FC2ブログ

オーストラリアのスーパー

オーストラリアのスーパーを紹介します。

オーストラリアは物価が高い国でした。
私に一番身近なビールでは、中ジョッキで9ドルでした。
日本のレート(1ドルを82円に換算して)で738円です。
日本ではどんなに高くても550円くらいなので、ものすごく高い印象です。
その割には、日本のジョッキよりも少し量は少なめでした。
オーストラリア人が良く好む500mlのコーラが300円くらいで、ちょっとレストランに入ってなにか1品注文すると外食2,000円近く支払う事がほとんどです。
したがって、お金のない人は外食もできないので、自然とスーパーに行くようになります。
ここで、スーパーの話題なのですが、オーストラリアには2つの大手スーパーがあります。
オーストラリアで有名なスーパーはWoolworthとColesです。
オーストラリア国内なら、どこの都市に行ってもすぐに見つけることができます。
そして、両方のスーパーに共通している事は、ホームブランド製品が豊富な所と、頻繁にセールを行っている所です。
①Woolworth
オーストラリア全土でもっとも大きいスーパーです。
読み方は「ウールワース」ですが、英語での発音がとても難しいそうです。
現地では略して「ウーリー」とも呼ばれています。
生鮮商品から生活用品まですべてがそろっているので、生活をする為に必要な物をすべて揃えることができます。
②Coles
オーストラリアで業界2位のシェアを誇るスーパーです。
読み方は「コールス」になります。
ウールワースと同様に生鮮食品から生活用品まですべてそろっています。
ウールワースよりもホームブランド製品が豊富なイメージだそうです。

そして、ColesとWoolworth以外にもスーパーはあります。
店舗数は2大スーパーと比べて少ないかもしれませんが、他にもIGAとALDIというスーパーがあります。
コールスやウルワ―スは人が集まる所に出店していますが、IGAとALDIは少し郊外に出店されている傾向があります。
③IGA
コールスやウールワースに次ぐ規模のスーパーです。
読み方は「アイジーエー」です。
人が集まる地域から少し離れた所にあり、店舗の規模は小さくなります。
地元の生鮮食品を揃えている所が強みになっています。
④ALDI
読み方は「アルディ」です。
店の特徴としては、今まで紹介してきた3つのスーパーよりも断トツで値段が安い事です。
値段が安すぎるので、正直安全な商品なのか疑問になってしまう程です。
また、店内の配置が面白く、キャンプセットが置いてある隣に巨大スピーカーが販売されていたり、コーヒーメーカーの隣に子供用のパジャマセットが売られていたりと、見ているだけでもおもしろいスーパーです。
注意する点としては、買い物袋を無料でもらう事ができないそうです。

P1270966.jpg
Woolworthの入り口です。
この写真はメルボルンで撮ったのですが、中の品揃えは日本とほとんど変わりはなかったです。
ただ、スーパーでのレジでは、日本のように買い物カゴから直接レジでカウントするのではなくて、ベルトコンベアーみたいな設備に一度移してからレジをします。
この時に、他の人の買い物との仕切り板は店のほうで用意してくれています。

P1270965.jpg
何でも揃っていました。
ディスプレィも日本と一緒です。

P1270967.jpg
野菜や果物は、日本のスーパーでは見かけないものも置いていました。

IMG_5909
これがレジのところのベルトコンベアーです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR