大相撲の貴乃花親方の処分が決定

大相撲の貴乃花親方の処分が決まりました。

日本相撲協会は4日、東京・両国国技館で臨時評議員会を開き、おおよその予想通り、全会一致で貴乃花親方の理事解任を承認したと発表したそうです。
元横綱日馬富士関による暴行事件が起きた秋巡業中に、巡業部長にもかかわらず報告を怠ったこと、事件を調査する段階で協会に非協力的だったことなどから、昨年12月28日の臨時理事会で役員待遇委員への2階級降格が決議されたことを受け、この日審議されることになっていました。
臨時評議員会後に会見した議長の池坊保子さんは、一連の貴乃花親方の言動について「およそ考えられない行為。役員の忠実義務に大きく違反している」と、厳しく話したそうです。
全7人の評議員のうち2人が欠席し、議長を除く4人の全会一致だったそうです。
ある評議員は一般論として「解任という言葉は厳しく聞こえるが、実質的には1カ月程度の降格。協会からの温情も感じる」とも言っていました。

これが、常識ある有識者の判断でしょうか?
相撲協会への忠誠ばっかりを判断基準にしているとしか思えません。
外部の人といっても、相撲協会が選んだ人なので「同じ穴の狢」だと思います。
こんな会、全く意味がないと思います。
私の見解は、「貴乃花親方の処分と大相撲の実態について」で述べていますので、何度も言いたくはありませんが、北朝鮮みたいに、まるで常識が受け入れられないような処分は、いつか終わりが来ると信じています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR