FC2ブログ

ニュージーランドの「モエラキ・ボルダー」

ニュージーランドの「モエラキ・ボルダー」を紹介します。

ニュージーランド、オアマルの南40kmの場所にあるモエラキ海岸には、丸くて大きな岩がゴロゴロしています。
このあたりは、地名(moeraki)と丸石(boulders)を組み合わせて「モエラキ・ボルダー」(moeraki boulders)と呼ばれています。
丸石ひとつの重さは、重いものだと3トン、大きさも半径2mになるものもあるそうです。
この地帯を調査した、科学者の話によると、これらの丸石は約6500万年前に形成された亀甲石凝固だそうです。
真珠ができる過程に似て、核となる荷電した微粒子の周囲に水晶化したカルシウムと炭素物質が徐々に集積し、(つまり、魚の骨や貝の死骸などが粉状に固まった物が固まって)約400万年の歳月を経てこの丸石が形成されたそうです。
したがって、中心部は炭酸カルシウムから成る硬い砂岩に覆われていて、牡蠣(カキ)の構造に似ています。
そして、これら丸石を含む軟らかい泥石地層は約1500万年前に海底から隆起し、その後、風や雨、海の浸食作用によって泥石が洗い流され、浸食されない丸石だけが後に残されたとのことです。

ニュージーランドの先住民、マオリ(ポリネシア人の一派)の伝説によれば、これらの巨石は、1000年ほど前にニュージーランド沿岸で座礁した大カヌー船アライテウル号から岸に打ち寄せられたヒョウタン型をした、うなぎを入れる篭が流れついたものだと言われています。
マオリの伝説では、大カヌー船アライテウル号は、海岸線をテ・ワイ・ポウナム(グリーンストーン)を探している時に難破し、シャグ・ポイントの近くに伸びる岩礁は、伝説のカヌーの船体を現しているそうです。
カヌーに乗っていた何人かは、無事に上陸したのですが、夜明けとともに丘に姿を変えられてしまったという伝説です。
そして現在、それらの丘には彼らの名前が付けられています。

モエラキボルダー
「モエラキ・ボルダー」という丸い巨石は、巨神兵の卵のようにも見えるし、亀の甲羅のようにも見えます。
「モエラキ」というのは海岸の名前で「ボルダー」というのが大きな岩という意味だそうです。

亀の甲羅のような岩石
なんとまあ、不思議な石ですが、この巨石は、約6500万年前から形成され始めているそうです。
魚の骨や貝の死骸などが粉状に固まった物が核となり、長い年月をかけて徐々にカルシウムや炭素物質が集積していった物だそうです。
でも、それは海底での出来事で、今から約1500万年程前にこの地域の海底が隆起し、その後、雨や風などの影響で泥石地層が洗い流され、その結果、丸い巨石だけが残ったというわけだそうです。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR