FC2ブログ

山が動く

山が動く。
住んでいる人にとってはすごく恐怖なことで、
できることならそんな所には住みたくないと思っている人が多いことでしょう。
でも、先祖代々その土地に住んでいる人たちにとっては愛着もありなかなか離れられないのも事実です。
このような土地は国や県など自治体の地すべり対策で少しずつ安全な土地に移り変わるように努力しているのですが、
未だに完全に地すべり地帯から脱却したところは少ないと思います。
なぜなら集落全体を覆うような地すべり地帯は広範囲すぎてどんな対策をもってしても完全に停止することは困難だからです。

例えば、道路が陥没したり欠落した時などの一部分の被害の場合は、
災害対策として、コンクリート構造物や杭、アンカー等の抑止力でもって道路上だけは安全な状態には出来ると思います。
でも集落全体となるともう不可能。
だから少しでも安全なようにと水を抜いたり(集水井戸や水抜ボーリング)木を植えたりして
地下水の排除や表面水の浸透を防いで地すべりの動きを小さくするように努力しているのが現状です。

昔は狭い道路しかなかった田舎の集落に、
大きな道路が施工され、オープンカットされたことにより、平衡状態を保っていた山の安全性が少しずつ損なわれました。
そこに、台風や梅雨の集中豪雨、地震が加わって山崩れが起こってしまう。
地すべりは人災?
そう思えるほど施工された所での被害が多い。
でも、住んでいる人がいる以上何らかの対策は必要です。
私の住んでいる四国、愛媛県も高知県や徳島県と同じように(香川県は少ないですが)地すべり地帯が多い県です。
地質や地下水、植生等から地すべりを解析し、少しでも改善できることを考えていきたいと思っています。

株式会社NTO
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR