FC2ブログ

道後温泉本館の「振鷺閣」

道後温泉本館の「振鷺閣」を紹介します。

道後温泉本館の太鼓楼を「振鷺閣」(しんろかく)と呼んでいます。
その窓には明治時代に建てられた時から赤いギヤマンがはめ込まれています。
赤いギヤマンが、なぜ採用されたのかはわかりませんが、当時ハイカラの最先端だったギヤマンを使うことで温泉客を集めようとしたのでしょうか。
ここで、一日3回、刻太鼓が打ち鳴らされています。
道後温泉は、現在は松山市の管理ですが、「松山俚人談」によると、元禄から明治維新までは新居郡金子城主金子備後守の末裔である明王院(修験道場)金子さんが温泉の鍵を預っていたそうです。
明治初期には、明王院に代わって経営機関として原泉社が組織されました。
そして、1891年には道後湯之町の町営となり、ついで湯之町中央に木造3階建て入母屋造の道後温泉本館に「振鷺閣」も完成しました。
かつては源泉は1ヵ所しかなく、温泉客はみな本館の浴槽を利用したそうですが、1955年からボーリングを実施して源泉が増加し、周辺旅館に内湯として引湯されたそうです。
「振鷺閣」ですが、夜はライティングされて幻想的だそうです。


道後温泉本館に「振鷺閣」が見えます。
赤いギヤマンも目だっています。
頂部には、温泉を発見したという伝説の白鷺がいます。

「振鷺閣」の画像検索結果
神の湯本館は珍しい木造三層楼です。
太鼓楼の格天井に吊るされた太鼓は、時刻を告げる「刻太鼓」といわれ、朝・昼と夕方だけ鳴らされるそうです。

c0112559_134995.jpg
道後温泉本館の正面です。
道後温泉本館は、伝統的な純和風の楼閣建築です。
トラス構造の様式小屋組みが用いられるなど、近代化の影響を受けた建物です。
神の湯本館が建てられたのは明治中期です。
その翌年に皇族入浴用棟である又新殿・霊の湯棟、さらに大正末期に南棟及び玄関棟が増設されました。
設計・施工は、代々松山藩の城大工棟梁の家柄であった坂本又八郎さんです。
重要文化財の木造3(一部2)階建て、塔屋付です。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR