FC2ブログ

安全に働くために

ボーリング機械で井戸工事を行うための安全対策です。
地質調査や地表での水抜ボーリング工事、集水井内の集水ボーリング工事、排水ボーリング工事、またアンカー工事や法面工事についても同じです。
当社は次の項目を徹底して行っています。

①日常の健康管理やチームワークを大切にすること
深酒、寝不足、心配事、トラブル、打ち合わせ不足などは事故の元です。
②服装を整えることは安全意識の始まりです
ヘルメット、安全靴、長袖着用すること。上着の裾はズボンに入れること。
③当たり前のことを徹底すること
不安全行為をやめる。くわえ煙草の禁止。整理整頓をする。回転部のカバーは接近禁止処置をする。打ち合わせたことは必ず守る。声をかけ合うこと など。
④落下、倒壊事故の防止に努める
玉掛けを確実に行う。ワイヤー類の点検をする。アウトリガーの支持力を確認する。吊荷重の制限を設ける。重量物の下に入らない。合図を正しく行う。
⑤墜落事故の防止に努める
手摺りを設置する。安全帯を着用する。足場板のテンビン防止の処置をする。開口部の立入禁止処置をする。
⑥一般道路での安全に気を配る
通勤の行き帰り、荷下ろし又は積込み時の一般車両とのトラブル防止に努める。防護柵、点滅燈、標識・看板を設置する。必要であれば交通整理人(ガードマン)の配備を行う。
⑦粉塵、振動障害、酸欠、腰痛、難聴の防止に努める
ハンマー削孔時の防塵処理をする。換気を行う。作業時間に制限を設ける。

資格のいる作業は有資格者で行うこと
ボーリング機長の特別教育、移動式クレーン、不整地走行車、玉掛け、足場組立 等。

株式会社NTO
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR