FC2ブログ

新型コロナウイルスと政府の姿勢

新型コロナウイルスで、すべてが振り回されています。

つい最近まで、検査すら出来る体制になってなかったようにテレビで報道していましたが、、唐突に全国の学校の休校を要請しました。
そして、大規模イベントの開催自粛を呼びかけていましたが、この最中に側近である首相補佐官・秋葉賢也さんが政治資金パーティーを開いたそうです。
秋葉さんは「他にもパーティーをやっている議員もいる。はっきり言って心外だ」と反論していましたが、これがこの政府の危機感のなさだと思います。
落語家の立川志らさんは、29日にツイッターを更新し、「学校は休校、イベントは中止、延期。なのに東京マラソンは開催。政治家の資金集めのパーティも許される。もはや喜劇です」と書き出し、「有識者と飯を食いながら有意義な会談をする?官邸で弁当でいいじゃないの」と私見を述べていました。

そして、先月29日の夕刻に開かれた首相・安倍晋三さんの記者会見です。
冒頭から19分にわたり、新型コロナウイルスに対応するためのさまざまなプランを繰り出しました。
まっすぐ向いて、ろくにメモも見ず訴えていました。
ただ、ずっと聞いていると、唐突に発表した小中高の学校の休校要請への戸惑いと反発への言い訳に始終したようにも思え、具体的な中身はなく、予算も予備費からの計上だけで、中長期的な展望に立つものではありませんでした。
これだけだったらまだよかったのですが、その後の記者会見は本当にショックでした。
ジャーナリスト江川紹子さんの「まだ質問があります」という求めに応じずに、会見を打ち切りました。
あとで理由を問われ「時間の関係で打ち切らせていただいた」と述べています。
首相動静によると、会見後、そのまま自宅に帰宅していたそうです。
その後の、立憲民主党の蓮舫さんの「帰宅後に重要な公務はあったのか」「そんなに急いで帰りたかったのか」と問われた首相は「打ち合わせを行った」「いつもそのような形で、総理会見は行われている」と、述べたそうです。
私もテレビを観ていましたが、当日は、江川さん以外にも質問するため挙手が続いていました。
蓮舫さんは「(打ち切りを宣言した)広報官を止めて、会見を続けるべきだった。なぜリーダーシップを発揮しなかったのか」と、首相の対応をただしましたが、首相は「多くの方が出席し、質問したいと意思を持っているが、広報官の方で(質問を)整理している」と述べるにとどめ、自身が会見を続ける判断を行わなかったことには触れませんでした。
こんな大事なことを一方的に自分の主張だけするなんてどんな考えなんでしょう。
あの橋下さんと比較すると、橋下さんの政治家としての立派さがよくわかります。
なんとかならないのでしょうか。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR