FC2ブログ

松山に走っている「坊ちゃん列車」

松山に走っている「坊っちゃん列車」を紹介します。

「坊っちゃん列車」は、現在、
①大手町線・城南線の古町駅から道後温泉駅まで
②花園線・城南線の松山市駅前から道後温泉駅まで
の2区間で運行しています。
途中の停車電停はJR松山駅前、南堀端、松山市駅前、大街道、上一万です。
南堀端・上一万では降車のみ可能です。
なお、起終点の、古町駅・道後温泉駅・松山市駅前では、手動での機関車の方向転換が見られます。

「坊っちゃん列車」は、非電化・軽便鉄道時代の伊予鉄道に在籍した蒸気機関車 (SL) および、そのSLが牽引していた列車でした。
1888年10月28日に伊予鉄道が松山(現在の松山市) - 三津間を762mm軌間で開業した際に、ドイツ・ミュンヘンのクラウス社製B形蒸気機関車(甲1形)2両で運行を開始したそうです。
牽引される客貨車も鉄道開業に伴う資材調達全般を請け負った刺賀商会の手配でドイツから輸入されたそうですが、これらはあまりの小型なので、分解されず、完成状態のまま木箱に詰めて納品されてきたという逸話が残っています。
その後、路線開業で順次機関車・客貨車共に増備が進み、また1900年の南予鉄道と道後鉄道の合併もあって車両数は激増していったそうです。
繁栄もあれば衰退もあり、伊予鉄道の蒸気機関車は、ディーゼル化により1954年に運行が終了しています。
現在の「坊っちゃん列車」は、2001年より、伊予鉄道により松山市内の軌道で復元運したもので、もちろん蒸気機関車ではなく、動力はディーゼルです。
「坊っちゃん列車」の由来は、夏目漱石の小説「坊つちやん」の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が「マッチ箱のような汽車」として登場しており、四国・松山の中学校に赴任する主人公の坊っちゃんがこれに乗ったことから、「坊っちゃん列車」と呼ばれるようになったそうです。

PB170010.jpg
道後温泉駅で手動での機関車の方向転換を行っていました。

PB170009.jpg
横から見たところです。

PB170011.jpg
運転中です。
煙は出ていません。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR