FC2ブログ

松山では、今日も猛暑です

松山では、今日も猛暑が続いていますが、松山だけでなく、日本列島全体で猛暑です。

3連休最終日の16日も東北から九州にかけて高気圧に覆われ、岐阜県揖斐川町では今年最高となる39.3度を記録したそうです。
共同通信の集計では、熱中症とみられる症状の救急搬送は全国で2020人に上り、新潟、愛知、静岡、三重の各県で5人が亡くなり、3連休では計5616人が搬送され、搬送当日に亡くなったのは14人だったそうです。
西日本豪雨の被災地においても、軒並み30度以上の真夏日となり、35度を超えた地点もあります。
愛媛と、岡山、広島の3県では計137人が熱中症の疑いで搬送されました。

気象庁によると、朝から気温の高い状態が続き、全国927観測点のうち646地点が真夏日になり、うち186地点が猛暑日となったそうです。
岐阜県の揖斐川町は午後2時すぎに今年最高となる39・3度を記録し、多治見市と岐阜市も午後3時までにそれぞれ39・0度を観測しました。
15日の最高気温(揖斐川町や京都府福知山市の38・8度)を抜きました。
岐阜県美濃市や郡上市、群馬県伊勢崎市で38・8度、愛知県豊田市で38・7度と続いています。

そして、西日本豪雨によって亡くなった人は、16日午後7時半現在、14府県で計214人、安否不明者は4県で計18人となっています。
一方、被災地では3連休の最終日も、厳しい暑さが続き、岡山県高梁市で37・3度を記録するなど、各地で35度以上の猛暑日となり、熱中症の疑いで救急搬送される人が相次いでいました。
広島県では16日、坂町などで新たに2人の死亡が確認され、県内の犠牲者は計102人となりました。
広範囲が一時水没した真備(まび)町地区のある岡山県倉敷市で36・1度でした。
肱川が氾濫した愛媛県大洲市で35・5度でした。
土石流が発生した広島市安佐北区で35・1度でした。
3連休中愛媛、広島、岡山の3県で活動したボランティアは、少なくとも計約3万3000人に上ることが各県の社会福祉協議会への取材で判明したそうです。
総務省消防庁の16日正午現在のまとめでは、16府県で約4800人が避難生活を続けています。
また、厚生労働省によると、同時点で愛媛、広島、岡山の3県で約15万9000戸が断水しているようです。
まだまだ暑い日が続きます。
大変な時に水害にあったものです。
大量にごみが発生していますが、これも前日まで使っていた冷蔵庫やテレビや食器棚などです。
なければ困るものは、また買わなければなりません。
家や土地の被害だけでなく、生活必需品や大切な思い出の品々まで流されてしまった人も多いことと思います。
そんな中、このような猛暑です。
私たちは、「頑張ってください」としか言うことはできないのですが、くれぐれもお体には気をつけて頑張ってください。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR