FC2ブログ

大原生林におおわれた愛媛県の面河渓

愛媛県の面河渓を紹介します。

愛媛県の面河渓は、石鎚山の南麓に位置し、大原生林におおわれた断崖・滝・奇岩が続きます。
関門・亀腹・紅葉河原・熊渕などが代表的景勝地で、西日本随一の景勝地として知られています。
自然の芸術品とも言える奇岩や渓流などの景観を楽しむだけでなく、多種多様な動植物、それらを育む天然林など、ここでしか味わえない自然が存在します。
夏は天然のクーラーが楽しめ、秋には美しい紅葉を楽しむことができます。
散策ルートもいろいろあり、それぞれ違った楽しみ方ができます。

【面河本流ルート】
真っ白な花崗岩と、輝く新緑の緑、そして水の青さです。
面河渓の春は秋では味わえない瑞々しい色彩にあふれています。
水深や天候によって水の表情は七色に変化しています。
雪解けの時期は水は一年で最も透き通っています。
紅葉河原と熊渕できれいな「水色」に出会えます。
①五色河原…アーチ型の五色橋の周辺は休憩スポットが集まる面河観光の中心地です。
滑らかな広い川床が、水の青、苔の黒、岩の白、藻の緑に秋の紅葉の赤を加えた五色で彩られることから名付けられました。
ここから本流ルートと鉄砲石川ルートに分かれます。
②紅葉河原…清流の両岸にカエデ類が多く、秋には紅葉と清流が織りなす錦絵のような美しい光景が広がります。
③亀腹…五色河原にそそり立つ高さ100m、幅200mの巨大な花崗岩の壁です。
大きな亀の腹のように見えることからネーミングされたそうです。

【面河支流・鉄砲石川ルート】
絶景、亀腹を見上げると4月中旬~下旬にアケボノツツジがあります。
五色河原に架かる橋を通り抜けてから、花崗岩をくりぬいたトンネルを抜け、鉄砲石川へと続きます。
キャンプ場に下り、川まで進むと、対岸の岸壁にはカエデのような形に電気石が結晶した紅葉石を見ることができます。
花崗岩の節理がつくり出したお月岩、兜岩、鎧岩など、このルートでは変わった石の姿を楽しめます。
④櫃の底…鉄砲石川ルートをスタートしてすぐ現れる透明度が高く澄んだ滝つぼです。
名前は、お釜で炊いたご飯を保存する「お櫃」にちなんだものです。

【亀腹展望台自然散策道】
「本流ルート」の途中、面河第一キャンプ場近くの登り口から「展望台」の標識に沿って、つづら折りの急坂を登ると、標高866mの亀腹岩山頂に到達します。
展望台からは石鎚山の頂上を一望できます。
この亀腹展望台までの山道はハードです。

【関門遊歩道】
面河山岳博物館の地下駐車場の奥から、通天橋まで川沿いに整備された約600mの遊歩道です。
両側に切り立った奇岩が迫る関門や、神秘的な空船橋など、短い散策路に見どころが集まっています。
空船橋から通天橋までの区間は長期間通行止めになっておりましたが、現在は通行可能となりました。
⑤関門…面河川で最も幅の狭い峡谷である関門は、別名・猿飛岩とも呼ばれており、大正時代に忍者ブームを起こした立川文庫のヒーロー・猿飛佐助の名前の由来となったといわれています。
面河山岳博物館のそばには「猿飛佐助発祥の地記念碑」もあります。
⑥空船橋…関門に架かる擬木の橋。空に浮かぶような神秘的な雰囲気が漂う絶景ポイントです。

【面河渓入り口~通天橋ルート】
面河山岳博物館じゃら車道脇を15分歩くと通天橋があります。
途中2つ目のトンネルを抜けた右手側に大きなアケボノツツジがあり、春には見応えがあります。
通天橋から下流には関門の空船橋、上流には巨石の転がる相思渓。雨の日の新緑が最も似合う静かな風景です。

【奥面河ルート】
石鎚山登山道入り口を越えると熊渕橋を渡ります。
難所は「苔の桟道」と呼ばれる巨大な岩肌に取り付けられた木道(2011年に「面河渓を愛する会」により設置)です。
ワイヤーをしっかりつかんで渡らないといけません。
九天の滝、霧ヶ迫滝など小滝を眺めつつ、岩の隙間を抜けると道は巨大な石垣に支えられていることに気づきます。
いつ頃造られたものかはわかっていません。
苔の桟道より奥は通行止めになっています。

面河渓
渓谷美です。


真っ白な花崗岩です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR