オーストラリアの「ロータリー交差点」

私は、先日オーストラリアに行きました。

オーストラリアは日本と同じ左側通行で運転しやすかったのですが、日本では見慣れない道路や標識もありました。
まず目立っていたのが「ロータリー交差点」です。
この交差点は、クルッと回って直進や右折する「信号のない交差点」です。
英語名では「Roundabout(ラウンドアバウト​)」と呼ばれ、大きさ問わずオーストラリア国内ではよく見かけました。
ラウンドアバウトの利用方法については次のルールのようです。
①車が左折する場合
・ラウンドアバウト進入前に左折の方向指示器を出します。
・右側から車が来なければラウンドアバウトに進入します。
・左折方向の道路へ向けてラウンドアバウトを退出します。
②車が直進の場合
・右側から車が来なければラウンドアバウトに進入します。
・左折方向の道路を過ぎたらスグに左折の方向指示器を出します。
・直進方向の道路へ向けてラウンドアバウトを退出します。
※ラウンドアバウト進入時に方向指示器を出す必要はありません。
③車が右折の場合
・ラウンドアバウト進入前に右折の方向指示器を出します。
・右側から車が来なければラウンドアバウトに進入します。
・直進方向の道路を過ぎたらスグに左折の方向指示器に切り替えます。
・右折方向の道路へ向けてラウンドアバウトを退出します。
④車がUターンの場合
・ラウンドアバウト進入前に右折の方向指示器を出します。
・右側から車が来なければラウンドアバウトに進入します。
・右折方向の道路を過ぎたらスグに左折の方向指示器に切り替えます。
・Uターン方向の道路へ向けてラウンドアバウトを退出します。

実際に運転をしていると、ラウンドアバウトを直進する際には、左折の方向指示器を出さない車が非常に多いです。
しかし、法律上は方向指示器を出さないといけないそうです。


「ロータリー交差点」で通行する動画です。
危なっかしそうに思えますが、けっこう安全に走行できました。

P1140200.jpg
「ロータリー交差点」の標識です。
通った印象では、思ったよりも安全で、また信号を待たなくてもいいので便利でした。
パースがある西オーストラリアでは、車が少ないので余裕で通行できました。
また、470万都市のメルボルンでも、少し郊外になるとスムーズに通行できました。(市街地はやはり信号があります)



スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR