FC2ブログ

ギリシャ・テッサリア地方にある「メテオラ修道院」

ギリシャ・テッサリア地方に、「メテオラ修道院」があります。

ギリシャ北西部のテッサリア地方は、ピンドス山脈の麓に位置し、高さ30mから600mの奇岩柱が60箇所以上もそびえています。
その姿だけでも十分に威容で異様ですが、その上には、「メテオラ修道院」がへばりつくように建てられています。
そして、数百年以上の時を共に過ごした奇岩柱と修道院は一体化して、一つのアートと化しているようにも見える不思議な光景を作り出しています。
この「メテオラ修道院」は、世界遺産の文化・自然複合遺産にも登録されています。

六千万年という想像を超える過去に、海底に堆積した砂岩が隆起した結果、緑の丘陵地帯の中に数十メートルから数百メートルもの絶壁に囲まれた巨石柱が立ち上がり、風や雨の浸食を受けて現在の姿になったと言われています。
恐竜は滅亡した後だったらしいのですが、その後の数千万年は空を飛ぶ鳥ばかりが暮らしてきたこの地に、ようやく人間が足を踏み入れるようになったのは9世紀頃だと伝えられています。
そして、俗世とのつながりを完全に断ち切って、祈りと瞑想のためだけに生きようとしたキリスト教徒の修道士が、奇岩のところどころにできた穴や裂け目に住み着いたのだそうです。
日本で仏教の修行僧が山や岩に住み着いて修行や修験を行うのと同じで、メテオラは、最初は個人的な修行の場にすぎなかったと伝えられています。

14世紀に入ると修道士の数が増え、共同体が作られていくことになりました。
その結果、いくつかの修道院が創立され、建築されていきました。
しかし、数百メートルの絶壁に囲まれた地にこれだけの修道院をどうやって建てたのか、正確な記録は残っておらず判明していない部分も多いとのことです。
異教徒による支配を受けた時代もあり、修道士の数が減ったこともあったそうです。
しかし、「メテオラ修道院」は、9世紀以降、絶えず祈り場として存在し続けています。
現在残っている6つの修道院は、すべて拝観することが可能だそうです。
館内のフレスコ画などの装飾も美しく見ごたえがありますが、窓から見降ろすギリシャの景観も絶景だそうです。


絶壁の上に建っているのが、「メテオラ修道院」です。


このような高さ30mから600mの奇岩柱が60箇所以上もあります。
この中で、「メテオラ修道院」はどの奇岩柱の上に建っているのかわかるでしょうか?


奇岩柱の間から覗く美しいギリシャの街並みです。

Meteora
聖ステファノス修道院は、現存している修道院の中でもその履歴が明らかになっているものの一つです。
12世紀から修道士の住処となっていましたが、14世紀に修道院が建てられました。
現在の建物は18世紀末に改築され、女性修道院となりました。

Nikolaos
聖ニコラオス修道院は、14世紀に聖ディオニシオスによって創建された修道院で、クレタ派の壁画が多く残されています。
「最後の審判」が有名です。

AgiaTriada
アギア・トリアダ修道院は、メテオラを代表する絶景ビューの修道院です。
15世紀創建で至聖三者に捧げられています。
四方は断崖絶壁そのものです。
修道院へのアプローチは1925年に階段が作られるまでは、縄ばしごか滑車つき巻き上げ機だったそうです。
建材等は、よく運べたと思います。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR