FC2ブログ

「オパール化したアンモナイト」と言われる「アンモライト」

「オパール化したアンモナイト」と言われる「アンモライト」について調べてみました。

「アンモライト」 (ammolite) はオパール状の遊色を持った生物起源の宝石で、アメリカ合衆国とカナダのロッキー山脈の東斜面にのみ産出しています。
アンモナイトの化石からなり、主として霰石(真珠を形成するものと同じ)から成ります。
琥珀や真珠などと同じく生物活動によって作り出された宝石の一つです。
「オパール化したアンモナイト」と表現される場合もありますが、オパールは二酸化ケイ素を主成分とする鉱物の名前であり、この表現は正しくないそうです。
1981年に世界宝石連盟は、「アンモライト」を公式に宝石として認定し、2004年にはアルバータ州の州の宝石に定められています。
また、「アンモライト」はアーポアク(aapoak、カイナー族の言葉で「小さいありふれた石」)、宝石アンモナイト、カルセンティン、およびコーライトとしても知られています。
後者は最初で最大のアンモライト生産会社である、アルバータを拠点とする採鉱会社コーライト社による商標です。
「アンモライト」の化学組成は多様で、霰石以外にも方解石、シリカ、黄鉄鉱やその他の鉱物が含まれています。
殻そのものは多くの微量元素:アルミニウム、ホウ素、クロム、銅、鉄、マグネシウム、マンガン、ストロンチウム、チタン、バナジウムを含んでいます。
結晶学的には斜方晶系です。
モース硬度は 4.5-5.5 で、宝石としては非常に軟らかく、比重は 2.60-2.85 です。
カナダの試料での屈折率(ナトリウム光、589.3 nm で測定)は、α1.522; β1.672-1.673; γ1.676-1.679; 二軸性負で、紫外線の照射により、黄色の蛍光を放ちます。
良質の標本では蛋白石のような虹色、特に緑色や赤色が見られますが、厳密には全てのスペクトル色が観察されます。
この虹色は霰石の微細構造に由来するそうです。
屈折で光を放つ他の多くの宝石と異なり、アンモライトの虹色は光の干渉によるもので、霰石を形成する薄い板状の積み重なった層からはね返る光です。
層厚が厚ければより赤色、緑色となり、層厚が薄ければより青色、藍色となります。
赤色と緑色が最もよく見られる色で、これは青色を放つ薄い層が脆い為だそうです。
新しく切り出された面でも、これらの色はさほど劇的なものではなく、宝石としての価値を高めるには、研磨などの処理が必要となるそうです。
「アンモライト」そのものは非常に薄く、約0.5-0.8mmだそうです。
「アンモライト」は通常、灰色から茶色の頁岩、チョーク質の粘土、石灰岩などの母岩と共に産出するそうです。
凍結破砕作用はよく見られ、風雨に晒されたり、堆積物による圧密を受けることにより、ひびが入り、剥片化するそうです。
また、日照の長期被曝は白色化につながります。
このひび割れは、「竜の皮」や「ステンドグラス」などと表現される市松模様の外観を呈しています。
より深部の鉱床から採掘される「アンモライト」は完全に滑らかか、漣痕のような表面を持ち得ています。
時折、保存状態良好の完全な「アンモナイト殻」が発見されるそうです。
螺旋状の線が形取り、全体的な形はオウムガイに似ています。
これらの殻は、直径90cmに達し得るそうですが、通常、虹色アンモナイト(黄鉄鉱化したものと比較して)は遥かに小さいそうです。
ほとんどの化石化した殻では、それらの霰石が方解石や黄鉄鉱に置換されてしまうため、「アンモライト」をより貴重なものにしているとのことです。
「アンモライト」は、カナダのアルバータからサスカチュワン州、米国のモンタナ州南部にまで至る Bearpaw 層にのみ見つかるそうです。
このうち、宝石として最も良質な「アンモライト」は南部アルバータのロッキー山脈東斜面の河川沿いに産出するそうです。
商業採鉱の殆どは、カードストンとレスブリッジの間と南の一帯、セントメリー川に沿って行なわれています。
全アンモライト鉱床のうち、ほぼ半分はカイナー族の居留地に含まれており、ここの住民がアンモライト採鉱に果たしている役割は大きく、1979年の設立以来、コーライト社は主に居住区内で採鉱しています。
コーライト社はカイナー族と契約を結び、採鉱したエーカー数を基にカイナー族に採掘権を支払うことになっているそうです。
商業採鉱は機械化されてはいますが、かなり単純で、バックホーを用いた浅い露天掘りが行なわれています。
原岩は人手でも探鉱され、商業生産の一部は、地表で採集したものをコーライト社に売る個人の採鉱者によるものだそうです。
そして、採掘された「アンモライト」のうち、約5パーセントが宝石に適しているそうです。

美しい鉱物 17
これが「アンモライト」です。
約8000万年前の化石で、カナダのアルバータ州で発見されたものです。
直径は約60cmほどです。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR