FC2ブログ

大寒波と地球規模の対処②

昨日のブログ、「大寒波と地球規模の対処」で2010年から2020年に何が起こるかを書いたレポートを紹介しましたが、こうした状況を地区ごとにまとめると、
 
(1)地球規模の気象変動
①ヨーロッパ
気候変動の被害が最も大きく、特に北西の海岸部ではシベリアのようになるそうです。
ヨーロッパ南部でも気候は変わりますが被害は比較的少ないそうです。
降雨量の減少によりヨーロッパ全体で食料が不足し、ヨーロッパは北欧とアフリカからの難民に悩まされるだろうと予想されています。
②アメリカ
アメリカ北東部での農作物の収穫量が減るそうです。
南西部では温暖な季節は長くなりますが旱魃と強風による土壌喪失が起ります。
海岸地域は海面上昇が続くので温暖期と同じ危険があり、米国は内向きにならざるを得ないと予想されています。
③中国
台風による降雨が不安定になるので食糧供給に問題が出ます。
冬はより長く夏はより暑くなります。
広い範囲で飢饉が起り、内乱が起り、同時にロシアや西欧のエネルギー資源を欲しがると予想されています。
④バングラデシュ
台風と海面上昇で大部分の地域が居住不能になります。
飲用水も海水に汚染され、難民が中国とインドに向かうと予想されています。
⑤東アフリカ
ケニア、タンザニア、モザンビークは旱魃になり、食糧供給は困難になと予想されています。
⑥オーストラリア
ここが一番被害は少ないと思われていますが確実ではありません。

こうした気候変動は、農業、漁業、野生生物、水、エネルギーに影響します。
穀物の収量は、低温、水不足、生育可能期間の短縮により10-25%減少し、従来の害虫が死に絶えても新しい害虫が生まれ、新しい殺虫剤と駆除法が必要になります。
漁民は魚群の移動に対応できていないだろうと予想されています。

(2)世界中の食糧や資源争い
突然の気候変動が引き起こすことによる影響は次の3つと予想されています。
①食糧不足
②飲料水の不足
③鉱物資源の不足

始めのうちは条約や貿易規制のようなことが行われるだろうと予想されていますが、土地や水の問題は次第に暴力的になり、紛争国が絶望的になるにつれて争いは激しくなるだろうと思われます。
現在の人類の生活を支えているのは輸送能力と言われています。
つまり、必要な資源が一部の地域に偏って存在しています。
これが突然寒冷化した場合、輸送能力は大幅に落ちるでしょう。
その結果、食料、水、エネルギーを争奪する戦争が起ると思われ、戦争と飢餓により人口は減少し、やがて低下した輸送能力に見合うようになります。
米国や西欧のように、高い輸送能力をもっている国は同時に突然の寒冷化に対処する能力が高く、このことが持てるものと持たざるものとの対立を激しくし、そして持たざるものは行動を起こすそうです。
人類は飢餓と略奪の選択を迫られた時には、隣国を略奪してきた歴史があります。
狩猟採集時代から農耕時代まで、戦争があると全人口の25%の成人男性が死んだそうです。
平和な時代が来たのは、輸送力が増した時代だれです。
しかし、このような平和な時代は長続きしません。
人口が急速に増加して輸送力を圧迫し、戦争を呼び戻すような、最も闘争的な社会のみが生き延びてきました。
過去3世紀では、皆殺しを避けて、勝敗を決めるために最小限の敵を殺した後、生き残った人間に自国の経済を再建させるようになりました。
戦勝国も輸送力を増強して隣国との関係の融和に努めるようになりました。
突然の寒冷化によって輸送がいたるところで途絶すると、このような傾向も崩壊して元の状態に戻り、戦争の時代になると予想されています。

(3)寒冷化に対する対策
これまでに急激な寒冷化が少なくとも8回起ったことは歴史的な事実です。
急激な寒冷化に備えて打つべき対策ですが、
①天気予報モデルの改善
研究を進めて、気象変動を確信を持って予知できるようにします。
特に急激な気象変動が起る場合の予兆を明らかにする必要があります。
②気象変動によって起きる事柄を包括的に予測
急激に寒冷化が起った時に、生態、経済、社会、政治にどのような影響が現れるかを研究する必要があります。
このような研究だけが事前に紛争を予防できると言われています。
③脆弱さを示す指標を作る
それぞれの国が寒冷化に対してどの程度脆弱かを示す指標が必要です。
その指標は、農業、水、鉱物資源、技術水準、社会の団結と適応性を含んでいなければなりません。
④後悔のない戦略
どのような戦略を取れば、後悔しないで済むかを明らかにします。
食物、水を確実に供給し、治安を維持するための戦略です。
⑤対策の演習
対策班を作って、寒冷化によって起る大量難民、疫病・伝染病、食物と水の不足に対して予め準備しておくことも大切です。
⑥局地的な対策
寒冷化は最初局地的な被害をもたらし、特に重要な食料生産地に関して、その土地や作物に特有な脆弱性を調べておかなければなりません。
⑦気象制御技術の開発
現在は気温を下げるよりもむしろ上げる方が容易です。
例えば大気中にハイドロフルオロカーボンガスを放出するなどがありますが、慎重にやらないと国際紛争の種になりかねないので注意が必要です。

(4)地球のあるべき姿
来年は2013年です。
近年の異常気象を見ていると、今後の7年間で突然の寒冷化の証拠はもっと明らかになると予想されます。
その結果何が起るかももっとよく分かるようになるでしょう。
先進国は、紛争を最小限に抑えるために外交的な努力をする必要があり、また、自然環境を破壊するような森林伐採や排気ガスの問題を深刻に考えなければなりません。
そして、核の問題ですが、昔、先進国が行った核実験でも、多大な被害が出ており、異常気象にも結びついた場所もあったと思います。
そして、今の原発の乱建設では、地球が寒冷化する前に消滅してしまいそうな気がします。
世界中の人々が、福島の被災者の気持ちになって、地球のあるべき姿を深刻に考えてほしいと思います。

大寒波と地球規模の対処

日本で、「クリスマス寒波」のことを伝えましたが、日本だけではありません。
世界中で記録的な大寒波が猛威を振るっています。
東欧では死傷者が200人以上にのぼっています。
一番顕著なのはウクライナで、首都・キエフなどで氷点下23℃を記録する寒波に見舞われています。
れまでに計83人が死亡、約100の町で停電が起きたり交通が乱れたりしています。
犠牲者の多くは路上で生活している人々だということで、ウクライナ政府は臨時の避難施設を設置するなど対応に追われています。
寒さに強いはずのロシアでも珍しく、128人もの死亡者が報告されています。
ロシアのシベリアから極東にかけての広い範囲に寒波が襲来し、一部の地域で氷点下50度を下回る厳しい寒さとなっています。
極東のオイミャコンで氷点下53度を下回ったほか、シベリア最大の都市ノボシビルスクでも氷点下43度を記録するなど、例年のこの時期に比べて10度以上低い厳しい寒さが続いています。
このため、各地で学校の休校が相次いだり、水道管が凍って破裂したりするなど市民生活に影響が及んでいます。

毎年毎年異常気象だと言っている気がしますが、ここまで記録的な異常気象が続くと、これは異常でもなんでもなく、これが現在の地球の姿かも知れません。
2010年から2020年に何が起こるかを書いたレポートがありました。
そのレポートを紹介すると、
約60年続いた温暖化の後、2010年には海洋熱塩循環の崩壊が始まり、メキシコ湾流が作っていたヨーロッパの温暖な気候は失われるそうです。
循環のパターンが変わることによって、直ちに北ヨーロッパとアメリカ東北部の気候が変わります。
それは大量の温かい水が北大西洋に来なくなるためであって、ヨーロッパと北半球の多くの地域が寒冷化するとともに降雨量が減ります。
そして、2010~2020年の気候としては、
①ヨーロッパと北アメリカの穀倉地帯及び人口密集地帯で旱魃が続く
②アジアと北アメリカでは平均気温が毎年2.8℃下がり続け、ヨーロッパでは3.4℃下がる
③オーストラリア、南アメリカ、アフリカ南部では2.2℃上がる
④冬の嵐が強まり、西ヨーロッパと北太平洋では強い西風が吹く

およそこのような状況になり、北アメリカとアジア北部の内陸部での気候は更に厳しくなるそうです。
中国南部とヨーロッパ北部とで10年以上続く大規模な旱魃が起こり、同時に従来は比較的乾燥していた地域が何年間も大雨に襲われ、畑作が壊滅するそうです。
北大西洋地域と北アジアの冬が寒冷化することは明らかで、山に雪が積もるので夏も寒くなり、地域により風速が強くなります。
海洋熱塩循環が崩壊後の5年間はヨーロッパ北部の受ける打撃が大きく、その後、ヨーロッパ南部、北アメリカが被害を受け、農業は特に大きな被害を受けるそうです。
強風と旱魃により土壌も失われ、2020年頃のヨーロッパの気候はシベリアに似てくるそうです。
今までは北半球でしたが、南半球で何が起るかは、参照できる古気象学のデータが足りないので良くは分からないそうです。
北半球が寒冷化するのとは逆に、気温、降雨量が上がり、嵐が増えるだろうとも予想されています。
来年は2013年です。
そして、レポートのように、北半球での寒波は深刻になっています。
私たちは、これを異常気象と捉えず、地球規模での対処をする必要があります。

異常気象と水事情

地球は水の惑星だと言われています。
確かに、地球には約14億立方キロメートルの水がありますが、そのうち約97%は海水となっています。
塩分を含まない淡水はたった約3%にとどまり、このうち約70%は南極や北極にある氷です。
さらに細かく分類していくと、飲み水は全体のわずか0.01%に過ぎません。
世界人口62億人に対して、たったそれだけなのです。
地球上の人口を考えると食料と飲料水が完全に足りないと言われています。
現実に世界中で水不足に悩まされ、その極端な地域としてアフリカ大陸のサワラ砂漠より南の地域では、雨が降らないために慢性的な水不足と食糧危機がずっと続いています。

(1)おいしい水は高い?
日本では、平気で井戸水を飲んでいますがきれいな水は世界各国ではなかなか飲めません。
そして、きれいな水を作ろうとすれば莫大な費用を要します。
日本で売られているペットボトル一本の水の値段は、500mℓが120円です。
例えば、ガソリンの値段が1ℓ140円くらいですから水のほうが高いことになります。
ドイツでは、ガス入りの水が0.7ユーロ(80円)、ガスなしの水が4ユーロ(450円)、そして赤ワインが1.7ユーロ(200円)です。
つまり、ワインのほうがおいしい水より安いことになります。
ヨーロッパではこれが普通だそうです。
日本では水道水が普及し、よっぽどの渇水でもない限り、水に困ることはありません。
ましてや世界の水不足のことなどは考えてもいません。
でも、そんな日本の水道水でも、清涼飲料水として買い求める水の値段ほどではないのですが、下水道代も加算されているからかなり高い値段で買っています。
各自治体が、少しでもおいしく飲めるように莫大な資金と創意工夫をもって作られています。
こんな今こそ真剣に水問題を考えてみなければいけません。
 
(2)世界の水事情
世界の水事情について簡単にまとめてみると、
①水が原因で年間500~1000万人が死亡
②12億人が安全な飲料水を確保できない
③2025年には48か国で水が不足する見込みで、2050年には60カ国にまで達し、水不足国の合計人口は、2030年には現在の5億人から70億人に達すると予測される
④水がかかわる病気で子どもたちが8秒に1人ずつ死亡
⑤途上国における病気の80%の原因は汚れた水
⑥界人口の50%に対し下水道などの衛生設備が未整備
⑦淡水魚の20%の種が水の汚染で絶滅の危機
「21世紀は水の世紀」という概念は、水問題への理解と解決なくして世界の平和は訪れないという考えが根底にあります。
水問題は、もはや発展途上国だけの問題ではなく、国際社会全体の問題であるという認識が必要だと思います。

(3)近年の異常気象の原因
近年の水の問題では降雨のパターンが変わっています。
①これまでの経験をはるかに越えるゲリラ豪雨が降る
②雨季の時期がずれる
③半乾燥地で今までは少ない雨でもなんとか工夫して暮らしていた地域にまったく雨が降らなる

といった事態が起きています。
気候変動で、水の循環のパターンが変わってしまっています。
そうなると、これまでの防災基準では対応できないほどの雨が降ってしまい、洪水対策が後手にまわってしまいます。
このような気象変化は、土石流や溜め池の決壊、土砂崩れや河川の決壊、地盤沈下だけでなく、これまで栽培してきた農作物が、天候の変動により、育たなくなってしまうかも知れません。
そんな実害が出てきますが、それでも先進国ならば、建築物の補強、堤防をより高くするなど、変化に対して何らかの手を打つことができるかも知れません。
けれど、迅速に対応することができない国や地域は大きな被害を被ることになります。
但し、このような気象変化は、森林伐採やCO2などの大気汚染などが要因になっていることが多く、つまり人災なのです。
原発だってそうです。
クリーンエネルギーがうたい文句だったけど、人が住めないような汚染状態です。
地球をより良くするために、先進国から取り組まなければなりません。

ヤンガードライアス期

昔、地球の気象変動の歴史の中で、ヤンガードライアス期がありました。
ヤンガードライアス期(Younger Dryas time)は、ヤンガードリアス期(Younger Dryas time) または、新ドリアス期(New Dryas time)とも呼ばれ、最終氷期から完新世への移行期の1万2900年前から1万1500年前にかけて北半球の高緯度で起こった現象で、温暖なアレレード期に続きプレボレアル期に先行する寒冷期のことです。

(1)急激な気候変化
ヤンガードライアスは、最終氷期が終わり温暖化が始まった状態から急激に寒冷化に戻った現象で、この変化は数十年の期間で起きたとされています。
グリーンランドの氷床コアのデータは、この間、グリーンランドの山頂部では現在よりも15℃寒冷であったことを示しています。
イギリスでは甲虫の化石から、年平均気温がおよそ-5℃に低下し、高地には氷原や氷河が形成され、氷河の先端が低地まで前進していたことが示唆されています。
これほど規模が大きく急激な気候の変化はその後起きていません。

(2)ヤンガードライアスの規模
ヤンガードライアスはヨーロッパに非常に大きな影響を与えたましたが、同時に世界各地でも類似の現象が報告されています。
①スカンジナビアにおける、森林から氷河性のツンドラへの交代
②世界各地での山岳部、山脈部での氷河作用の進行もしくは降雪量の増加
③アジアの砂漠起源の塵の地球大気中への増加
④ナトゥーフ文化で農業が始まった原因と言われる、レバント地方の旱魃
⑤南極の氷床コアで発見された南半球の寒冷期
但し、南極で見られる寒冷化は、ヤンガードライアスの少し前に始まってほぼ同時期に終わっており、規模がグリーンランドよりも明らかに小さくなっています。
これが世界的な出来事だったとしても、この時期に南半球には氷河の前進の証拠が無いことが問題視されています。

(3)ヤンガードライアスの原因
この原因としては、北大西洋の熱塩循環の著しい減退もしくは停止に求める説が有力です。
最終氷期の終了に伴う温暖化によって、それまで北大西洋中緯度までしか北上できなかった暖流のメキシコ湾流が高い緯度まで達するようになり、そこで大気中に熱を放出して沈降します。
その放出された熱によりヨーロッパは高緯度まで温暖化が進み、大陸氷床は急速に縮小しつつありました。
北アメリカでも氷床は後退しつつありましたが、融解した氷床は現在の五大湖よりさらに巨大なアガシー湖を造って、そこからあふれた大量の淡水はミシシッピ川を通ってメキシコ湾に注いでいました。
しかし氷床が北に後退すると共に、セントローレンス川の流路が氷の下から現われ、アガシー湖の水は今度はセントローレンス川を通って北大西洋に流出するようになりました。
この膨大な量の淡水は、比重が海水より小さいこともあって北大西洋の表層に広がり、メキシコ湾流の北上と熱の放出を妨げた結果、ヨーロッパは再び寒冷化し、世界的に影響が及んだとされています。
しかし、現在のところ、この理論ではなぜ南半球の寒冷化が先に起こったのかが説明できていません。

(4)ヤンガードライアスの各説
もっとも有力な一つの説では、北米大陸への彗星の衝突により巻き上げられた塵による寒冷化があげられ、米国のオクラホマ州、ミシガン州、サウスカロライナ州、カナダ・アルバータ州などで、その証拠となる極小のダイヤモンドが約1万3000年前の地層から発見されていました。
1万2900年前に、地球上で1300年間続く寒冷期が唐突に始まり、当時北アメリカに生息していたほとんどの動物が絶滅したと言われています。
先に述べたように、2007年発表の研究によって彗星の衝突が原因とされていますが、この説に異議を唱える新たな研究も発表されました。
2007年の彗星衝突説では、北アメリカに生息していたサーベルタイガーやマストドンなど大型動物の絶滅も衝突による寒冷化や野火が原因であり、北アメリカの初期文明であるクロービス文化が衰退したのも同様の可能性があるとされています。
この学説は、北アメリカ全土に薄く広がっている堆積層から発見された考古学的な証拠と、同じ層の土壌サンプルから検出された地球外に起源を持つ磁性粒子に基づいて唱えられました。
また、カリフォルニア州にあるローレンス・バークレー国立研究所の核化学者リチャード・ファイアストーンさんが率いた当時の研究チームは、彗星衝突の際に生じた猛火が残した木炭や極小の炭素の痕跡も発見しています。
しかし、オレゴン州ポートランドで2009年10月に開催されたアメリカ地質学会(GSA)の会合で、これらすべての証拠に異議を唱える最新の研究が発表されました。
南イリノイ大学の地質学者ニコラス・ピンターさんの反論は次のようなものです。
「2007年の研究で木炭とされた黒い物質だが、実際は古代の湿地帯で形成された黒い土壌の一部であり、それを木炭と勘違いしたようだ。また微量の炭素も、猛火と必ずしも結び付くものではない。ただし磁性粒子に関しては、地球外からやってきたと見て間違いはないだろう。しかしその起源はファイアストーン氏が指摘したような彗星ではなく、地球に毎年3万トンも落下する小隕石がもたらした可能性が高い。この磁性粒子は、年代の異なるほかの多くの地層にも同程度以上の濃度で含有されている」。
アリゾナ大学の考古学者ヴァンス・ホリデーさんも、「クロービス文化が彗星の衝突で消滅したという証拠は見つかっていない」と表明しています。

(5)今の地球は
但し、ヤンガードライアスの存在自体は疑う余地がありません。
今後、世界中で1万2900年前にあったヤンガードライアスがないとも限りません。
ここ数年の気象変動を振り返ってみると、案外近いうちにヤンガードライアスが来るような気がします。
中国やインドをはじめ、地球の人口がどんどん増えて当たり前の生活さえも苦しくなってきています。
先進国である日本でも、景気が下降しだした1994年(平成6年)からはずっと赤字国債に頼っています。
今では税金と同じくらいの赤字国債を発行して国の予算を賄っています。
このうえヤンガードライアスが来ればどうなるのでしょうか?
あの恐竜が撲滅したように人間も地球上からいなくなる日が来るかも知れません。
今のような原発などの化学兵器のない過去の歴史を振り返っても、地球の危機だったと思われる時代はいっぱいあります。
今の政治家や事業家たちは、地球から自然の森と資源を奪うことに必死になっています。
こんな状態が長く続くのなら、ヤンガードライアスが来る前に地球が滅びているのかも知れません。

高層ビル建設と地下水の影響

マンションなどの高層ビル建設の現場では、基礎工事で地下水を多量に汲み上げることがあります。
特に地下室などを施工する場合には地下を掘り下げると多量の地下水が湧き出てくることがあります。
地下水の量にもよりますが、一日中汲み上げて排水していることもあります。
この場合に、周辺の井戸には異常が起きないのかよく聞かれることがあります。

(1)基礎工事と井戸の状況
周辺の井戸の状況については、
①地形・地質
②地下水の量および流動方向
③工事による揚水状況
④井戸の深度

等の現況を全て詳細に把握しない限り、判断は難しいと思います。
建設中の揚水は、建設の進捗に伴い地下に構造物が出来上がってくれば、地下水の汲み上げは必要ありませんので、影響があるとしても一時的なものと考えることができます。
但し、一時的とは言え、大規模な高層ビル建設で地下水を多量に汲み上げたことにより、周辺の地下水位が大幅に低下することがあります。
高層ビル建設地周辺で、井戸水を利用されている方のうち、10m程度の浅井戸などはその流動方向や揚水量によっては水位が低下するため、井戸水量が減ったり、濁ったり、極端な場合には「井戸枯れ」と言って井戸水がまったく利用できなくなることがあります。
これは、先に述べた地下水の流動方向の関係から、高層ビル建設現場より下流側に位置する井戸には特に顕著になります。
地下水の汲み上げによる影響を受けやすい井戸かどうかについては、高層ビル建設に伴い、地下水を汲み上げている地層と周辺の井戸深さがわかればその因果関係が明確になると思われます。
例え「井戸枯れ」が発生しても、一般的には基礎工事が完了し汲み上げが終われば元に戻るのがほとんどです。
但し、地下水には、「地下水脈」つまり「みずみち」があって、いちど「みずみち」が干上がるとそこが「みずみち」でなくなることがあります。
特に下流側で「井戸枯れ」が発生した場合には基礎工事で遮断された「みずみち」は、そのあとコンクリート基礎が完成しても以前の「みずみち」は通らずコンクリート基礎を迂回し、別の「みずみち」を探すことがあります。

(2)事前調査と対策工
近年では環境に対する問題意識が高く、事前調査として調査ボーリングにより地層を把握し、現場透水試験や流向流速測定などの地下水調査等を行い、施工時において周辺への影響を可能な限り低減する工法が採用されています。
また、調査結果を基に地下水の汲み上げによる周辺環境への影響予測を行い、大きな影響が生じるような場合には対策工を講じて影響を低減しているものと思われます。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR