FC2ブログ

香川県の水事情について

香川県の水事情について調べてみました。

香川県は、四国の北東部に位置し、南は讃岐山地を埠として徳島県に接し、北は瀬戸内海に面しています。
山地の面積は、全面積の2/3を占め、平野は讃岐山地に源を発する香東川・土器川・財田川の流域に拡がっているにすぎません。
そして讃岐山地の兆縁に沿うては、明瞭な段丘があり、平野はこれらの河川によって形成された典型的な扇状地です。
讃岐山地南半の地質は、和泉砂岩層で代表される中生層で、北半は花崗岩類です。
また平野内に点在する山岳は花崗岩類と、それを覆う安山岩類とで構成されています。
段丘は洪積世の河岸段丘と考えられ、礫・砂・粘土で構成されています。
香川県の平野部における年降雨量は、1,200mm程度で、そして蒸発量もそれに近い値を示しています。
一方河川の流域面積は、いずれも 200km2未満であって、流路延長30km程度で瀬戸内海に注いでいます。
さらに山地の集水面積が少なく、平野部の河川勾配が香東川の1/130をはじめ、綾川の1/350といずれも急な流れです。
このよ』うな自然環境のために、河川の流量が不安定であり、渇水量がきわめて少なくなっています。
したがって平野部における河床は、雨季あるいは台風時を除いては水無し河原となっています。
このように表流流量が乏しいために、沖積地に拓けた水田のかんがい用水は、常時困った状態で、土器川・の上流を堰止めた満濃池をはじめ大小さまざまの溜池が、古くからかんがい用水の主水源となっています。
これらの溜池は、水稲かんがいのために放流し、冬季に入ると貯水をはじめるので、降雨量が冬季最少となるのと相まって、地下水量は夏季に最多、冬季に最少となります。
またこのような自然的環境から、かんがい用水の水利権がきわめて優勢で、伏流南るいは地下水を水源とする上水道用水、工業用水などは、その取水に著しく制約をうけています。
そしてその取水は、冬に最悪の条件下におかれるようになっています。
なお当地域におけるおもな用水型工業は、繊維工業・化学工業・パルプ製紙加工品工業などであって、高松地区ではパルプ製紙加土晶工業、坂出・丸亀および観音寺・詑間地区では,繊維・化学工業が代表的な工業となっています。
通商産業省昭和33年度の工業用水統計表によると、香川県の工業用水使用量は364,042m3/dayで、全国の第29位にあり、うち淡水の使用量は96,003m3/dayで全国の第42位にあったそうです。
このように工業用水の水源は、淡水よりも海水に依存しており,また淡水の水源はモの大半が地下水となっているようです。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR