FC2ブログ

ボーリングマシン運転の特別教育について

ボーリングマシン運転の特別教育について調べてみました。
最近では、技術の進展や、作業の省力化等を背景に新たな機械設備がわれわれの作業にも取入れられ、それがまた、労働災害の大きな要因となっています。
そのために機械の安全化、運転技能の確保等を中心にし労働安全衛生関係法規の改訂が行なわれました。
この対象の一つとして、ボーリング機械の運転取扱業務も特別教育の対象に組入れられ、運転操作に従事する者にその知識及び技能を教育することになりました。
労働安全衛生規則第36 条10 の3 で、特別教育を必要とする業務に「ボーリングマシンの運転の業務」と明記されています。
しかし、第37 条では「事業者は特別教育の科目の全部また一部について十分な知識と技能を有すると認められる作業者に対しては特別教育を省略することができる」旨も明記されています。
従って、事業者が十分な知識と技能をもっていない作業者に、ボーリングマシンの運転操作をさせる場合には、必ず法規に定められた特別教育が必要となります。
ボーリングマシン運転の特別教育の内容は、安全衛生特別教育規程第12 条の3 により、次のように定められています。

【学科教育科目]
(1)ボーリングマシンに関する知識
①範囲
ボーリングマシンの種類及び用途、ボーリングマシンの原動機、動力伝動装置、作業装置、巻上げ装置及び附属装置の構造及び取扱いの方法
②時間
4 時間
(2)ボーリングマシンの運転に必要な一般的事項に関する知識
①範囲
ボーリングマシンの運転に必要な力学及び土質工学、土木施工の方法、ワイヤロープ及び補助具の取扱の方法
②時間
2 時間
(3)関係法令
①範囲
労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令、労働安
全衛生規則の関係条例
②時間
1 時間

【実技教育科目】
(1)ボーリングマシンの運転
①範囲
基本操作、定められた方法による基本施工及び応用施工
②時間
4 時間
(2)ボーリングマシンの運転のための合図
①範囲
手、小旗等を用いて行なう合図
②時間
1 時間
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR