三畳紀について

地質時代には、いろいろな時代がありますが、今回は三畳紀について調べてみました。

三畳紀(Triassic Period)は、トリアス紀と訳すこともありますが、地質時代の年代区分の一つです。
【期間】
中生代を三つに区分した時代で、古生代のペルム紀と中生代のジュラ紀の間に位置し、中生代の最初の紀です。
約 2億5217万年前から約 2億130万年前までの期間と言われていますが諸説あります。
【名前の由来】
三畳紀の名は、南ドイツで発見されたこの紀の地層において、この時代の地層の古典的研究が行われたドイツで、赤色の砂岩、白色の石灰岩、茶色の砂岩と堆積条件の異なる三つの地層群が累重していることに由来し、1834年に地質学者のフォン・アルベルティが名づけたそうです。
しかしドイツでは海成層は三畳紀の中期に限られているので、国際的な標準としてはアルプスやヒマラヤ、さらにカナダ北部の海生動物化石に富む地層に基づいて国際的な時代区分が行われているそうです。
一般には、前期(インドュアン、オレネキアン)、中期(アニシアン、ラディニアン)、後期(カーニアン、ノーリアン、レーティアン)の3期7階に区分されています。
【生物】
ペルム紀末の大量絶滅の後、空席になったニッチ(生態的地位)を埋めるように、海生生物では、古生代型の海生動物にかわって、新しい分類群がつぎつぎに出現したそうです。
六放サンゴやさまざまな翼形(よくけい)二枚貝などが発展するようになり、アンモナイトは、中生代まで生き残った数種をもとにセラタイト型が爆発的に増えました。
また、類縁するベレムナイトが著しく多数にわたって現れました。
棘皮動物のうちウニ類は古生代においてはまだ十分な発達をとげなかったのですが、中生代には急激に進化しはじめ、多くの種を生じました。
このような新しい種の出現によって、三畳紀後期にはいったん損なわれた生物多様性を再び回復したそうです。
三畳紀の海成層の示準化石として重要なものとしては、セラタイト型アンモナイト、翼形二枚貝(ダオネラ、ハロビア、モノティス等)のほか、原生動物の放散虫、貝蝦(エステリア)、ウミユリ(棘皮動物)の一種エンクリヌス・リリイフォルミスがあり、歯状の微化石コノドントは生物学上の位置づけが未解決の部分もあるが、層位学的にはきわめて重要だそうです。
なお、ダオネラは、現在のホタテガイに近縁する絶滅種であり、ダオネラ頁岩は堆積学的見地からも重視されています。
陸上の動植物はペルム紀中に大変革を終えており、P-T境界においては海生生物におけるほどの劇的な変化をともなっていません。
ペルム紀においてすでに主竜類などをはじめとする爬虫類が水中のみならず陸上生活に適したものが増加し、三畳紀には体躯の大きなものも出現して繁栄しました。
主竜類の中から三畳紀中期にはエオラプトルやヘレラサウルスなどの恐竜や翼竜、ワニが出現、また主竜類に近い系統からカメ類が現れました。
爬虫類はまた、肺呼吸を完全にし、種類によっては皮膚をウロコや硬い甲羅でおおうことによって乾燥した陸地への生活に適応していきました。
この時代の恐竜(初期恐竜)は、陸生脊椎動物のなかにあって特に大型であったわけではなく、初期恐竜と併存していた恐竜以外の爬虫類のなかに、それよりもはるかに大きく、個体数の多い種もあったと推定されています。
中でもこの時代にワニ類を輩出したクルロタルシ類は繁栄の絶頂にあり、陸上生態系において支配的地位を占めていました。
三畳紀の恐竜化石は特に南アメリカ大陸で多数検出されており、北米・アフリカ・ヨーロッパなどでも確認されています。
湿地帯などにのこされた爬虫類の足跡化石が多く発見されるようになるのも三畳紀に入ってからであり、これにより、肉食種が植物食種を捕食するシステムが成立していたことが推測されています。
カメは、現存種には歯のある種はないものの、オドントケリスやプロガノケリスなど初期のカメには顎に歯があったことが確認されています。
また、四肢は現在のゾウガメに類似しており、陸上生活者であると考えられています。
三畳紀のワニ類もまた陸上生活者であり、全長は1メートルにおよばなかったそうです。
最初の哺乳類が現れたのも三畳紀であったと言われています。
哺乳類は、中生代を通じて小型であり、大きくてもネコか小型犬ほどの大きさであり、多くの種はドブネズミかハツカネズミの大きさほどしかなかったそうです。
三畳紀には、従前は陸上でしかみられなかった爬虫類であったそうですが、三畳紀に入ってその一部が海に進出しました。
イクチオサウルスなどの魚竜や、泳ぐのに特化したひれ状の足をもつプラコドンなどの鰭竜類(Sauropterygia)、タラットサウルス類、板歯目などです。
魚類のうち、サメのなかまはペルム紀末の大量絶滅によって打撃を受け、その繁殖は限定的でありましたが、硬骨魚類は海中において顕著に繁殖しました。
両生類は、中期に体長5メートルを越すと推定されるマストドンサウルスがあり、これは史上最大級の両生類の一つと考えられています。
両生類には、分椎目のアファネランマに代表されるトレマトサウルス類のように海水に適応した種さえありましたが、三畳紀を通じてその多くは衰退していったそうです。
【植物】
陸上の植物では、シダ植物や裸子植物が著しく分布域を広げ、ボルチアやアメリカ合衆国アリゾナ州におけるアラウカリオキシロンの珪化森林にみられるようにマツやスギの遠祖となる針葉樹が現れました。
種子植物でありながら独立した精子をつくるイチョウ類やソテツ類、ベネティティス類も多く見られました。
湿地帯には、現在のシダ植物のヒカゲノカズラ科の類縁種である古代リンボクが豊富にのこり、シダやトクサも密に分布していました。
また、古生代後期からひきつづき、ゴンドワナ植物群とアンガラ植物群とが植生を競いあっていました。
【岩石】
三畳紀は大規模な海進がなかったので、安定大陸上には陸成層や台地玄武岩が知られ、海成層はほとんど分布していないそうです。
ただし、テチス海域や環太平洋の変動帯および準安定地域には、しばしば石灰岩や層状チャートを含む三畳紀の海成層が発達しています。
これらは、プレートテクトニクスの発展に伴って、海洋底堆積物が小陸地とともにプレートの水平運動によって大陸縁部に順次付加されて形成されたと解釈されるようになりました。
日本の三畳紀層は、かつては分布が狭いと考えられていたのですが、従来古生代とされてきた外帯(太平洋側)各地のチャート層や石炭岩から相次いで本紀を示すコノドント化石が検出されました。
さらに放散虫の研究により、これらの多くはジュラ紀から白亜紀前期の泥質岩にとりこまれた異地性の岩体であることが判明しました。
これらは激しく褶曲していますが、もともとは広大な海洋底にたまった薄い堆積物で、大陸縁をなしていた日本列島に付加されたと考えられています。
一方、内帯(日本海側)および外帯の一部には、三畳紀前後に形成された花崗岩や広域変成岩とすでに付加されていた古生代の地層が分布し、これらを基盤とする三畳紀後期の陸棚性ないし瀕海(ひんかい)性の厚い堆積物がいくつかの小地域に分布しています。
これらはしばしば炭層を含み、産出する軟体動物化石にはシベリア方面と共通する種が多く知られています。
愛媛県でも、領家変成岩類 (2億2000万年前) の分布が見られます。
領家変成岩類は高縄半島の基部に分布しています。
岩盤は、砂質,泥質,石灰質,塩基性のホルンフェルス~片麻岩から成り、泥質のホルンフェルスから三畳紀~ジュラ紀の放散虫化石が発見されています(鹿島・増井,1985)。
この領家変成岩類は、南縁部で和泉層群に不整合に覆われています。
【気候】
古生代の終わり頃には、ほとんど全ての大陸が合体し、三畳紀には北極から南極に至るパンゲア大陸と呼ばれる超大陸が形成されました。
また、山地をくずして内陸部に広大な平野をつくる陸地の平原化現象があり、内陸部の平野には乾燥気候の影響で砂漠化の進行が著しく、赤色の砂が堆積していったそうです。
また、砂漠のところどころにはオアシスが点在したそうです。
パンゲア大陸の周囲には、パンサラッサと称されるひとつながりの巨大な海洋と、大陸の東側にはテチス海と呼ばれる湾状の海が広がり、一部は珊瑚礁となっていました。
古生代終期に寒冷化した気候も、三畳紀を通じて気温は徐々に上昇していったものと推定されています。
ペルム紀に30パーセントほどあった酸素濃度も10パーセント程度まで低下し、ジュラ紀頃までの約1億年間、低酸素状態が続いたそうです。
三畳紀は、広大な大テチス地向斜の発展がみられた時期と考えられています。
この地向斜から、2億もの年月を経たのち、アルプス・ヒマラヤ造山帯など新期造山帯と称される若い山脈が形成されていくものとみられています。
三畳紀の終わりに、地球上の陸と海の生物の少なくとも半分が絶滅したそうです。
これを契機に恐竜が勢力を拡大し、その後1億3500万年にわたり地球を支配することになりますが、ワシントンD.C.にあるカーネギー研究所で地質学を研究するテレンス・ブラックバーン(Terrence Blackburn)さんによると、多数の動植物種が化石にその痕跡を残さなくなるのと同時期に、非常に大規模な溶岩の噴出が起こっていることが確認されたそうです。
この溶岩がアメリカ一国の上に堆積したと仮定すると、その高さは90メートルを超える計算になるそうです。
このとき噴出した溶岩は洪水玄武岩と呼ばれ、60万年の間に4回に分けて噴出したそうですが、そのうち最初の火山活動が、多くの生物種の絶滅につながったとブラックバーンさんは見ているそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR