卵、牛乳、大豆が三大アレルゲンと言われていましたが、現在では卵、牛乳についで小麦が3位になっています。
その為、小麦はアレルギー反応を起こす頻度が高い食品の1つとして厚生労働省により「特定原材料」として表示義務付けされている5品目のうちの1つです。
小麦を使った料理は、私たちの生活の中で定番になっています。
うどん、パスタ、ラーメン、お好み焼き、たこ焼き、パン、ケーキ、クッキー、餃子などです。
特に、女性の好きな食べ物ばっかりです。
きれいになりたい一身で「茶のしずく石鹸」を顔に塗って症状を発生した17歳から68歳までの女性の人たちは、提訴して1人あたり1000万円から1500万円の賠償を求めましたが、一生小麦料理を食べれないとなると、支払われたとしてもこの金額はまだ安いのかも知れません。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR