FC2ブログ

首都圏外郭放水路について

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路は、当ブログでも紹介しましたが、今回の台風では役立ったようです。

10月12日から13日にかけ日本列島を襲った台風19号は、全国各地の河川で氾濫、堤防の決壊が起こり、住宅街に甚大な被害をもたらしました。
国土交通省によると、台風19号により決壊した堤防の数は全国55の河川、79カ所にのぼったそうです。
そんな中、首都圏外郭放路が洪水を防ぐ大きな役割を果たしていました。
首都圏外郭放水路は地底50メートル、長さは春日部市上金崎から小渕までの約6.3キロを流れる、世界最大級の地下放水路だそうです。
中川、倉松川、大落古利根川、18号水路、幸松川といった中小河川が洪水となった時、洪水の一部をゆとりのある江戸川へと流すことができます。
中川・綾瀬川の流域は、利根川や江戸川、荒川といった大きな川に囲まれていますが、この地域は土地が低く水がたまりやすい地形となっているため、これまで何度も洪水被害を受けてきた過去があります。
また、川の勾配が緩やかで、水が海まで流れにくいという特徴があり、大雨が降ると水位がなかなか下がりません。
さらに近年では、都市化が急速に進み、降った雨が地中にしみこみにくく、雨水が一気に川に流れ込んで洪水が発生しやすくなっています。
それが首都圏外郭放水路の完成によって、周辺地域で浸水する家屋の戸数や面積は大幅に減り、長年洪水に悩まされてきた流域の被害を大きく軽減しました。


首都圏外郭放水路の断面図です。
提供:国土交通省江戸川河川事務所


台風19号が去った13日の首都圏外郭放水路の調圧水槽の様子がこちらの写真です。
これを見る限り、まだまだ余裕がありそうです。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR