fc2ブログ

結晶片岩 構成鉱物による分類

四国では、基盤岩として広域に分布している結晶片岩について調べてみました。

結晶片岩(けっしょうへんがん、schist、シスト)は変成岩のうち、強い片状構造(片理)の発達したものの総称です。
層構造が明瞭な見た目をしており、薄く割れやすいのが特徴で、原岩や構成鉱物によってさらに細分されています。
この片状構造(片理構造)は変形応力によって鉱物粒子が面的に成長・再結晶することによって生じます。
片状構造の発達するのは、特に雲母や緑泥石などのフィロ珪酸塩鉱物、角閃石などのイノ珪酸塩鉱物、その他石墨、赤鉄鉱などのようなシート状、針状、繊維状の結晶になる鉱物が多く含まれる場合です。
なお、片状構造の片理面は、原岩の地層の層理面などの初生的な構造とは別であることに注意が必要です。
結晶片岩よりも変成度・変形度が弱いと、泥岩・砂岩の場合は千枚岩(phyllite)、玄武岩質岩石の場合は緑色岩(greenstone) チャート(chert)や石英質砂岩の場合は珪岩(quartzite)などと呼ばれる岩石になります。
石英・長石のように平たい形状の結晶になりにくい鉱物を主体とした岩石が原岩である場合は、 変成作用・変形作用を受けても片状構造は発達しにくく、 主に片麻岩のような変成岩になります。
片麻岩と結晶片岩の区別に明確な基準はなく、片状構造の発達具合によっては中間的な岩石も存在します。
そのため、同じ岩石であっても、文献によって片麻岩と記載される場合と結晶片岩と記載される場合が混在することもあります。

(1)構成鉱物による分類
含まれる特徴的な構成鉱物によって名前をつけています。
和名では、鉱物名の「石」「鉱」を取り除いて「片岩」付ける例も多い(緑泥石片岩→緑泥片岩)が、 必ずしも統一的な命名基準ではありません。
構成鉱物による岩石名を紹介します。

①緑泥片岩(緑泥石片岩)
緑泥片岩(りょくでいへんがん, クロライトシスト, chlorite schist)は緑泥石を特徴的に含む結晶片岩です。
まれに緑泥石片岩(りょくでいせきへんがん)とも呼ばれますが、石は省略されることのほうが多いようです。
緑泥片岩という岩石名は慣用的なもので、「緑泥石を大量に含む結晶片岩」という程度の意味です。
厳密な定義の存在する変成相で分類すると、緑色片岩と呼ばれます。
緑泥片岩の色は濃緑色やくすんだやや深い黄緑色などがあります。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
緑泥片岩を構成する鉱物は、緑泥石の他に、緑閃石、緑簾石、斜長石(主に曹長石)、石英、磁鉄鉱、黄鉄鉱などです。
緑泥片岩の原岩は玄武岩および玄武岩質の火砕岩や砕屑岩です。
緑泥片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されます。
日本では特に三波川変成帯や三郡変成帯、神居古潭変成帯などから産しています。
特に三波川変成帯で産する緑泥片岩は「三波石」「三波川石」などと称され、日本庭園には欠かせない飾り石として広く用いられています。

②絹雲母片岩
絹雲母片岩(きぬうんもへんがん, セリサイトシスト, sericite schist)は絹雲母と呼ばれる微細な白雲母を特徴的に含む結晶片岩です。
絹雲母片岩という岩石名は慣用的なもので、「絹雲母を多量に含む結晶片岩」という程度の意味だと言われています。
絹雲母片岩の色は、灰白色、黄白色、淡褐色などがあります。
結晶片岩の1種なので片理構造が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
絹雲母片岩を構成する鉱物は、絹雲母(白雲母)の他に、石英、長石類、緑泥石などです。
絹雲母片岩の原岩は、砂岩や泥岩などの砕屑岩や、凝灰岩などの火山砕屑岩です。
絹雲母(白雲母)を多量に含むため、特にカリウムに富んでいます。
絹雲母片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されています。
日本では特に三波川変成帯や三郡変成帯、神居古潭変成帯などから産しています。

③黒雲母片岩
黒雲母片岩(くろうんもへんがん, バイオタイトシスト, chlorite schist)は黒雲母を特徴的に含む結晶片岩のことです。
黒雲母片岩は黒雲母に富んだ褐色から黒褐色の層と、石英などの白色の鉱物からなる層との互層から構成されています。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
片理の発達が弱いと、片麻岩に分類されます。
黒雲母片岩の原岩は主に泥岩などの堆積岩であることが多いのですが、特に黒雲母の割合の高いものは、蛇紋岩などの超苦鉄質岩と泥岩などのその他の珪長質な岩石の境界部分に生じていることが多いのが特徴です。
黒雲母片岩を構成する鉱物は、黒雲母の他に斜長石(主に曹長石)、石英、緑閃石などの角閃石、白雲母が挙げられます。

④スティルプノメレン片岩
スティルプノメレン片岩(スティルプノメレーン片岩、スチルプノメレン片岩、stilpnomelane schist、スティルプノメレンシスト)はスティルプノメレンという鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
スティルプノメレン以外の主な構成鉱物として、石英、、長石、緑泥石、方解石などの鉱物があります。
スティルプノメレン片岩は、主に遠洋性の堆積岩や凝灰岩などの鉄とカリウムに富んだ岩石が低温高圧型の変成を受けることによってできます。
埼玉県長瀞のスティルプノメレン片岩はその見た目から虎岩と呼ばれ、奇岩地形として有名です。

⑤滑石片岩
滑石片岩(かっせきへんがん、talc schist、タルクシスト)は滑石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩のことです。

⑥緑閃石片岩
緑閃石片岩(りょくせんせきへんがん、actinolite schist、アクチノライトシスト)は緑閃石という角閃石の1種の鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
緑閃石片岩は主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩です。
滑石片岩や黒雲母片岩などと密接に関わり合って産出することが多く、また滑石や黒雲母を含むこともあります。
また片理構造が発達していない緑閃石を主体とする岩石を緑閃石岩(actinolite rock, アクチノライトロック)と呼んでいます。

⑦藍閃石片岩
藍閃石片岩(らんせんせきへんがん、glaucophane schist、グロコフェンシスト)は藍閃石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
プレート沈み込み帯のスラブ上面などに生じる低温高圧型変成帯に典型的な変成岩です。
大抵の場合は、青色片岩に含まれます。

⑧透閃石片岩
透閃石片岩(とうせんせきへんがん、tremolite schist、トレモライトシスト)は透閃石という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主に蛇紋岩とその他の岩石の境界部分に生じる変成岩です。

⑨紅簾石片岩
紅簾石片岩(こうれんせきへんがん、piemontite schist、ピーモンタイトシスト)とは、紅簾石またはマンガンを含み赤色を呈する緑レン石や斜灰簾石などを特徴的に含む結晶片岩の呼称です。
主にチャートが変成して形成され、主要な構成鉱物は石英で、この他赤鉄鉱、磁鉄鉱などを伴います。

⑩石墨片岩
石墨片岩(せきぼくへんがん, グラファイトシスト, graphite schist)は石墨を特徴的に含むとする結晶片岩です。
主に泥岩のような有機物に富んだ堆積岩が原岩です。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
石墨片岩の見た目は半金属光沢のある黒色の層と、石英などからなる白色ガラス光沢の層の互層となっている事が多く見られます。
石墨を含む層で割れると黒色に見えますが、石墨の含有量はそれほど多くはありません。
石墨片岩の石墨以外の主な構成鉱物は、石英、長石、ローソン石、緑泥石、絹雲母(白雲母)、赤鉄鉱、磁鉄鉱などです。
変成度が低く再結晶があまり進んでいない場合は、千枚岩に分類されます。
ただし、結晶片岩と千枚岩の分類上の境界は曖昧であり、厳密な定義はありません。
石墨片岩は世界各地の様々な地質環境の広域変成帯などで形成されます。
日本では三波川変成帯や三郡変成帯などから特に産しています。

⑪赤鉄片岩
赤鉄片岩(せきてつへんがん、hematite schist、ヘマタイトシスト)は赤鉄鉱/a>という鉱物を特徴的に含む結晶片岩の1種です。
主にチャートや縞状鉄鉱層などの鉄に富んだ堆積物の変成によって生じる変成岩です。

⑫石英片岩
石英片岩(せきえいへんがん, クォーツシスト, quartz schist)は石英を主要な構成鉱物とする結晶片岩です。
主にチャートを原岩としますが、石英質砂岩が原岩である場合もあります。
結晶片岩の1種なので片理が発達しており、薄く剥がれやすいのが特徴です。
石英の他の鉱物は、チャートを原岩とする場合は赤鉄鉱、磁鉄鉱、紅簾石などを含み、砂岩を原岩とする場合は絹雲母(白雲母)、緑泥石、曹長石などを含むことが多く見られます。
見た目は灰白色、灰色、灰緑色、黄灰色、赤紫色、赤褐色などの色です。
変成度が低く再結晶があまり進んでいない場合は、千枚岩に分類されます。
変成度が高いものの等方的で片理があまり発達していない場合、クォーツァイトquartziteに分類されます。
ただし、これらの分類上の境界は曖昧であり、厳密な定義はありません。
石英片岩は世界各地の様々な地質環境で形成されます。
日本では三波川変成帯や三郡変成帯などから産しています。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR