FC2ブログ

沖縄県の伊計島

沖縄県の伊計島を紹介します。

伊計島(いけいじま)は、沖縄県うるま市に属する島で、沖縄本島中部の東部海岸に突出する勝連半島の北東約10kmに位置しています。
面積1.72km2、周囲7.49kmの島で、琉球石灰岩に覆われています。
沖縄県の旅行は、南部や北部の観光地が多いので、沖縄県のほぼ真ん中の離れ島は、旅行客はあまり見かけません。
私は、30年くらい前に行ったのですが、ほぼ現地の人でした。
伊計ビーチも、その頃は地元の人のプライベートビーチみたいな感じで、現地語が飛び交っていました。
島全体としては、長さ約2kmの北東 - 南西へ向いた長方形を成し、最高標高は49mで、島の南西端の独立した丘陵が最高峰となっています。
そこに伊計グスクが鎮座し、グスク時代において、この丘陵は離れ小島であったと考えられています。
その後に砂州が形成され、伊計島と繋がる陸繋島となったとされています。
ただし、この伊計島にたどり着くのには、本島から海中道路を通り平安座島から宮城島、そして伊計大橋を渡らないといけません。
海中道路ですが、私が渡った頃はまだ砂利道のイメージで、満潮時には帰れないかもという不安もあったのを覚えています。

伊計島ドライブ
伊計島で抜群の透明度を誇るのが、伊計ビーチから車で10分ほど走った場所にある「大泊ビーチ(おおどまりビーチ)」だそうです。
もちろん伊計ビーチも今でも綺麗だそうですが、ビーチの広さ(大泊ビーチの砂浜は600mあります!)・海の透明度ではずいぶんと違うそうです。
30年前は、伊計ビーチでも信じられないくらい綺麗だったのを覚えています。

sea_load001
これが海中道路です。
空からの眺めはこんな感じです。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR