fc2ブログ

瓶ヶ森の絶景

瓶ヶ森の絶景を紹介します。

瓶ヶ森(かめがもり)は、四国山地西部の石鎚山脈に属する山で、西条市の南部、高知県との県境近くにある標高1897mの山です。
瓶ヶ森は、日本三百名山および四国百名山の一つに数えられ、愛媛県では、石鎚山、笹ヶ峰とともに「伊予の三名山」と呼ばれています。
愛媛県第三の高峰で、四国でも二ノ森 に次いで5位、西日本でも八経ヶ岳に次いで7位となります。
瓶ヶ森の名称は山頂西側の湧水のたまる瓶壺に由来しています。
登山家の人たちはずっと下から何時間もかけて登ってくるのですが、瓶ヶ森が人気を集める一番の理由は、頂上近くまで瓶ヶ森林道が通っていて、1時間で簡単に登頂できる”超”初心者向けの山だからです。
天候さえ良ければ特別な装備なしに行ける山として、不動の人気を集めています。
瓶ヶ森の登山口へのアクセスは瓶ヶ森林道(元々の呼び名は『雄峰ライン』と呼んでたそうですが、この付近でUFOの目撃情報が多いことから、UFOライン呼び名になったそうです)を利用することになりますが、R194号線側、寒風山トンネルから瓶ヶ森登山口までの区間は、四国の中でも特に美しい景観を楽しめることで有名です。

なだらかな笹の平原と白骨林の群生は多くの登山客を魅了し、「四国のパノラマ台」とも呼ばれています。
山頂は、女山(めやま)と男山(おやま)の二つを有し、その山頂には蔵王権現や石土古権現が鎮座しています。
山岳信仰の面影を感じられるのも魅力のひとつです。
初心者ルートを利用すれば子連れでも安心でき、笹原がサラサラとたなびく道をゆったりと堪能することができます。
最近では、登山口へと向かう瓶ヶ森林道が『TOYOTA・CAROLA SPORT』のCMで起用されたことでも話題となりました。

ただし、瓶ヶ森登山口までのアクセスに利用する瓶ヶ森林道は、毎年12月〜4月のあいだ冬季閉鎖されます。
その間は登山口まで、かなりの距離を徒歩で移動することになるだけでなく、本格的な冬山装備が必要になります。
冬季閉鎖の期間は気象条件により前後することがあるため、事前にいの町観光協会に問い合わせて確認する必要があります。

15023.jpg
頂上より夕方の瀬戸内海を望んでいます。

15038.jpg
友人が撮った写真ですが、これは絶景です。
こんな夕日、山頂でないとなかなか見れないと思います。

15040.jpg
石鎚山の方向を撮った写真です。
青空に、薄い夕焼け色がマッチして、オーロラをイメージさせるような景色になっています。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR