FC2ブログ

雲仙普賢岳の火砕流とその後の様子

もう30年ちかく前になりますが、雲仙普賢岳が噴火したのをテレビで観ていました。
普賢岳は、平成2年11月17日 198年ぶりに噴火、まもなく活動は低下したのですが、平成3年2月12日再び噴火が始まり、5月15日には水無川で最初の土石流が発生しました。
溶岩ドームは5月20に出現し、5月26日、6月3日には火砕流が発生しました。
6月3日午後4時過ぎの大火砕流は、猛烈なスピードでふもとの集落を襲いました。
この火砕流で警戒中の消防団員と警察官、報道関係者、火山学者ら43人が亡くなるという大惨事となりました。
火砕流はこの後も頻発し、住宅の炎上、土石流の発生など島原市一帯に甚大な被害をもたらしました。

S__5709828.jpg
これは、普賢岳に向かう有料道路の展望台から撮った写真です。
向こう側の斜面は、まだ茶色になっており、今でも火砕流の痕跡が伺えます。

S__5709829.jpg
道の駅みずなし本陣ふかえには、土石流被災家屋保存公園がありました。
この公園では、土石流により被災した家屋を保存展示してあります。
大型テント内に3棟、屋外に8棟の合計11棟の家屋を見ることができます。
写真中央は大型テントです。

S__5709831.jpg
大型テント内の被災家屋です。
すさまじい量の土砂でした。

S__5709830.jpg
一階部分は埋まったままになっています。

S__5709832.jpg
屋外の家屋の状況です。
もう、長い年月が経っているので、家屋は崩壊寸前のところもあり、通行止めにもなっていました。
実際に見れたのは5棟でした。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR