FC2ブログ

宇和島のアコヤガイの大量死について

国内最大のアコヤガイ真珠生産地である愛媛県の宇和海沿岸の宇和島市と愛南町で、養殖中のアコヤガイが大量死していることが問題になっています。

愛媛の真珠養殖は、明治40年に平城湾で小西左金吾によって興された、アコヤ貝の購入事業に始まっています。
大正4年には、真円真珠の生産に成功しまし、昭和10年には、大月菊男によって宇和島市坂下津、三浦湾においても真珠の生産が開始され、良質の真珠が採れるところから、宇和海の真珠の名声が次第に高まっていきました。
その後、真珠生産に従事している漁業者の技術革新と品質向上へのたゆまざる努力によって、近年の宇和海の真珠生産は日本一の座が揺るがないものとなり、世界的に飛躍しつつあったところです。

養殖中のアコヤガイが大量死は、愛媛県や漁協によると、8月初旬ごろから被害が出始めたそうです。
ほとんどの養殖業者で、養殖中の貝の半数が死に、多いところでは8~9割が被害にあっているそうです。

原因不明のアコヤガイの大量死は、1993 年に鹿児島県甑島の養殖場で発生したのを端緒とし、翌1994 年に大分県蒲江町と愛媛県南部の漁場で発生していました。
1996 年以降は全国的に拡大し、真珠養殖業はかつてない大きな打撃を受けていました。
養殖アコヤガイの大量死については、
①ウィルスあるいはろ過性病原体の感染
②原虫類の寄生
③異常高水温
④魚類養殖に使用されるホルマリンの汚染
など、様々な要因について検討されてきましたが、その原因は依然として未解明だそうです。
ただ、大量死発生の背景として近年の海面魚類養殖における技術面の変化を解析すると、
①養殖アコヤガイの大量死は隣接する魚類養殖による漁場汚染に起因すること
②1990 年代から魚類養殖において多用されるようになった配合飼料に含まれるフィードオイルに由来する過酸化脂質
これなどが大量死を引き起こす原因物質である可能性が最も高いとの説があります。
真珠養殖業者は、例えば1個3円でアコヤ貝を購入し、養殖し50円で加工業者に売るそうです。
アコヤ貝は、10万個くらい買って大事に育てれば、なんとか生活できる職業です。
でも、8割が被害を受けるともう商売にはなりません。
早く解明して、世界に自慢できる真珠を造ってほしいと思います。
スポンサーサイト



台風21号の暴風と関西国際空港

当初から、台風21号は、非常に強い台風だと言われていましたが、やはり半端ではなかったようです。

9月4日の午後、四国の徳島県をかすめて、近畿や北陸地方を縦断しました。
最大瞬間風速が観測史上最大の58.1m/秒を記録した関西国際空港では、滑走路やターミナル周辺が高潮で浸水し、午後3時には閉鎖したようです。
昨日のブログで紹介したように、風の強さと被害の程度では、50m/秒で、「ほとんどの木造家屋や木が根こそぎ倒される」となっています。
ネットの動画やニュースの動画で観ても今回は、とんでもない暴風が吹いたことがよくわかります。
今回はそれだけではなく、第5管区海上保安本部(神戸市)によると、午後1時半ごろには関空と対岸を結ぶ連絡橋に、停泊中のタンカー宝運丸が衝突していました。
台風による強風の影響で流されたとみられ、衝突場所は関空から約20m付近で、広範囲にわたって橋脚などが損傷していました。
この連絡橋は、人工島にある関空と対岸を唯一結び、上部を車、下部を鉄道が走る2層構造となっています。
したがって、関西エアポートは連絡橋の鉄道、道路ともしばらくは通行止めになってしまいます。
このような災害で、関空島では利用客だけでら約3千人が孤立状態になっていました。
旅客機の発着便が1日平均で460~470便もある国際空港です。
観光にとって大打撃だけでなく、重要な予定を組んでいた人たちにとってはまさに取り返しのつかない災害になってしまいました。
すべてが、一日も早く機能することを願うばかりです。

台風21号の強風で関空連絡橋に衝突したタンカー(4日午後)=近畿地方整備局提供
台風21号の強風で関空連絡橋に衝突したタンカー(4日午後)=近畿地方整備局提供

集中豪雨のあとは、焼け付くような日々が続き、そして今度は台風です

集中豪雨のあとは、焼け付くような日々が続き、そして今度は台風です。

今度の台風12号は、今までの常識的なルートである。西から東へと進んでいくのと違い、東から西へ向かってくるルートのようです。
これは、夏の高気圧が朝鮮半島から北日本方面を覆っていて、この高気圧に行く手を阻まれるような形で台風12号は南よりの進路へと変わってきたようです。
そして、東海沖を西へ進む寒冷渦との相互作用で、28日(土)になると西よりに進路を変える見込みとなっています。
最新の予報では東海沖から紀伊半島、西日本方面を通過するルートとなっているようです。
こうなると、愛媛県では石鎚山の恩恵も受けられず、ノーガードで豪雨に対峙しないといけないことになります。
広島県や岡山県も同じですが、西日本豪雨の被災地で、なんとか治まってきたところでも、また被害が出るかも知れません。
被害がないことを祈っています。


このような台風12号のルートです。


シュミレーションでは、ほとんどが被災地に向かうルートになっています。

今年の異常な暑さは「災害」

昨日は、一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」でした。

松山では、ものすごく暑いと感じたものの、最高で33.7度でした。
でも、日本列島は松山どころではありませんでした。
午後2時23分に埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1度を記録したそうです。
また、午後1時29分には東京都青梅市で都内初の40度超えとなる40.8度を記録したそうです。
そして、暑い日が続いている岐阜県多治見市でも午後1時40分に40.7度を記録するなど、各地で猛烈な暑さとなったようです。
国内の過去最高は、2013年8月の高知県四万十市の江川崎で観測した41.0度で、東京都内の過去最高は04年7月に東京都心と練馬区で観測した39.5度でした。
午後5時までの主な各地の最高気温は、甲府市が40.3度、埼玉県寄居町と群馬県桐生市が39.9度です。
東京都心は39.0度、名古屋市39.6度、大阪市37.2度です。
西日本豪雨の被災地でも午前中から気温が上がり、愛媛県大洲市で35.9度、広島市安佐北区で36.0度、岡山県倉敷市で35.2度を記録しています。

熱中症対策は深刻です。
今年の1月に真夏のオーストラリアに行きました。
出発の前の日の1月9日のニュースで、熱波の影響により、ニューサウスウェールズ州シドニー西部のペンリスで最高気温が47.3度に達したと発表がありました。
シドニー周辺では1939年に西部リッチモンドで47.8度の最高気温を記録して以来、79年ぶりの高い気温だということで、どんな準備をして行こうかと悩んだしだいです。
1月11日に、西オーストラリアのパースに着いて、そこから延々1200kmの道のりをシャークベイへ向かって行ったのですが、そこの道のりの暑かったこと。
車の中でも外の熱風が感じられました。
トイレ休憩では、車から降りた瞬間に汗が出まくっていました。
私が一番見たかった観光地のストロマトライトでも、30分も外にはいられませんでした。
「焼けつく太陽」とはまさにこのことで、これが40度以上の暑さだと思います。
松山では33.7度でも、ものすごく暑いと感じたけれど、比べると、大洲市では2度も高いし、熊谷市では7度以上も高い気温です。
これぐらい暑いと災害なので、高校野球を含めて、過激な運動や仕事は時間制限を設けるのがいいのかなと思ってしまいます。

松山では、今日も猛暑です

松山では、今日も猛暑が続いていますが、松山だけでなく、日本列島全体で猛暑です。

3連休最終日の16日も東北から九州にかけて高気圧に覆われ、岐阜県揖斐川町では今年最高となる39.3度を記録したそうです。
共同通信の集計では、熱中症とみられる症状の救急搬送は全国で2020人に上り、新潟、愛知、静岡、三重の各県で5人が亡くなり、3連休では計5616人が搬送され、搬送当日に亡くなったのは14人だったそうです。
西日本豪雨の被災地においても、軒並み30度以上の真夏日となり、35度を超えた地点もあります。
愛媛と、岡山、広島の3県では計137人が熱中症の疑いで搬送されました。

気象庁によると、朝から気温の高い状態が続き、全国927観測点のうち646地点が真夏日になり、うち186地点が猛暑日となったそうです。
岐阜県の揖斐川町は午後2時すぎに今年最高となる39・3度を記録し、多治見市と岐阜市も午後3時までにそれぞれ39・0度を観測しました。
15日の最高気温(揖斐川町や京都府福知山市の38・8度)を抜きました。
岐阜県美濃市や郡上市、群馬県伊勢崎市で38・8度、愛知県豊田市で38・7度と続いています。

そして、西日本豪雨によって亡くなった人は、16日午後7時半現在、14府県で計214人、安否不明者は4県で計18人となっています。
一方、被災地では3連休の最終日も、厳しい暑さが続き、岡山県高梁市で37・3度を記録するなど、各地で35度以上の猛暑日となり、熱中症の疑いで救急搬送される人が相次いでいました。
広島県では16日、坂町などで新たに2人の死亡が確認され、県内の犠牲者は計102人となりました。
広範囲が一時水没した真備(まび)町地区のある岡山県倉敷市で36・1度でした。
肱川が氾濫した愛媛県大洲市で35・5度でした。
土石流が発生した広島市安佐北区で35・1度でした。
3連休中愛媛、広島、岡山の3県で活動したボランティアは、少なくとも計約3万3000人に上ることが各県の社会福祉協議会への取材で判明したそうです。
総務省消防庁の16日正午現在のまとめでは、16府県で約4800人が避難生活を続けています。
また、厚生労働省によると、同時点で愛媛、広島、岡山の3県で約15万9000戸が断水しているようです。
まだまだ暑い日が続きます。
大変な時に水害にあったものです。
大量にごみが発生していますが、これも前日まで使っていた冷蔵庫やテレビや食器棚などです。
なければ困るものは、また買わなければなりません。
家や土地の被害だけでなく、生活必需品や大切な思い出の品々まで流されてしまった人も多いことと思います。
そんな中、このような猛暑です。
私たちは、「頑張ってください」としか言うことはできないのですが、くれぐれもお体には気をつけて頑張ってください。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR