FC2ブログ

地殻変動について

地殻変動について調べてみました。

地殻変動(ちかくへんどう crustal movement)とは、地球の表面を形づくっている地殻が変形する現象のことで、地殻運動とも呼んでいます。
地殻が時間とともに変形する現象で、その原因が固体地球内部にある場合がほとんどですが、直接の原因が地球外部にある場合でも、広範囲な地殻の変形を誘発する場合ならば地殻変動となります。
地殻変動の規模はさまざまで、
①長期間にわたる大規模なもの
・広大な地域の陸地の隆起や沈降
・隆起や沈降に伴う褶曲や断層運動
・火山の噴火
②短期間での規模なもの
・地震によって短期間に急激に起こる土地の隆起や沈降
・長期間の水準点の観測によって確かめられるようなもの
上記のようにさまざまです。
地殻変動に含まれない変動としては、
・地震動,地球の自由振動,地球潮汐のような振動的変形
・堆積,浸食,隕石孔の形成
・集中豪雨による地すべりや工業活動に原因する地盤沈下
などです。 
地殻変動は、ゆっくりとおきたり、急激に生じたり、いろいろの場合があり、変形に伴って、地殻の一部が破壊されることもあります。
地殻変動の結果、土地の隆起や沈降、傾斜や伸縮がおこり、断層や褶曲(しゅうきょく)が生成し、さらに造山運動といった大規模な変形も生じることになり、このように地殻の動きの結果として生じた構造のことも、地殻変動ということが多いようです。
地殻変動の生じる原因は明らかではないようですが、いずれにしても地球の内的エネルギーによるものであり、マントル対流の影響が大きいのではないかと想像されています。
大地震に伴って明らかな地殻変動の生じた例は多く見られます。
・1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震の際の根尾谷(ねおだに)断層の生成
・1923年(大正12)の関東大地震のときの南関東一帯の隆起と水平移動
・1964年(昭和39)の新潟地震に伴う粟(あわ)島の傾動
などは有名です。
このようにはっきりした変化ではなく、地震を伴わずに、ゆっくりとわずかずつおこっている地殻変動もあります。
こうした緩慢な変動が存在することは、精密な観測、測量を行うことによってわかります。
変動が非常にゆっくりしている場合や、急激に生じたものでも変動量が小さい場合には、あまり大きな影響はないように思われがちですが、それが長期にわたって継続し繰り返されるならば、全体では非常に大きな変動となり、その結果が明らかに観察できるようになります。
・海中で堆積した堆積岩が高山で見られる
・二つの地層の上下が逆転する
・もとは一つにまとまっていた地質構造が水平断層によって何kmも離れてしまう
このような現象になります。
現在の大きな山脈は、すべてこうした過去の小さな地殻変動の積み重ねでできたものです。
このことは、現在の地殻の形成には、過去の地殻変動が、無視できない大きな役割を果たしてきたことの証明です。
現在、地殻変動の観測は、主として地震予知のために行われています。
大規模な地震は、その発生に先だって地殻の隆起などの小さな変動を引き起こしていることがあり、新潟地震や1980年の伊豆半島東方沖地震では、地震の前兆と思われる変動が確認されています。
そのため、地震の予想される地域で地殻変動を監視することが、地震予知の手段の一つとして重要視されています。
観測方法として、
・精密水準測量、光波測量、精密重力測量
・地下観測坑における地殻の傾斜、伸縮観測
・VLBI(超長基線電波干渉法)を利用しての高精度の位置測定
・GPS衛星(Global Positioning System=全地球測位システム)を利用しての高精度の位置測定
などが使用されています。
1990年代に入って、かなりの規模の地殻変動が、一瞬に起こるのではなく、数十秒の時間をかけて生ずる場合のあることがわかってきたそうです。
これはヌルヌル地震などとよばれ、あまり大きな地震を伴わずに起こります。
しかし、海底でこの変動が生じると津波は押し寄せるので、この種の地殻変動の検出と対策が急がれています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR