FC2ブログ

フランスの秘境と呼ばれるコルシカ島

フランスの秘境と呼ばれるコルシカ島を紹介します。

コルシカ島 corsica(フランス語では corse)は、地中海の島で現在はフランス領だそうです。
古代にはローマの属領、ゲルマン人の諸国の支配を受けた後、ジェノヴァ共和国領となっています。
18世紀にジェノヴァから独立運動が起きたそうですが、結果的にフランス領となりました。
コルシカ島は、フランスに最も近く、その南にサルデーニャ島があります。
中心都市は現在は西岸のアジャクシオです。
コルシカ島は、ナポレオンが生まれたところです。
ナポレオンのボナパルト家は、北イタリアから16世紀初めにコルシカに移住して地主となった家で、ナポレオンの父のカルロは農園を経営してはじめは独立運動に加わったのですが、フランス王が介入してくるとそれに協力したことによって貴族の称号を与えられました。
コルシカ独立運動がしっぱに終わった翌年の1769年8月15日、ナポレオンはカルロ=ボナパルトの子としてにコルシカの中心都市アジャクシオで生まれました。
その生家は現在も残されており、記念館になっています。
1779年、10歳のナポレオン少年は家族と共にコルシカを離れ、ブーリエンヌ陸軍幼年学校に入学しました。
ナポレオンはコルシカがフランス領に戻ってから、1799年に3日間だけ滞在しただけで、その後は足を向けることはなかったそうです。
コルシカ島はナポレオンだけが見所ではありません。
地中海にある山の多い島で、スタイリッシュな海岸沿いの町、鬱蒼とした森、険しい山(最高峰はサント山)が特徴です。
島の約半分は公園内にあり、難関の GR20 を含むハイキング コースがあります。
大勢の人で賑わうピエトラコラバから、遠く離れたサレッチアやロンディナラまで数多くのビーチがあります。
1768 年以来フランス領になっていますが、イタリア文化の影響が今でもはっきりと見られます。

スクリーンショット 2014-08-07 17.31.33
何と言っても、コルシカ島の見どころは断崖絶壁と、その上に立つボニファシオの街並みです。
美しい地中海に、険しくそびえ立つ絶壁、そしてその上に風情のある街並みは、絶賛された絵画のようです。

コルシカ ナポレオンの生家
これは、19世紀の絵画ですが、コルシカ島アジャクシオのナポレオンの生家を描いています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR