FC2ブログ

地質調査と環境

地質調査と周辺環境への影響について考えたいと思います。
現在の生活の中では、地球規模での環境対策を行っていく必要があります。
当社が行っている地質調査も例外ではありません。
地表踏査からボーリング調査、各種試験や探査、地下水の調査から現地での計測等、どのような影響があるのでしょうか?

(1)地表踏査
①踏査での山野の踏み荒らし

(2)ボーリング調査
①試掘・・・・カッターやブレーカー等の使用による騒音振動の発生、残土の発生
②搬入時・・・・踏み荒らし、樹木の伐採
③路上での架設・・・・交通の障害
④掘進時・・・・泥水(産業廃棄物)の発生、エンジンや金属類の打撃からの騒音の発生、地下埋設物の事故(ライフラインへの影響)、近隣井戸への泥水混入による濁水の発生
⑤復旧時・・・・モルタル注入
⑥コア処分・・・・有害物質混入の可能性

(3)各種試験や探査
①標準貫入試験等の打撃・・・・騒音の発生
②各種サウンディング試験・・・・踏み荒らし
③測線測量・・・・測線測量時の伐採
④各種測定・・・・踏み荒らし
⑤弾性波探査・・・・火薬を使用することによる地盤の破壊、騒音の発生

(4)地下水調査
①ボーリング孔の洗浄・・・・泥水(産業廃棄物)の発生
②揚水試験・・・・多量の汲み上げによる濁水の発生、近隣井戸の水位低下、地盤沈下
③地下水追跡・・・・トレーサー使用による地下水汚染

(5)現地計測
①現地計測での山野の踏み荒らし、計器・測定管などの埋め込み

以上のように地質調査での環境への影響は、山野の踏み荒らし、騒音振動の発生、濁水の発生、水位低下、地盤沈下が考えられます。
当社では「地球にやさしく」をスローガンにして安全できれいな現場を心がけています。


スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR