FC2ブログ

井戸の洗浄について

井戸は長年使用すると地下水の変化や耐用年数により目詰まりを起こすことがあります。
この目詰まりを除去する方法として機械洗浄の工法について述べたいと思います。

①ベーリング洗浄工法
ケーシングの内径に近いベーラーを使用し、このベーラーを引き揚げる時に水に与えられる衝撃作用を利用して目詰まりを除去する工法です。
地上装置として、簡易櫓と動力ウインチ等を使用します。

②ブラッシング洗浄工法
ケーシングの内径より2~3mm大きめの円形のワイヤーブラシまたはナイロンブラシを上下させることによりスクリーン及びケーシング内部の付着物を掻き落し除去する工法です。
ブラシによる除去と同時に上下運動によね水の衝撃作用が目詰まり除去に効果的です。
地上装置として、簡易櫓と動力ウインチ等を使用します。

③スワッビング洗浄工法
ケーシング管内にピストンの役目をするサージプランジャー(スワブ玉)を挿入し、上下させてピストン動作を与えて、水の動揺を大きくしてスクリーン周辺のスケールや砂粒を除去する工法です。
ただし、スクリーン等が劣化している場合は、過度のスワッビング洗浄はスクリーン等を破損させる場合もあるので注意が必要です。
地上装置として、簡易櫓と動力ウインチ等を使用します。

④ジェッテイング洗浄工法
井戸内で、ノズルより高圧水を噴出させ、スクリーン部の内外に強力な洗浄と衝撃作用を与えて目詰まりを除去する工法です。
通常は地上装置として、簡易櫓と動力ウインチ等を使用し、さらにジェッテイング装置として加圧ポンプと水タンクを設置し、ポンプのデリバリ部に送水管、ジェットノズルを取り付けたものを使用します。
当社ではこの工法をよく用いています。

⑤揚水・注入洗浄工法
水中ポンプで揚水した水を、バルブを備えた地上水槽に貯留し、その水をポンプで急激に井戸内に流入させて逆洗する工法です。
揚水・注入を繰り返すことによりスクリーンと充填砂利中の目詰まり物質を揺動させ洗い出します。

⑥大容量断続揚水洗浄工法
井戸内に大容量の水中ポンプを仮設し、断続運転で水位に急激な変化を与えると同時に、揚水水位を通常以上に降下させてスクリーンと充填砂利または地層中の目詰まり物質を除去する工法です。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR