FC2ブログ

石鎚山の地形地質について

石鎚山について調べてみました。

石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)は、四国山地西部に位置する標高1,982 mの山で、近畿以西の西日本最高峰です。
愛媛・高知県境を東西に連なる石鎚山脈の主峰で、徳島県の剣山とともに四国を代表する山です。
愛媛県側では、西条市と久万高原町の境界に位置しています。
山頂は、細長い岩稜で中央部に石鎚神社頂上社のある弥山(みせん)(1974m)、南寄りに西日本最高峰天狗岳が天にそびえています。
周囲は目もくらむような断崖絶壁で、安山岩の柱状節理がほぼ垂直に立っています。
三角点は弥山北西の標高1921mの地点にあります。
石鎚山は見る方向によって山容がさまざまに変化しています。
南の石鎚スカイラインからは、先端のとがったピラミッド型、西の旧面河村方面からは、ギザギザの岩峰がそそり立ち、東の瓶ガ森付近からは、どっしりとした重厚な姿を見せています。
山頂の岩峰の形が山名の由来とされていますが、石之霊(いしづち)(ツは「之」の意、チは霊力をもつ神や物を意味する古代語)という説もあります。
また、『古事記』には石土毘古命(いわづちひこのみこと)、『日本霊異記』には「石槌」などの名が記され、万葉の歌人山部赤人が「伊豫の高嶺」と詠んでいます。
日本七霊山の1つに数えられる石鎚山は、石土毘古命を神とし、古くから御神体山として崇拝されてきました。
奈良時代、役小角が開山して蔵王権現を祭ったと伝えられ、以後修験道場として栄え、青年期の空海も修行しています。
平安期には熊野修験の影響を受け、近世に入って一般庶民の登拝が盛んになり、このころに岩場に鎖がかけられたそうです。
明治維新の神仏分離令により石鎚山は権現号を廃止し、神社となったそうです。
頂上社、成就社、土小屋遥拝殿、山麓の本社の4社を総称して石鎚神社と呼ぶそうです。
毎年7月1日~10日までがお山開き大祭で、智仁勇を象徴する3体の御神像が頂上に安置され、各地の信者をはじめ、一般の登山者数万人で賑わっています。
頂上では、白装束の信者が御神像を体にこすりつけて無病息災を祈願します。

石鎚山の植物は暖帯から亜高山帯まで分布し、土小屋付近のウラジロモミ、山頂付近のシコクシラベなどの純林は見事です。
また、ハクサンシャクナゲ、ミヤマダイコンソウなどの貴重な高山植物も見られます。
西条側の登山道を表参道、面河側を裏参道と呼んでいます。
西条側にロープウェイ、面河側にスカイラインが開通してからは、西之川下谷と土小屋が新登山口となりました。
ルート上の岩場には一ノ鎖、二ノ鎖、三ノ鎖などの鎖がかかっており、巻き道もあります。
表参道はロープウェイ終点から成就社を経て山頂まで3時間30分、土小屋から山頂は2時間程度です。
山頂からは360度のパノラマが展開し、晴れて澄み切った日には、瀬戸内海や太平洋から、はるか九州の阿蘇山、中国山地の大山までも望めます。

石鎚山系の山々を登ると、その地形の多様さに驚かされます。
弥山~天狗岳~南先鋒(1982m)の山頂を繋ぐ尾根は、見事なナイフエッジの様相となっていて、初めて行くと、足がすくむようなルートになっています。
瓶ヶ森(1896m)になると一変して、50ha以上のなだらかな平原が山頂に広がり、周回できます。
子持ち権現山や筒上山になると、円錐や台形のような岩山になっています。
こうした特徴的な地形をしている山々が隣接しているのが石鎚山系です。
もちろん、山頂がこれだけ多様なので、周辺にも地形の多様さは、随所に見られます。
面河渓の花崗岩の絶壁や古岩屋の礫岩の峰々などがあります。
石鎚山の地質を調べてみると、石鎚山のいちばん下の基盤は、古生代三波川変成岩類の緑色片岩や黒色片岩です。
この変成岩類の上に不整合に始新統(約4000万年前)久万層群(二名層・明神層)の礫岩・砂岩・頁岩などの堆積岩が乗っており、さらにその上に、いちばん新しい中新統(約2000万年前)石鎚層群(高野火砕流・夜明峠変質安土岩類・天狗岳火砕流)の火山岩類が覆っています。
これらの変成岩類や火山岩類は、面河花崗岩類によって貫かれ、その接触部は、この変成岩類や火山岩類が、ホルンフェルスに変わっています。
笹ヶ峰・手箱山などの山頂は緑色片岩からできていますが、瓶ヶ森・子持権現・筒上山の礫岩は久万層群(二名層)のもので、礫や砂粒は変成岩類の破片ばかりである。
シラザ峠・伊吹山・土小屋・成就社八丁坂は、久万層群(明神層)の砂岩や頁岩が分布し、土小屋付近からは、タイワンフウなどの植物化石が出ています。
天狗岳・石鎚山・西冠岳・二の森・堂ヶ森などは、石鎚層群の天狗岳火砕流堆積物(黒雲母石英安山岩質溶結凝灰岩・凝灰角礫岩・凝灰岩など)から成り立っています。
つまり、石鎚層群は、約1500万年前に、石鎚山の周辺で始まった火山活動により、火口から噴出した火砕流や溶岩が堆積したもので、これにより、原始の石鎚山は、富士山のような円錐形の成層火山の姿をしていたと考えられています。
その後、周辺に環状の断層が生じて陥没し、阿蘇山のような凹状のカルデラを形成することになります。
やがてカルデラも火砕流が堆積して埋められたとされています。
この天狗岳火砕流堆積物は、周囲を断層で断たれて直径約7kmの円形をなして分布しており、それ全体が落ち込んだ構造で、昔の石鎚カルデラの下部の鍋状陥没(コールドロン)と考えられています。
そして面河渓や鉄砲石川には、さきに述べた1400万年前ごろ貫入したと思われる白っぽい花崗岩類が分布し、古い火山の一つの中心を示しています。
なお、面河渓に見られる白っぽい花崗岩類はマグマが固まったものといわれています。
鉄砲石川の谷では、当ブログでも紹介しましたが、電気石が放射状に成長して葉状となった「紅葉石」が見られます。
石鎚山周辺が隆起しはじめたのは、地質時代の区分では「第三紀」の末頃と考えられています。
その後「第四紀」(約260万年前~現代)には、松山自動車道付近を東西に走る「中央構造線」という大断層の活動によって、急激な隆起が始まりました。
それは1年間に2mmというスピードで今も続いているようです。
中央構造線の南側(太平洋側)が北側(瀬戸内側)よりも高く隆起してきたため、現在、石鎚山の北側は「石鎚断層崖」と呼ばれるほど、急斜面の地形となっています。

P5030133
石鎚山の天狗岳です。

垂直にそそり立つ石鎚山北面
石鎚山の北面は、ギザギザの岩峰がそそり立っています。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR