福井県での車の立ち往生

北陸地方が大変なことになっています。

上空の強い寒気や低気圧の影響で、北日本から西日本では日本海側を中心に大雪となっています。
特に、福井県嶺北では、きのう6日(火)の降雪量が記録的な大雪となり、なかでも福井市の積雪は136cmを観測し、1981年の「56豪雪」以来、37年ぶりの異常事態となっています。
「昨日の晩には何も積もってなかった車が朝方にはこんな状況になっていました。一気に積もっていて、除雪をしても追いつきません。車もそこらじゅうでスタックするなど、道路がまともに通れず、パニック状態です」
「新聞もお昼に届きました。近くのコンビニも食べ物がほとんどないような状況で、今後も降り続くときいて食料が心配です。屋根の雪も取らないと潰れるのではないかと不安になっています」
と地元の人は言っています。
そして、この大雪の影響のため、福井県と石川県を結ぶ国道8号で6日、計約1500台の車が立ち往生していました。
立ち往生が発生したのは福井県坂井市から同県あわら市へ北上する車線約8kmと、石川県加賀市からあわら市へ南下する約9.3kmです。
雪にはまって動けなくなった車があるほか、並行して走る北陸自動車道の通行止めで8号に大量の車が流入したことなどが原因とみられています。
だけど、まだ今日になっても1000台くらいが立ち往生のままだそうです。

福井県で記録的な大雪になったのは、日本海上に発達した雪雲の列ができて、次々と福井県付近にぶつかったためだそうで、1月中旬以降、偏西風が日本付近で大きく南に蛇行し、シベリアから数年に1度のレベルの寒気が1月下旬以降、断続的に流れ込んでいることも背景にあるとみられています。
雲の列は「日本海寒帯気団収束帯」と呼ばれる前線のような場所で生まれています。
大陸から吹く北西の季節風が朝鮮半島北部の「長白山脈」でいったん分かれた後、日本海上で合流して収束帯が発生し、ここで発達した帯状の雲が作られ、福井県付近に流れ込む形になったそうです。
季節風が合流する際、上空の寒気が強いほど雪雲は成長します。
西日本の上空1500m付近では、平年より約10度も低い氷点下12度前後の強烈な寒気が流れこんでおり、雪雲の発達を強めました。
東太平洋赤道付近の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」も、一般的に厳冬をもたらすとされています。
気象庁は現在、6年ぶりに発生しているとみており、寒波との関係を調べているそうです。

「福井 大雪」の画像検索結果
立ち往生している車の列です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR