FC2ブログ

グラスビーチの歴史

カリフォルニア州フォートブラッグ付近にあるMacKerricher州立公園の敷地内には、一面にカラフルなガラス玉が散らばる「グラスビーチ」と呼ばれるガラスの浜があります。

このビーチは、20世紀の初期にはゴミの廃棄場所となっていたそうで、大量のガラス瓶や電気製品などが打ち捨てられていたそうです。
1967年になると時の市長がこのエリアを完全に閉鎖し、いくつもの清浄化プログラムを実施したそうです。
その結果、一帯のゴミはほとんどなくなり、残されたのは小さなガラスの破片だけになりました。
その後、数十年かけて打ち寄せる波によってガラスは丸みを帯びていき、現在のようなガラス玉になったとのことです。
今では裸足でも歩けるようです。
このような「グラスビーチ」はハワイのカウアイ島にもあり、また日本にもあるようですが、歴史が浅いと破片も角ばったものが目立つようです。
瀬戸内海みたいに波が静かだと、いつまだたっても廃棄物のままかも知れません。
そして、現在では、飲料水の容器はその殆どがペットボトルに取って代られています。
これは、踏んでも危険はないのですが、海への新たな材料の供給が大きく減少しているということは容易に想像できます。
「グラスビーチ」も、50年経ってこのような美しい観光地になったのですが、それまでに大量のビンが捨てられていたのは事実です。
ペットボトルは、例え50年経っても、美しく進化はしないとは思いますが、それにしても不法投棄が美しい海岸に化けるとは、私の中では複雑な心境です。
これは、当時の市長の英断なので、良い例とは思いますが、どこででもこのように変わるとは思えません。
やはり、不法投棄は許せないことだと思います。


色とりどりの「グラスビーチ」です。
このように美しい海岸になるのに、何十年かかったのでしょうか?


それにしても驚きです。
ここが20世紀の初期にゴミの廃棄場所となっていたとは、現在では信じられない美しさです。


クローズアップで見ると、宝石と同じに見えます。

地球温暖化と台風との関係

フィリピン中部を襲った台風30号「アジア名Haiyanフィリピン名Yolanda」での亡くなった人や行方不明の人が、救援活動の進展に伴い急増し、5000人規模に迫ってきています。

フィリピンでは、今回の台風の以前にも、何度か大きな台風被害を受けています。
①1991年の「Thelma」では、亡くなった人は5081人でした。
②2011年の「Washi」では、亡くなった人は1257人でした。
③2012年の「Bopha(Pablo)」では、亡くなった人は1901人でした。

日本にも台風はよく来ていますが、1000人規模で亡くなることはありません。
何故、フィリピンではこんなにも被害が大きくなるのでしょう。
これは、地球温暖化にも関係があるとの研究結果が出ています。
温暖化の原因と見られるのは二酸化炭素ですが、下の国が多い順です。
単位は百万トンです。 
1位 中国 7,217.1
2位 アメリカ 5,368.6
3位 ロシア 1,581.4
4位 インド 1,625.8
5位 日本 1,143.1
6位 ドイツ 761.6
7位 カナダ 536.6
8位 イラン 509.0
中国とアメリカとで40%以上を占めています。
日本は中国の6分の1ですが、それでも5位です。
そして、各国の排出量に対して、最も激しい影響を受ける国は、二酸化炭素排出が少ない国であると言われています。
これは、温暖化と海面上昇との関係から言えるそうです。
温暖化の結果、海面が上昇し、沿岸諸国における台風被害はさらに激しくなってきているそうです。
それは、近年の日本での台風被害でもはっきりとわかります。
今年の伊豆大島の豪雨災害などは、信じられないほどの降水量と風速でした。
そして、フィリピンの海面は、世界でも最も速く上昇している場所のひとつだそうです。
世界全体の平均は1年で3mmですが、フィリピンでは、3倍以上の10mmだそうです。
フィリピンでは、毎回の台風シーズンごとに、農産物の被害や生産施設の損害でGDPの2%を失っているそうです。
また、被害を受けた場所の再建のためにさらに2%が使われているとのことです。
多数の被害者のための救援が、世界各国から来ていると思います。
被害額は数十億ドルにのぼる可能性があると言われています。
台風と、地球温暖化の関係が顕著だとしたら、今回の台風30号についても、先進国に多大な責任があることを私たち日本人は知るべきだと思います。
単に、自衛隊がフィリピンに行って支援していることをニュースで観るだけでなく、日本政府のみならず、私たちに出来る支援もするべきだと思います。

大気汚染値を松山でも公開

中国からの大気汚染らしきもので、松山でも明らかに靄がかかっていると思える日があります。
そして、中国からの飛来が懸念されている微小粒子状物質「PM2・5」が1月以降、愛媛県内でも環境基準を超えて観測されていたことが2月8日に、愛媛県と松山市への取材で分かったそうです。 
これによると、環境基準(1日平均35マイクログラム以下)超を確認したのは、四国中央、新居浜、西条、松山の4市に設置している8測定局だそうで、1月19~20日と同31日~2月1日を中心に、最も多い四国中央市川之江地区では2月7日まで7回観測したそうです。
最も数値が高かったのは2月1日に新居浜市で確認した62・5マイクログラムなので、基準値の倍近くまでの数値になっていました。
「PM2・5」は直径2・5マイクロ・メートル(1マイクロは100万分の1)以下の汚染物質で、吸い込むと肺がんや気管支炎などの原因になる可能性があるだけでなく、高度経済成長期の日本の公害病である四日市ぜんそくの原因となった「硫酸ミスト」と同様の被害も起こりえるそうです。
もともと大気中の「PM2・5」の濃度については、愛媛県と松山市は2011年10月以降、工業地帯の多い四国中央、新居浜、西条、松山市の計8か所で測定していたみたいですが、「人体に影響があるレベルではないと国から説明されたが、県民の不安を払拭したい」として、2月11日から測定結果を愛媛県のホームページに掲載するようになりました。
今日の5時の時点では、
・川之江 9マイクログラム
・伊予三島 17マイクログラム
・金子 15マイクログラム
・中村 16マイクログラム
・高津 17マイクログラム
・泉川 8マイクログラム
・西条 13マイクログラム
・東予 13マイクログラム
・富久町 12マイクログラム
・垣生小学校 9マイクログラム
・朝生田 13マイクログラム
なので、基準値の半分以下になっています。

北京の大気汚染

北京の大気汚染は、以前からひどかったので心配していましたが、今年に入って11日ごろから中国各地で悪化しています。

特に、北京では晴天が続いて放射冷却現象が起き、地表近くの高湿度の空気が飽和状態となり、風も止まって濃霧が発生し、空気中に汚染物質が滞留し大気汚染が悪化したそうです。
この原因は、工場や車の排気ガスなどから出る「PM2.5」と呼ばれる極めて小さな粒子です。
肺がんなどを引き起こすとされる直径2・5μm以下の超微粒子物質で、今回の濃度は国際基準の3倍近くまで上昇し、6段階ある国内の基準でも最悪の水準に達したそうです。

以前にも、北京ではWHO(世界保健機関)指針値の36倍もの量が観測されています。
昨年だけでも、北京大学と環境保護団体グリーンピースの調査によると、北京、上海、広州、西安の4都市では、「PM2・5」が原因で約8600人が死亡しているそうです。
頭髪やスギ花粉よりもはるかに小さい粒子で、体内に入ると、気管支炎や喘息を引き起こしすそうです。
でも風邪用の市販マスクをしても吸入を防ぐことはできないと言われています。
14日は、特に全国67都市が汚染された霧に覆われました。
北京市は58の企業の操業を止め、41の企業については汚染物質の流出を30%削減するよう指示し、公務車両の稼働も30%減らしたそうです。
病院ではぜんそくや気管支炎を発症した赤ちゃんを抱えた母親らが殺到し、多くの薬店では、「PM2・5」に対応するマスクの棚が空になったそうです。
病人も続出し、北京児童医院の呼吸器・ぜんそく部門は春先まで「予約でいっぱい」で、行政はできるだけ室内で過ごすように呼びかけており、体育など屋外での授業をとりやめた小中学校も少なくないとのことです。
市民に外出を控えるよう“警報”も出しており、場所によっては200m先も茶色にかすむほどで、北京では死者も出たそうです。
今後数日間は続くとみられ、市民は不安を募らせています。
中国のインターネット上には深刻な状況を憂う声が次々に寄せられているそうで、旧日本軍が中国に遺棄したとされる化学兵器とからめて「まるで鬼子(日本)が毒ガス弾を放ったようだ」という投稿者もいたそうです。

このように「過去最悪」となった北京の大気汚染ですが、これが中国国内だけに止まらず16日夜から17日にかけて西日本に流れてくる可能性が出てくると言われていました。
今日が17日なので、この松山にもすでに来ているのかも知れません。
今までも春先には中国から黄砂が飛来しています。
そして、この黄砂にも気がつかないうちに中国からの汚染粒子が含まれています。
日中に国境はあり、尖閣諸島では中国は横柄な態度をとっていますが、汚染物質を阻む国境は存在しないのでどんどん降りかかってきます。
今日の松山の空は晴れですが、なにかしらいつもと違い太陽がスモッグにかかっていて裸眼で直接見ても眩しくありません。
実際に大気中の汚染粒子の濃度を予測した九州大学・竹村准教授のシミュレーションでは、中国の広い範囲が濃い汚染粒子に覆われていますが、17日の予測では、この汚染粒子は西日本をすっぽりと覆っていました。

このような北京の大気汚染には、有効な対応策がないそうです。
アメリカのニューヨーク・タイムズは、「北京の汚染は驚くべきレベルで、いかに子供を守るかが課題となっている。しかし、マスクを着け、空気清浄機をもう1台買う以外、有効な手立てがない」と報じています。
イギリスのフィナンシャル・タイムズは、「中国には環境保護、排出規制に関する厳しい法律があるが、当局の執行能力が足りないうえ、経済発展を優先する姿勢から大気汚染は悪化する一方だ。しかし、中国の人々も豊かになるに伴い、環境汚染に敏感になっている」と報じています。

これも、中国共産党が招いた強権政治と汚職社会の結果なのでしょうか?
でも、日本は「対岸の火事」ではありません。
大気汚染も放射能汚染も、国内のみならずどこからでも飛んできます。
被災国日本がこんな時こそ強い姿勢に出ないと地球には住めなくなってしまいます。

地球滅亡説

今は2013年になってしまったので、もう笑い話なのですが、「2012年に地球滅亡」説がありました。
学会でも議論されていた時もあったそうです。
この仮説について調べてみました。

(1)地球滅亡の仮説
①仮説(1)
惑星Xの2012年12月22日、太陽に急接近または衝突するかも知れないという説です。
紀元前に栄えていたいくつかの人類の文明が忽然と、同じ時期に消滅したのは、太陽に異変が起こり滅亡してしまったという説です。
「宇宙には何も存在しない」と昔のあまり進んでいなかった天文学で言われていましたが、急速に発達した現代天文学で、電気・電磁波が有ることがわかりました。
地球の温暖化に影響する太陽の現象は、80%に及ぶということです。
地球上で二酸化炭素も排出量が問題になっていますが、これの影響力は、わずか20%でしかありません。
だから太陽に異変が有ると、地球上の受ける影響は、計り知れないものが有り、大洪水、になるか、大干ばつになるかは、判らないので、「惑星Xの出現とその軌跡に気をつけよう」という仮説です。
まあ、この仮説は「根も葉もない」と切り捨ててもいいとは思いました。
②仮説(2)
太陽系は1万数千年の周期で、フォトンベルトの中を通り抜けるそうです。
通りぬけるのに2000年かかると言われています。
前回、フォトンベルトを通り抜けた1万3千年程前にはムーやアトランティス大陸が姿を消したと伝えられています。
一説には2000年に太陽がこの中に入り、2013年までに太陽系がすっぽりと入ってしまうと言われています。
そして、2012年12月20日ごろを境に地球もスッポリフォトンベルトの中を漂うことになるそうです。
そしてなぜかこの日、マヤ暦が終わっているという不思議な話もあります。
ところで、フォトンベルトって何でしょう?
太陽系は銀河系の中を一定の速度で周回しているそうです。
銀河系の中にひときわエネルギーの高いドーナッツ状の光の帯があることが、ハレー彗星の発見で有名なエドムンド・ハレーさんによって発見され、これがフォトンベルトと呼ばれているものだそうです。
これは、人工衛星によりその存在が確認され、写真にも撮られているそうです。
フォトンとは光の粒子という意味で、フォトンベルトを通過中に地球、人体が受ける影響としては、エネルギーの高い光子の渦巻く領域を地球が通るわけなので、地球にも、また人体にも影響があると言われています。
フォトンベルトの中では磁場、重力場などに大変化があり、動植物の細胞のバランスにも影響があると専門家は指摘しています。
地球の振動数が上昇しているので当然、体調にも変化があらわれます。
その変化を敏感にキャッチするのは命の根源、脳幹です。脳幹は呼吸やホルモン周期、血流、心拍など生命活動の根幹を司る器官だそうです。

(2)フォトンベルトの影響
フォトンベルトの影響では、と言われている現象として
①太陽の黒点活動
太陽の黒点活動も2000年~2001年にかけて極大になったのですが、その挙動は従来のものとはずいぶん違うと言われています。(北海道でオーロラが見られることもありました)
②火山活動
1960年~1975年の15年間と1990年~2000年の10年間を比べると、世界の火山活動が5.1 倍になりました。
③地震活動や異常気象
地震活動は4倍、自然災害は4.1倍に増えました。
日本での異常気象、中国やアメリカの大火と水没やにヨーロッパの大水や極寒などもあります。
④桜の開花
日本でも2002年3月に桜が開花しました。
東京で3月20日満開となり、例年より10日は早いなどの現象がありました。
⑤潮位の変動
2001年7月~9月那覇市で潮位が30cm以上高くなり、20回も冠水したそうです。
厳島神社でも2001年9月に回廊が何回も水に浸かり、参拝できなかったそうです。
日本でも3・11の1週間前に、茨城県鹿嶋市の海岸でカズハゴンドウクジラが約50頭も打ち上げられていたそうで、以前にも2002年2月に、茨城県波崎町で85頭のカズハゴンドウクジラが海岸に打ち上げられました。

(3)マヤの長い周期
マヤでは、5125年の長い周期が終わるのが2012年12月21日だそうです。
マヤの基本である絵や写本に象徴されるのは、地震や地球で、そこには2012年に、5125年の終わりが絡んでくるそうです。
この絡みの意味がわからない人は、「これは大変だ」と読み解き、さらにアステカ神話説や地球の磁場逆転説などもでていて、「2012年はやっぱり何かが起こる」となったではと推測されます。
これら説を唱えている人はほとんどが一般人で、天文学者や地質学者などは一切否定していました。
NASA側でもただのデマであると回答していました。
マヤ暦をもとにした「マヤ占い」で様々な予言を的中させてきたマヤ占いの第一人者と言われている弓玉さんは、一貫して地球滅亡説は否定してきた立場ですが、
「占い師としてみると、2012年はマヤの神様ククルカンが地上に戻り、地上を救う年です。そうなると世の中が変わる。大きなことが起きて静まり、本来眠っていた頭脳やアイデアが地上に満ち溢れてくる。今までの人間の物質的価値観が破壊され、新しい世界が始まる。大きな変革のときに間違いはないですね」
と解釈しており、悪い意味ではないようです。

(4)地球温暖化と気温上昇
いずれにせよ2012年は終わりました。
2013年が来たことにより地球は滅亡しなかったようです。
但し、この「地球滅亡説」を単にデマと言い放つほど地球は穏やかでないのも事実です。
100年間毎などの気温上昇高は、
→(100年前迄)+0.1度 →(現在迄)+0.5度 →(100年後迄)+6.4度 → (200年後迄)+70度→ (240年後迄)+200度 →
このようになると推測されています。
従って、今後の平均気温は、
(現)17度 →(100年後)23度 →(200年後)100度→ (240年後)300度 → (260年後)400度超 →
となり、これを地球の過去にあてはめ、現温暖化が止められない場合の将来としては、
→(13万年前)間氷期[温暖安定期]→寒冷化→最後の氷期→温暖化→最後の間氷期→寒冷化→(8000年前)森林破壊開始→寒冷化減速→寒冷化停止→(200年前)現温暖化開始→現温暖化加速→未経験の高気温→(200年後)気温100度、人類死滅→全生物死滅→(260年後)気温400度超→第2金星
となることも十分考えられます。
世界中の人々が、地球のあるべき姿を深刻に考えてほしいと思います。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR