FC2ブログ

石川県白山市にある手取峡谷

石川県白山市釜清水町~河原山町にある手取峡谷を紹介します。

釜清水町(黄門橋)から河原山町(対山橋)までの約8kmにわたり、高さ20~30mの絶壁が続いています。
新第三紀中新世の火山活動で形成された、緻密で固い凝灰岩類及び流紋岩類からなり、その地層が手取川の長年の下方浸食により削られ形成された峡谷です。
河床には、急流河川に形成されやすい甌穴(ポットホール)をよく見ることもできます。
また、狭い峡谷の中で、水の流れや岩質の硬軟が浸食の違いにあらわれ、大小の奇岩が散在しています。
ここは、手取キャニオン自転車ロードの途中にあります。
周囲には店も何もなく閑散としています。
黄門橋や不老橋からの眺めが一番いいそうです。
もうひとつの見どころの綿ヶ滝は、まるで綿が落ちるように流れる美しい滝です。
この峡谷を形成している手取川の中流域は、残念なことに峡谷を眺めることができるポイントが限定されています。
駐車場と遊歩道があれば、観光客はどっと増えると思います。

手取峡谷
高さ20~30mの絶壁が続いている手取峡谷です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR