FC2ブログ

石鎚山について

愛媛県を台風から守っている石鎚山を紹介します。

(1)霊峰石鎚
石鎚山は愛媛県ならびに四国だけでなく、西日本最高峰(1982m)です。
愛媛県西条市と久万高原町の境界に位置しています。
正確には、最高峰に位置する天狗岳(てんぐだけ、標高1,982m)・石鎚神社山頂社のある弥山(みせん、標高1,974m)・南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m)の一連の総体山を石鎚山と呼んでいます。
石鎚山は、日本百名山、日本百景の一つであり、また、富士山(静岡県、山梨県)、立山(富山県)、白山(石川県、岐阜県)、大峰山(奈良県)、釈迦ヶ岳(奈良県)、大山(鳥取県)とともに日本七霊山の1つに数えられ、また、奈良時代から修行道場として知れ渡り、空海も修行に訪れた山岳信仰で有名な山です。
石鎚山脈の中心的な山であり、石鎚国定公園に指定されている。
石鉄山、石鈇山、石土山、石槌山あるいは伊予の高嶺などとも表記されています。
『日本霊異記』には「石槌山」と記され、延喜式の神名帳では「石鉄神社」と記されています。
前神寺および横峰寺では「石鈇山(しゃくまざん)」とも呼んでいます。

(2)地形・地質
新生代第三紀の1500万年前ごろまで、活火山として活動しており、山体は三波川変成帯を覆っている安山岩が露頭に見られます。
この安山岩は山頂の南側の面河渓谷を中心とする直径約7kmに分布しており、カルデラを形成しています。
このカルデラは日本で一般的なじょうご型カルデラではなく、環状割れ目噴火によるバイアス式カルデラです。
約2万年前の最終氷期にこの辺りは周氷河作用が働き、岩石が砕かれ岩稜の山が形成されたものと推定されています。

(3)登山ルート
現在、石鎚山の一般的な登山ルートは2ヶ所あります。
一つは西条市の西之川から、1968年8月1日に開通した「石鎚登山ロープウェイ」に乗り、石鎚神社成就社を経て北東側から頂上に至るルートです。
もう一つは南側の面河村から1970年に開通した石鎚スカイラインを走り、南東側の土小屋から向かうルートです。二つは頂上直下の、「二の鎖」下で合流しています。
距離的には二ルートとも似たようなものですが、成就社ルートはロープウェイ山頂駅の標高が1300mであるのに対し、土小屋ルートのスタート地点は 1500mと、標高差が少ないため、こちらのほうが利用者は多いと思います。
私も何回か登りましたが、すべて土小屋ルートです。
どちらのルートも、スタート地点までバスがあるとはいえ、本数は少なく、車が必要になります。
先ほど「二の鎖」と言う表現を用いましたが、石鎚山は弥山まで3箇所の鎖場があり、下から「一の鎖」(33m)、「二の鎖」(65m)、最後は「三の鎖」(67m)と続いています。(ただし迂回路もあります。)
また「一の鎖」の手前に前社ヶ森の岩峰にかかる「試しの鎖」(48m)があり、これが最も急勾配です。
山頂からは瀬戸内海、および土佐湾、見通しのよい日には大山を始めとする中国山地、九州の九重連山まで望むことができます。

(4)愛媛県の守り神
この石鎚山のおかげで台風が直撃するような自然災害も少なく、名実ともに愛媛県の守り神となっています。
先日の台風6号も高知県は大変な雨風で、被害も出たのですが、愛媛県には全く影響がありませんでした。
山があるために、気圧配置とかも影響しているのでしょうが、それにしても不思議な山です。



          最高峰に位置する天狗岳です。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR