FC2ブログ

ローラシア大陸、ユーラメリカ大陸について

超大陸について調べていますが、今回は、ローラシア大陸とユーラメリカ大陸について調べてみました。

ローラシア大陸(ローラシアたいりく、Laurasia)は、古生代から中世代(約5億~6千万年前)にかけて北半球に存在したと考えられる超大陸です。
南アフリカの地質学者のアレクサンダー・デュ・トアさんが大陸移動に関する自著『流浪する大陸』Our Wandering Continents(1937)でその存在を主張しました。
同書でデュ・トアはドイツの地質学者のアルフレート・ロタール・ウェゲナーさんが提唱した大陸移動説を再構築しました。
ウェゲナーさんは単一の超大陸パンゲアを仮定していましたが、デュ・トアさんはそのような巨大な陸塊は二つあり、テチス海という海洋域の北にローラシア大陸、南にゴンドワナ大陸があったという説を立てています。
ローラシア大陸は、白亜紀が終わって古第三紀が進行した約 6600万年前から 3000万年前の間に、今日の北アメリカ、ヨーロッパ、インド半島部を除くアジアの各大陸に分裂したものと考えられています。

ユーラメリカ大陸(ユーラメリカたいりく、Euramerica, Laurussia)とは、古生代デボン紀(約4億年前)に生成された小規模な超大陸です。
ローレンシア大陸・バルティカ大陸・アバロニア大陸(英語版)が衝突 (カレドニア造山運動) した結果として生じたと言われています。
ユーラメリカ大陸は、オールド・レッド大陸 (Old Red Continent) とも、オールド・レッド砂岩大陸 (Old Red Sandstone Continent) とも呼ばれています。
古生代ペルム紀(2億8600万年前)には、ユーラメリカ大陸は大規模な超大陸であるパンゲア大陸の一部となったそうです。
また、中生代ジュラ紀(約2億年前)にはパンゲア大陸がローラシア大陸とゴンドワナ大陸に分裂し、ユーラメリカ大陸はローラシア大陸の一部となったそうです。


ローラシア大陸 (Laurasia) 又は、ユーラメリカ大陸 (Euramerica)  です。
中生代白亜紀頃の大陸図ですが、ユーラメリカ大陸はローレンシア大陸の一部になっているようです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR