地形を表わす山の用語について

地形を表わす山の用語をまとめてみました。

①登山口
言わずと知れた登山コースの起点のことです。
登山口はコースの終点でもあり、入山口(にゅうざんぐち)、下山口(げざんぐち)という呼び方もしています。
②谷
尾根にはさまれた山の深みのことで、山岳地では谷の水流を沢(さわ)と呼んでいます。
また沢の本流を本谷、支流を支(枝)沢と区別することもあります。
さらに沢が2本に枝分かれする地点を二股(俣)と呼んでいます。
そして、下流から見て右に分かれた沢を右股(俣)、左を左股(俣)と呼んでいます。
③尾根
谷と谷を分ける山の高みで、山頂から山麓にかけて延びています。
山の名前と同様に名前の付いている尾根も多く見られます。
稜線との違いとして、頂上と頂上を結ぶ主脈が稜線、頂上と平地を結ぶ支脈が尾根という使い分けになるようです。
④山頂
山のような起伏のある地形において、隣接した他の全ての地点よりも高い場所のことで、山の頂上、ピークとも言います。
山頂部ともいう場合は頂上一帯(周辺)を指します。
複数のピークからなる山もあり、その場合、山名はそれらのピークの総称であることが多いようです。
また山の姿を山容といい、勇ましいとか穏やかとか、その印象をよく表現しています。
⑤支(枝)尾根
山頂から連なる尾根に対して、尾根の途中から枝分かれするように延びる尾根を特に支(枝)尾根と呼び、逆に支尾根に対して、主尾根、主稜といった呼び方もあります。
⑥巻き道
尾根上にある小さなピークなどの、ピークへ登らず、直下を水平に横切っていくような道のことです。
この場合は「小ピークを巻き、山腹をトラバースしていく」といった表現をします。
岩場や滝などの難所を迂回する巻き道もあります。
巻き道に対して岩場などを登る道を直登(ちょくとう)コースと呼び分けることもあります。
⑦取り付き
登山口からしばらく平坦な道を歩き、尾根伝いの本格的な登りが始まる地点で「尾根に取り付く」と表現し、その地点を取り付き(点)と呼んでいます。
この言葉は、「岩場に取り付く」、「雪渓の取り付き」、など尾根以外の地形に対しても使っています。
⑧出会(であい)
沢の支流が本流(谷)に注ぐ地点が出会です。
沢だけでなく、登山道が交わる地点や、登山道から林道に出る地点などでも使います。
⑨右岸、左岸(うがん、さがん)
沢の岸の呼び方で、上流から下流を見て右の岸を右岸、左の岸を左岸と呼んでいます。
沢に沿って下流から上流に登っている時は、向かって右が左岸、左が右岸となります。
⑩双耳峰(そうじほう)
2つのピークからなる山で、ピークを耳にみたててこの呼び名があります。
また2つのピークの間で弧をえがく稜線を吊り尾根といい、山域によっては固有の地名になっています。
説明のうえで2つのピークを持つ場合、高いほうのピークを最高点と表現をすることがありますが、主峰、最高峰という場合はその山の属する山域(山脈、山塊)のうちでもっとも高いピークをさす事が多いようです。
⑪稜線(りょうせん)
尾根とほぼ同じ地形ですが、特にピーク、ピークを結ぶ線を稜線と呼んでいます。
稜線をたどり、複数のピークを踏破してゆく縦走は、代表的な登山形態の一つです。
また岩が露出して、けわしい急な稜線を岩綾(がんりょう)と言い、けわしい稜線の名前には、歯、刃、鎌などの文字が付いています。
⑫鞍部(あんぶ、コル)
尾根(稜線)上の一番低くなった(くぼんだ)部分のことです。
低山の里山では日常的には峠(とうげ)といった方がわかりやすいですが、登山では鞍部とまたはコルと呼ぶ事が多いようです。
鞍部とは馬の鞍に見立てた名称です。
また峠と同様の意味で乗越(のっこし)の地名もあります。
⑬キレット
漢字にあてると切戸です。
尾根(稜線)上のとくに切り立った鞍部の呼び名で、固有の地名になっている場所もあります。
北アルプスの剣岳周辺では同様の場所を窓(まど)と呼んでいます。
⑭頭(あたま、かしら)
沢などの源頭にあたる、尾根上の突起物を指します。





スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR