FC2ブログ

熊本県南部の人吉市などの降水量と被害状況

熊本県や鹿児島県で数十年に1度発生するような大雨が発生しています。

図1は、気象庁の観測データをもとに作図した7月4日24時の72時間降水量分布図です。
図中の数値は降水量です。
図1からは、熊本県南部の人吉市など、球磨川の流域を中心に、400~500mm近い72時間降水量が記録されている事が読み取れます。
大きな降水量が見られた範囲は比較的狭く、周辺の熊本県北部、大分県、鹿児島県南部などでは72時間降水量が200mm以下、ところによっては100mm以下のところも見られます。
72時間降水量400~500mmは、決して小さな値ではありませんが、全国の気象庁観測所における72時間降水量の最大値は1650.5mm(2011年9月4日、奈良県上北山)ですので、全国の記録と比べると極端に多い記録が生じたわけでもありません。
次に、雨の降った時間帯を見てみましょう。
72時間降水量が比較的大きかった,熊本県人吉観測所における、7月2日~4日の1時間降水量と72時間降水量を図2に示します。
7月2日は丸一日雨はなく、3日朝から雨が降り始め、やや強い雨となったのは3日20時頃からで、雨のピークは4日未明と4日朝の2回見られますが、4日昼前には雨はほぼ上がったようです。
今回の雨は、3日昼前から4日昼前までのほぼ24時間、特に雨が強かったのは3日夜遅くから4日朝までの12時間程度だったようです。
最も雨が強かったときの1時間降水量は4日2時の68.5mmでした。
これは気象庁の言葉では「非常に激しい雨」に当たりますが、「猛烈な雨」に当たる1時間80mm以上には至っていません。
7月2~4日の間に、各観測所で観測された最も強い1時間降水量(最大1時間降水量)では、熊本県天草地方や、鹿児島県内で1時間80mm以上の記録が見られますが、今回大きな被害が生じた球磨川流域では、おおむね60~70mm台だったようです。
なお、これはあくまでも観測所で観測された値のみであり、「球磨川流域では今回の大雨で1時間80mm以上の猛烈な雨は降らなかった」事を意味しません、熊本県内では,その地域において数年に1回程度発生する程度の激しい1時間降水量が記録された際に発表される「記録的短時間大雨情報」が7月4日中に6回も発表され(多くは球磨川流域の市町村)、レーダーなどでの解析からは各地で110~120mm程度の雨が降ったことが記録されています。
局所的には、80mm以上の猛烈な雨が生じていたと考えられます。

10カ所以上で氾濫し、熊本県人吉市などで多くの民家を浸水させた「暴れ川」の球磨川です。
専門家は、「流域の広範囲で同時に豪雨となり、一気に流量が増え、支流が集中する盆地や川幅が狭くなる地点で被害が拡大した」と原因を分析しています。
球磨川は県南部の山間部を縫うように流れ、日本三大急流の一つに数えられています。
九州大の教授の島谷幸宏(河川工学)さんは、「大雨をもたらす線状降水帯が、球磨川流域全域を覆うように発生した。短時間に膨大な水が川に流れ込んだ」と指摘しています。
堤防が決壊した人吉市は盆地にあり、周辺の山々からの支流も多く集まっています。
川幅は広いのですが、許容量を大幅に超える水が集中し、低い土地の広範囲に浸水が広がったとみられています。
そのすぐ下流にある球磨村は、山に挟まれた「谷底平野」という地形で、川幅も急に狭くなるため、流れが滞り、水位が上がりやすい特徴があります。
大きな被害が出た球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」は球磨川の支流脇にあります。
九州大の名誉教授である小松利光(河川工学)さんは、「本流に比べ、支流は対策が遅れがちだ。整備状況を確認すべきだ」と指摘しています。
本流の水位に押されて支流が流れ込めず、水かさが増す「バックウオーター現象」が起きた可能性もあると推察しています。
その上で「地盤はまだ多く水を含み、堤防も弱っている。厳重な警戒と早めの避難が必要だ」と強調しています。
「(支流の)川辺川ダム建設を中止した後の治水対策も検証する必要がある」とも話しています。

大雨をもたらす線状降水帯は、今週もまだまだ発生すると想定されています。
こうなると「泣きっ面に蜂」状態です。
天災だけはどうにもなりませんが、それにしても何とかならないのでしょうか?
コロナの影響もあり、ボランテアも手伝えません。
平和な日常が早く取り戻せることを祈っています。

図1 7月4日24時の72時間降水量
図1 7月4日24時の72時間降水量

図2 熊本県人吉における7月2日~4日の降水量
図2 熊本県人吉における7月2日~4日の降水量


スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR