fc2ブログ

谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋を紹介します。

谷瀬の吊り橋(たにぜのつりばし)は、奈良県吉野郡十津川村にあり、熊野川(十津川)に架る、長さ297m、川面からの高さ54mの日本屈指の長さの鉄線橋で、1954年(昭和29年)に地元(谷瀬)地区の住民が出資して建設されました。
完成した1954年から1994年までは日本一長い歩道吊り橋だったのですが、1994年(平成6年)に茨城県の竜神大吊橋が完成してからは日本一の座を譲っています。

吊り橋が完成する以前は、川を渡るたび谷を下り、丸木橋を渡って対岸の斜面を這い上がらなければならなかったと伝えられています。
洪水のたびに丸太橋は流され、あまりの不便さから当時800万円あまりを要して住民が造ったもので、教員の初任給が7,800円、米10キログラムが765円であった戦後復興期の時代に、地元の住民が1軒当たり20 - 30万円を出し合い、村の協力を得て建設した生活道路橋です。
そのため、地元の人や郵便配達員などはビジネスバイク等で渡って行くことができるそうですが、一般の観光客は自転車やバイク等二輪車での通行は禁止されていて、徒歩での通行のみです。
また、この橋が地元の学校への通学路となっています。
中央部に幅約80 cmの板が鉄線と30 cmおきに渡された横木の上に載っているだけで、はるか下の川や川原がはっきり見える状態で、その板の上を歩いて渡るのですが、風が吹くと中央部分はかなり揺れます。
「危険につき20名以上は同時に橋に乗らないように」の旨の注意書きがありますが、話題性や眺望の良さから観光シーズン中は、観光客が多く訪れており、一度に20人以上が乗ると危険なため、混雑期は監視員を配置して上野地から谷瀬への一方通行規制とする場合もあるそうです。
吊り橋は終日無料で通行できますが、この場合、対岸から臨時有料バスで戻ることになるそうです。

私も数年前に行きましたが、周囲の山々が織りなす眺望や、渡る時には、半端じゃないくらいよく揺れました。
歩くのがやっとの橋ですが、ここを自転車やバイクで通るとなるとすごくテクニックがいると思います。
いずれにしても、味わえるスリル感が話題を呼び、村の観光名所の一つとなっています。 
吊り橋といえば、平成20年8月4日に日本記念日協会より、8月4日が「吊り橋の日」として登録を受けています。

谷瀬の吊り橋


迫力満点の谷瀬の吊り橋です。

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR