FC2ブログ

オーストラリアのピナクルズ

オーストラリアのピナクルズを紹介します。

ピナクルズ(The Pinnacles)は、西オーストラリア州最大の都市パースの北250kmで、インド洋に面するナンバン国立公園(Nambung National Park)内にある奇岩群です。
砂漠から高さ3~5メートルの石柱が無数に林立しています。
太古の昔、海辺だったこの一角に貝が堆積して石灰岩質の土台が造られ、この基盤岩に根を張った樹木やその腐植質によって浸食の差が生じ、森林が無くなったのちに風化が進み、柱状に残ったものと考えられているそうです。
このピナクルズは、「荒野の墓標」と呼ばれています。
墓標のサイズは数センチのものから4mを超えるような大きさのものまでありますが、どれも長年風雨にさらされた結果、すべて丸くなっています。
どこまで行っても、奇岩が続く地面からの景色は、周囲の気温がいくら砂漠並みの高温で乾燥していても、何やら背筋を冷やすものを感じるのだそうです。
また、これをセスナなどを使って上空から見ると、自然による素晴らしい造形ではあるものの、平たい地面にボツボツとイボのように並ぶ丸い岩は、不思議な景観を作りだしています。
ピナクルズの近くの、セルバンテス(Cervantes)という漁師町には、白砂のビーチやサンゴ礁のほか、テティス湖(Lake Thetis)のストロマトライトが有名です。
テティス湖は塩湖で、ストロマトライは「生きた化石」として知られています。

na0
何千もの石灰石の柱が低木林と黄砂の中に林立しています。
なんとも不思議な光景です。

na1
日本では見られない光景です。
地球の広さを感じます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR