FC2ブログ

桜石について

桜石を紹介します。

桜石(Cerasite)は、菫青石(きんせいせき、cordierite)から成っているのですが、菫青石の六角柱状結晶が分解すると、その形を残したまま白雲母や緑泥石に変化します。
これを仮晶と呼んでいます。
仮晶(かしょう、pseudomorph)または仮像(かぞう)とは、鉱物の結晶形が保たれたまま、中身が別の鉱物によって置き換わることで、本来はありえない外形をとる現象のことです。
鉱物の外形が他の鉱物の仮晶である旨を表記する場合には、元の鉱物名に仮晶とつけるそうです。
桜石は、菫青石が風化し、結晶が分離し、その断面が花びらのように見えることから名づけられました。
京都府亀岡市薭田野町の「薭田野の菫青石仮晶」は、1922年に国の天然記念物に指定されています。
菫青石は、ケイ酸塩鉱物の一種です。
化学組成は Mg2Al3(AlSi5O18)で、結晶系は斜方晶系です。
高温低圧型の広域変成岩や接触変成岩、特に泥岩を起源とするホルンフェルスに見られるほか、花崗岩にも含まれることがあります。
モース硬度は7です。
多色性が非常に強く、観察する角度によって色が群青色から淡い枯草色に変わることからダイクロアイト(dichroite)の別名もあります。

宝石としてはアイオライト(iolite、菫青色)と呼ばれています。
色は名のとおり青みを帯びた菫色で、サファイアに似ていることからウォーターサファイア(water sapphire)とも呼ばれます。
アイオライトは、主にスリランカ、ミャンマー、インド、マダガスカルなどで採掘されています。
インドのものがおそらく一番サイズが大きく、価格も安いと思われますが、これは単に産出量が多いからでしょう。
スリランカのものは薄い青色であったり、無色であったりして、希少石の扱いを受けています。
ただし価格は大して高くはないそうです。
スリランカでは、濃い青色のものが希少だそうです。

桜石
京都府亀岡市産の桜石です。
桜石という名称は正式な鉱物名ではなく、桜の花に似ていることに因んだ俗名だそうです。

桜石
このように、断面だけを並べると、まさに桜の花が石になったようです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR