fc2ブログ

ロシアが国連安保理の議長とは

ウクライナに対して、一方的に戦争を仕掛けたロシアが、4月1日からの1カ月間、国連安全保障理事会の議長国を務めるとのニュースが入ってきました。
ロシアの侵攻を受けるウクライナは加盟国に対し、ロシアの議長国就任を阻止するよう求めていたそうです。
ロシアの安保理議長就任について、ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、「エイプリルフール史上最悪のジョーク」だと強い怒りを示しています。

国連安保理の議長は輪番制で、ロシアを含む15理事国が毎月交代で務めています。
まず、国連安保理の常任理事国5カ国はイギリス、アメリカ、フランス、中国、ロシアです。
そして、2022年1月1日 ~ 2023年12月31日の期間は、非常任理事国として、
東ヨーロッパグループ・・・・・・ アルバニア
ラテンアメリカ・カリブ海グループ・・・・・・ブラジル
ラテンアメリカ・カリブ海グループ・・・・・・エクアドル
アフリカグループ・・・・・・ガボン
アフリカグループ・・・・・・ガーナ
アジア太平洋グループ・・・・・・日本
西ヨーロッパ・その他グループ・・・・・・マルタ
アフリカグループ・・・・・・モザンビーク
東ヨーロッパグループスイス
アジア太平洋グループ・・・・・・アラブ首長国連邦
です。
ロシアが前回、議長国を務めたのは、ウクライナへの全面的侵攻を開始した昨年2月です。

ウクライナ侵攻をめぐっては、国際刑事裁判所(ICC)が先月、戦争犯罪容疑でウラジーミル・プーチン大統領らに逮捕状を出しています。
したがって、逮捕状が出ている人物が率いる国が今後1カ月間、安保理を主導することになります。
アメリカは、常任理事国ロシアの議長国就任を阻止することはできないとしていましたが、こんな国連って存在価値があるのでしょうか?
議長国の役割はほとんど手続き的なものですが、ロシアのヴァシリー・ネベンジア国連大使はロシア国営タス通信に対し、軍備管理などいくつかの討論を差配する予定だと語っていました。
そして、同大使は「一極支配に取って代わる」、「新しい世界秩序」について議論するつもりだとも言っていました。

以前にもこのブログで書いたことがあるのですが、こんな国連ってものすごく憤りを感じます。
いますぐ解体して、ロシアの侵略戦争をすぐに終わらせることができるような組織の新設を望みたいと思います。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR