FC2ブログ

徳島県のいやしの温泉郷に咲くハンカチノキ

徳島県三好市東祖谷のいやしの温泉郷にハンカチノキがありました。

ハンカチノキ(学名:Davidia involucrata)はミズキ科の落葉高木ですが、分類体系によってはヌマミズキ科に分類されることもあります。
中国の四川省・雲南省付近が原産で、属名のダビディア (Davidia) で呼ばれることも多いそうです。
花についた白い大きな2枚の苞葉が垂れ下がりよく目立つため、日本では「ハンカチの木」や「幽霊の木」などと呼ばれ、英語では"Handkerchief tree"、"Ghost tree"、"Dove tree"(鳩の木)などというようです。
花はハナミズキのような頭状花序になり、2枚の苞葉(ハナミズキの場合は4枚)に囲まれています。
果実は堅果で複合果となります。
現在では世界的に栽培されているようです。
標高1200m~1500mの日当たりのよい斜面に自生し、生長すると樹高20mに達し、幹の直径は1mにもなるそうです。
葉は縁にぎざぎざがあり、裏側を見ると葉脈の部分が盛り上がっています。
春に葉を広げると同時に枝から短い柄を下向きに伸ばして花を咲かせます。
花は白く色づいた苞と呼ばれる大きな葉っぱが2枚と花の本体からなり、花びらはありません。
花の本体は苞にくるまれるよう中心に付き、たくさんの雄花と1本の雌花が集まってピンポン球のように丸くなります(両生花)。
中には雄花のみで雌花の付かない花もあります(雄花序)。
花は開くと独特の臭いを放ち、ハエなどの虫が寄ってきます。
花は咲き始めから1週間前後が見頃で、その後は苞が落ちていきます。
苞には落ち方が二種類あり、雄花序苞はきれいな状態で2枚くっついたままぽとりと落ち、両生花の苞はしおれて黄色く変色してからばらばらに落ちます。
花後は表面がざらざらした直径2cmほどの果実ができ、秋に熟します。
属名のダビディアはこの植物を発見したフランス人の神父であり生物学者であるアルマン・ダビット (Armand David) の名前にちなみます。
ダビット神父はジャイアントパンダを発見した人物としても有名です。
和名の「ハンカチノキ」や別名の「ハトノキ」は大きな白い苞に由来します。
日本に入ってきたのは1952年、アメリカからタネを入手して苗木を育てたのが最初です。
このときは2本の苗木が育ち、そのうち1本は1965年に初めて開花しましたがその後2本とも枯れて現在はありません。
日本に現存する最も古い木は1958年頃にタネから育てられたもので、小石川植物園に植えられているそうです。
日本でも広く出回るようになったのは1991年頃に中国から苗木とタネが大量に輸入されてからだそうです(それまでも少量ずつ苗木の輸入はされていました)。

P4300055.jpg
東祖谷のいやしの温泉郷にあるハンカチノキです。

P4300058.jpg
白い鳥がとまっているように見えます。

P4300056.jpg
クローズアップすると、白く色づいた苞と呼ばれる大きな葉っぱが、花びらのように見えます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR