FC2ブログ

根切り工事と地下水

根切り工事で問題となるのは、①山留め②地下水です。
山留めについては、事前調査や地盤に対する施工例や経験に基づいて十分に検討して施工されています。
でも、地下水の問題については、十分な検討を行っていないことが多く、地下水位さえ把握していない時もあります。
揚水試験を行っていたとしても、施工時にはその結果が必ずしも予定通りにはいかないことが多く、そのため湧き水や土砂の流出によって周辺地盤を沈下させたり陥没させたりし、場合によっては根切り深さを変更しなければいけないこともあります。

このことの原因としては次のことが考えられます。
①不連続地盤の所での施工(土質が複雑だったり不均一になっている場合)
②揚水試験の揚水井がベントナイトや粘土を用いて掘削していた場合に、洗浄が不十分で透水係数が過小に求められていた場合
③揚水量が少なくても、透水層の中に薄い不透水層を挟在していたため、地下水位を低下させられなかった場合
④透水層の底部の不透水層まで根切りを行ったため、透水層の底部の地下水が絞りきれない場合
⑤揚水によって地下水位の低下が期待出来ても、排水量が多く、排水溝の容量が足りないため予定される深さまで水位を低下させることが出来ない場合

これらの場合には、揚水によって地下水位を低下させる排水工法だけでは施工が出来なくなります。
そんな場合には止水山留工法(シートパイル工法、地中連続壁工法、グラウト工法等)を併用する必要があります。

このように、根切り工事における山留め工法と地下水処理工法は切り離して計画・設計されるものではありません。
「山留めをこうするから、地下水処理はこうしなければならない」「地下水処理がこうなるから山留めはこうしなければいけない」と言うように関連して計画・設計をする必要があります。

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR