FC2ブログ

北海道での地震と崩壊の原因について

北海道で地震がありました。

9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震が発生し、厚真(あつま)町で震度7、むかわ町と安平(あびら)町で震度6強を観測するなど道内各地が強い揺れに襲われたそうです。
この前日の、4日夜から5日朝にかけて、日本海を北上していった台風21号が北海道に接近し、道内各地に大きな被害を出していた次の日になります。
今回の地震はマグニチュード(M)6.7であり、震源の深さが30km以上とかなり深く、阪神大震災や熊本地震などと比べ、地震の規模自体は一回り小さかったのですが、かなり広範囲にわたって土砂崩れなどの土砂災害や液状化などの被害が出ています。

北海道の内陸部はおもに東西から押され、中央部に日高山脈が形成されています。
気象庁によると、今回の地震も東西から押される力でずれ動く「逆断層型」だったとみているそうです。
今回の震源の近くには、活断層の「石狩低地東縁断層帯」が南北に走っていますが、気象庁は「距離は離れており、関係性はわからない」としています。
この断層が関係した地震について、名古屋大の教授である鈴木康弘さん(変動地形学)は、土砂崩れに断層が関わった可能性を指摘し、「石狩低地東縁断層帯は大規模な断層。今後、より大きな地震を起こしうる構造がある。これで終わりだと思わず、1~2週間は気をつけた方がいい」と話していました。
厚真町の土砂崩れについて、京都大防災研究所の教授である釜井俊孝さん(応用地質学)は、「火山灰に含まれる軽石が引き金になったのでは」と指摘しています。
軽石は水を含みやすく、地震の揺れによって高速で崩れる「流動地すべり」になったとみられています。
火山の地質に詳しい産業技術総合研究所の火山活動研究グループ長である石塚吉浩さんは、「厚真町の周辺には、およそ四万年前に支笏湖(支笏カルデラ)の火山活動で噴き出した軽石が多くたまった地層がある。今回の地震で、その地層が滑って土砂崩れが起きた」と分析しています。
それに、今回土砂崩れが起きた地域は、8月以降に厚真町で計約230mm、安平町で計約300mmの降水が観測され、これに前日までの台風21号による降雨も影響した可能性もあります。

崩壊の素因として、いろいろな専門家の話をまとめてみると、過去2万年間にその斜面を均一に被覆した軽石とその間に挟まれるクロボクとロームが5mと異様に厚かったので、降雨や、その後の震度7の揺れに耐えられずに滑落したのだと思われています。
尾根線が崩れずに残っているのが特徴だそうで、崩壊した斜面上で白っぽく見えるのが軽石の多い地層だそうです。
軽石は支笏火山の4回の噴火によるもので、合計3m積もっているそうです。
すべり面は、9000年前の樽前軽石または1万9000年前の恵庭軽石だったと思われています。

そして、この地域は「石狩低地帯」が札幌市から苫小牧市まで広がっています。
東側には日高山脈があり、谷底低地と言って、構造的に「へこんだ」場所です。
河川沿いの幅の狭い低地で、砂礫や粘性土、泥炭質土からなる地盤であり、明らかに地盤が弱く、札幌などで液状化が発生しているのは、石狩川などの河川に沿った軟弱地盤であることが影響していると思います。

地震による土砂崩れで倒壊した家屋(6日午前、北海道厚真町)=共同
地震による土砂崩れで倒壊した家屋が見えます。
家屋は、もともとこの位置にあったのではなく、崩壊によって押し出されているようです。

f:id:nautical_mile:20180907090404p:plain
まるで崩壊地の空想絵のようですが、この写真を見ると斜面が切れ目なく崩れています。
このような光景は、東北の大震災でも見たことがありますが、すさまじいの一言です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR