FC2ブログ

「人新世」が創った地球温暖化と大雨

人類が地球に及ぼす影響があまりにも大きくなった結果、人類は自らが地球の状態を左右してしまう「人新世」という未知の時代に足を踏み入れようとしています。
「人新世」は、人類によってつくられた新しい地質年代です。
人間活動の指数関数的増大によって1950年前後から地球システムへの圧力が高まり、人間が惑星規模での変化の主役になりました。
最終氷期以降の完新世(約1.2万年)は、温暖で安定した気候に恵まれて農耕文明が起こり、人類を支えることができる唯一の地球の状態でした。
その均衡は、生物物理学的プロセスと地球システムによるフィードバック、例えば
・グリーンランドや南極大陸の氷床による太陽光の反射率
・土壌や植生
・海洋の炭素吸収
によって決められます。
人類自体が地質学的な力になり、地球に前例のない圧力をかけている状態です。
ここで、日本近海の過去100年の海面水温の上昇率をみてみます。
2019年までの100年にわたる海面水温の上昇率は+1.14℃/100年で、世界全体の海面水温上昇率(+0.55℃/100年)よりも大きくなっています。
なかでも、東シナ海から日本海にかけての上昇率が顕著です。
さらに季節別の上昇率をみてみると、夏に比べ秋から春、特に冬の値が突出しており、この100年で2℃前後も高くなっていることがわかります。
つまり冬の海水温が上昇し、下がりきらないまま夏を迎えることで、海水温のベースが上がり、より大雨のリスクが高まっていると言えるでしょう。
温暖化というと夏の高温を考えがちですが、実は冬の気温や海水温の高さが、大雨と連動していると考えられるわけです。
また、海水温の変化は気温と比べて目立ちにくいのですが、いったん上昇するとなかなか下がらないのが特徴です。ということはこの先も当面、日本近海の海水温は高い状態が続き、いつもの年よりも大雨リスクが高いと思われます。
付け加えると、気象庁の長期予報で今年の梅雨は全国的に雨量が多いとの予想も、日本近海の海水温が高いことがひとつの根拠となっているそうです。

小学生の時に授業で「大雨が降っても、なぜ海はいっぱいにならないの?」という質問がありました。
水は、蒸発して水蒸気(すいじょうき)になり、空にのぼっていって、雲になります。
そして、その雲の中で雨のつぶができて、やがて地上にも雨がふってくるのです。
海は、とても広いところなので、この広い海からは、たくさんの水が蒸発して水蒸気になっています。
その水蒸気から雲ができて、雨となり、降ってくるのです。
つまり、雨の水、その雨の水が集まって流れている川の水は、もともとは全部海の水だったわけで、このようなくり返しが、地球全体でおきているので、海は、いくら雨がふってもあふれることはないのです。
こういう答えだったと思いますが、現在の海面上昇から推察すると、このような原理にどこか歯車が狂っているような気がします。
それもこれも「人新世」だからだと私は思います。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR